人気ブログランキング |
ブログトップ

ナイル商会

thenile.exblog.jp

何時も有難うございます!ご訪問頂いたお客様も203,060 人を超え、新たな目標に向かって歩んでいます。身近で出遇った小さな生き物達や植物など、気ままにナイルがご案内しています。 ナイル商会・管理人

よく似た品種が沢山…東錦

e0064158_232285.jpg
  今日は風が強かったですよ。街路樹の葉っぱがパラパラ降ってきて、その落ち葉を地下鉄の色口まで運ぶのが風…ナイルも飛ばされそうになりましたよ(笑)でも、キラキラと眩しい程のお日様の光も、真っ青な空に浮かぶ真っ白な雲も、まるで夏の様な東京でした。気温も急上昇、街行く人々も上着を脱いで何だか暑そう!!でも重ね着にスプリングコートのナイルには、丁度良い暖かさでした…(^^ゞ
e0064158_2324193.jpg
e0064158_2325423.jpg
e0064158_233963.jpg
  さて、4月も残り僅か、明日からゴールデンウィークが始まるし、何時までも桜って言う訳にも行かないので、大急ぎで残りの桜をUPしてしまわなくっちゃね~!!毎日頑張って更新しても、全く追い付かない状態になっていて、サボってばかりのツケが回って来てしまいました…(ーー;) そんな訳で、今夜は今年出遇ったサクラの第7回目ですよ。
e0064158_2333868.jpg
e0064158_2335282.jpg
e0064158_234596.jpg
  今夜のサクラは今月中旬に出遇った東錦(アズマニシキ)と言う、塊状につく花と若葉の色のコントラストがとっても綺麗なサクラです。今日この樹のそばを通り過ぎたのですが、お花は未だ少し残っていました。殆どのサクラは散ってしまったり、葉桜となって、葉っぱの陰にお花が埋もれてしまっていましたよ。
e0064158_2342070.jpg
e0064158_2344798.jpg
e0064158_2351348.jpg
  紅紫色の手毬状になるアズマニシキは、サトザクラの栽培品種です。佐野藤右衛門氏によって保存され残っている品種とされていますが、1886年に、初めて荒川堤に植えられたサクラのリストには東錦に名前は見付らないとか…しかし1904年になって東錦の名前があるので、この頃に作られた品種ではないかと言う事です。
e0064158_2352763.jpg
e0064158_2354155.jpg
e0064158_2355667.jpg
  アズマニシキの花弁枚数は10~20枚、円形または広楕円形で約2㎝の花弁は淡紅色で、内側の花弁は淡い色をしています。外側の花弁の色は濃くて紅紫色で、雄しべは30~40個、雌しべは1個(ときに2個の時も)で、葉化する事があります。萼筒は長鐘形で、萼片は披針状三角形で鋸歯はありません。若芽の色は黄緑っぽい褐色で、花より少し遅れて伸びて来ます。アズマニシキの花期は、4月中旬~下旬です。  
e0064158_2361194.jpg
  このアズマニシキは以前ご紹介した楊貴妃(ヨウキヒ)に非常に近い品種です。この他にも、江戸(エド)、八重紅虎の尾(ヤエベニトラノオ)、手毬(テマリ)、糸括(イトククリ)等は非常に近似で、数多いサトザクラの品種の中でも、もっとっも区別が困難だと言う事です。同一の物が異なる名前で呼ばれている可能性も、今後研究が進めば判ると思いますが…どうなんでしょうか!?
by brue-nile | 2011-04-28 23:57 | 植物 | Comments(4)
Commented by goldpony767 at 2011-04-29 05:28
東錦 ありがとうございます。
本当によく似た花がたくさんあるのですね。
わたしも桜ネックレスで観察していますが、区別がつきません。江戸は少し明るいかという印象です。
Commented by torinara at 2011-04-29 16:32
ほんのりピンクが素敵です。

こちらの楊貴妃は名札がついているのでわかりますが、区別がつきませんね。
Commented by brue-nile at 2011-04-30 00:35
*蛙太郎*さん、こんばんは~♪

全種を一同に並べて、
しっかり比べてみたいですよね!!

そうですね~江戸は紅色、
東錦は紅紫色なので、
江戸の方が明るいかも知れませんね!(^^)!
Commented by brue-nile at 2011-04-30 00:39
*照*さん、こんばんは~♪

楊貴妃は素敵ですよね

楊貴妃の若芽は黄緑、
東錦は黄緑寄りの褐色ですから、
一寸違っているかも…!?

でも見慣れないと、
本当に難しいですよね(ーー;)