ブログトップ

ナイル商会

thenile.exblog.jp

何時も有難うございます!ご訪問頂いたお客様も203,060 人を超え、新たな目標に向かって歩んでいます。身近で出遇った小さな生き物達や植物など、気ままにナイルがご案内しています。 ナイル商会・管理人

最大級のシソ科の花…羅生門蔓

e0064158_2382036.jpg
   東京の雨も小降りになって、そろそろ止みそうです!毎日何かと用事が出来て、ブログの更新も途絶えがちになっていますが、今夜は何が何でも更新をしなくっちゃあね…っと言う決意の元にPCに向かいました。世間一般では、明日からゴールデンウィークが始まりますが、ナイルは今年も仕事が詰まっていて、悲しいことにお休みは取れそうにありません。
e0064158_2384651.jpg
e0064158_2385937.jpg
   今年は連休中に2回、地方での出張仕事です。本来なら地方に行けば時間を見付けて、何かしら撮影が出来るのですが、この仕事は早朝~夜遅くまで殆ど立ち放し、それに気疲れもあるので、時間が出来るかどうかが、全く判らないのです。それでも仕事場のすぐそばには川があるので、一寸だけなら…って思ってはいるのですがね~(・∀・)
e0064158_2391537.jpg
e0064158_2395419.jpg
   明日は勿論仕事ですが、その足で出張なんです。だから、今夜はどうしても更新をしなくっちゃって思ったのです。そんな訳でさっさと更新を済ませてしまって、出張の準備をしなくってはなりません。幸いお天気は良さそうなので、かなり軽装備で済みそうです。それでは本筋に入る事にしましょうか…(^^♪
e0064158_23101092.jpg
e0064158_23102641.jpg
   さて、今日は桜から離れて、細長くて大きな紫色の花がポイントの綺麗な野草をご紹介しますね。このお花は、シソ科ラショウモンカズラ属の羅生門蔓(ラショウモンカズラ)です。日本原産のシソ科では最大級の花で、長さは4~5㎝もあるんですよ!!細長い筒状の花で色は紫色、下唇には濃い紫色の斑点が入っています。
e0064158_23104214.jpg
e0064158_23112755.jpg
   それにしても、羅生門蔓(ラショウモンカズラ)…だなんて、凄~くインパクトの強い名前でしょう!?和名の由来は、京都の羅生門で渡辺綱(わたなべのつな)が切り落とした、鬼女の腕に花を見立てて付けたそうですよ…φ(..)メモメモ そのせいか、花言葉は「復讐」とか「油断大敵」なんですってよ。
e0064158_23114066.jpg
e0064158_2312459.jpg
    ラショウモンカズラは、本州・四国・九州に分布していて、山野の林下などに生える多年草です。葉っぱの縁はギザギザで、茎には長い毛が生えています。お花は以前ご紹介した垣通し(カキドウシ)と、とっても良く似ていますが、こちらの方が大きいので判別は容易ですよ。
e0064158_23122110.jpg
e0064158_23123755.jpg
    ラショウモンカズラの茎は長く地面を這いますが、一部は長く直立して、高さが20~30㎝になります。対生する上部の葉っぱの脇に、長さ4~5㎝の紫色の唇形花を付けます。花が終わった後に走出枝が出て、地面を這い回ります。尚、花期は4~5月です。
e0064158_23125641.jpg

by brue-nile | 2012-04-27 23:59 | 植物 | Comments(4)
Commented by goldpony767 at 2012-04-28 05:36
ラショウモンカズラ 初めて拝見します。
めずらしいはなです。カキドオシは普通に畑に生えていますが、
こちらは見たことがありません。エンゴサクに似てるように思うのですが、素人考えですね。
Commented by ILmoon at 2012-05-01 00:16 x
( ..)φメモメモです。
「ラショウモンカズラ」は生えているのか否か。
河川堤防や畦道などで見るのは、「カキドオシ」です。
確かにシソの葉そっくり。シソの代用になるのでしょうか。
Commented by brue-nile at 2012-05-03 00:41
*蛙太郎*さん、こんばんは~♪

お花に詳しい太郎さんでも、
ご存じのないお花が…!?

カキドオシは極普通に見られますが、
こちらは山野に行かないと見られません。

漢方に使われる中国産のエンゴサクは、
ケシ科キケマン属なので、
お花の形状も葉っぱも違います。

今度、ジロボウエンゴサクを
UPしたいと思っていますよ。
Commented by brue-nile at 2012-05-03 00:51
*ILmoon*さん、こんばんは~♪

九州にも分布していますので、
山野にお出かけの時は探して見て下さいね!!

このお花はシソ科ですが、属が違いますので、
食用にはなりません…m(__)m

因みにシソに良く似たお花の、
アキノタムラソウは、
シソ科アキギリ属…こちらも
当然ツマになりませんm(__)m