ブログトップ

ナイル商会

thenile.exblog.jp

何時も有難うございます!ご訪問頂いたお客様も203,060 人を超え、新たな目標に向かって歩んでいます。身近で出遇った小さな生き物達や植物など、気ままにナイルがご案内しています。 ナイル商会・管理人

<   2012年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

e0064158_2382036.jpg
   東京の雨も小降りになって、そろそろ止みそうです!毎日何かと用事が出来て、ブログの更新も途絶えがちになっていますが、今夜は何が何でも更新をしなくっちゃあね…っと言う決意の元にPCに向かいました。世間一般では、明日からゴールデンウィークが始まりますが、ナイルは今年も仕事が詰まっていて、悲しいことにお休みは取れそうにありません。
e0064158_2384651.jpg
e0064158_2385937.jpg
   今年は連休中に2回、地方での出張仕事です。本来なら地方に行けば時間を見付けて、何かしら撮影が出来るのですが、この仕事は早朝~夜遅くまで殆ど立ち放し、それに気疲れもあるので、時間が出来るかどうかが、全く判らないのです。それでも仕事場のすぐそばには川があるので、一寸だけなら…って思ってはいるのですがね~(・∀・)
e0064158_2391537.jpg
e0064158_2395419.jpg
   明日は勿論仕事ですが、その足で出張なんです。だから、今夜はどうしても更新をしなくっちゃって思ったのです。そんな訳でさっさと更新を済ませてしまって、出張の準備をしなくってはなりません。幸いお天気は良さそうなので、かなり軽装備で済みそうです。それでは本筋に入る事にしましょうか…(^^♪
e0064158_23101092.jpg
e0064158_23102641.jpg
   さて、今日は桜から離れて、細長くて大きな紫色の花がポイントの綺麗な野草をご紹介しますね。このお花は、シソ科ラショウモンカズラ属の羅生門蔓(ラショウモンカズラ)です。日本原産のシソ科では最大級の花で、長さは4~5㎝もあるんですよ!!細長い筒状の花で色は紫色、下唇には濃い紫色の斑点が入っています。
e0064158_23104214.jpg
e0064158_23112755.jpg
   それにしても、羅生門蔓(ラショウモンカズラ)…だなんて、凄~くインパクトの強い名前でしょう!?和名の由来は、京都の羅生門で渡辺綱(わたなべのつな)が切り落とした、鬼女の腕に花を見立てて付けたそうですよ…φ(..)メモメモ そのせいか、花言葉は「復讐」とか「油断大敵」なんですってよ。
e0064158_23114066.jpg
e0064158_2312459.jpg
    ラショウモンカズラは、本州・四国・九州に分布していて、山野の林下などに生える多年草です。葉っぱの縁はギザギザで、茎には長い毛が生えています。お花は以前ご紹介した垣通し(カキドウシ)と、とっても良く似ていますが、こちらの方が大きいので判別は容易ですよ。
e0064158_23122110.jpg
e0064158_23123755.jpg
    ラショウモンカズラの茎は長く地面を這いますが、一部は長く直立して、高さが20~30㎝になります。対生する上部の葉っぱの脇に、長さ4~5㎝の紫色の唇形花を付けます。花が終わった後に走出枝が出て、地面を這い回ります。尚、花期は4~5月です。
e0064158_23125641.jpg

by brue-nile | 2012-04-27 23:59 | 植物 | Comments(4)
e0064158_2374685.jpg
  出先で酷い雷雨に遭ってしまいました。雷雨の中、長い距離を、両手にいっぱいに荷物を持って、肩には思いショルダーバッグを下げて、小さな折り畳み傘をさして歩くのは結構大変。でも一番の失敗はメッシュの靴でした。
e0064158_238599.jpg
e0064158_2385522.jpg
   どこもかしこも大きな水溜まりが出来た道は、どこにも避けようもなくって、爪先立ちで歩いても否応もなく水が浸入してきて、目的地に到着する頃には靴は言うに及ばず、荷物も何も水浸し状態になってしまいました。
e0064158_2394636.jpg
e0064158_2310756.jpg
   そんな雷雨の中歩かなくっても…って誰しも思う事でしょうが、今日は午後から私用で新宿迄出たので、その足で小田急線沿線S駅迄、友人のお見舞いに行って来たのです。車中の窓からは真っ黒な空が、駅に着いてみると、雨が降っていたのです。
e0064158_23102535.jpg
e0064158_2311069.jpg
   でも、そんなに酷い降りではなかったし、雷さんだってゴロゴロ言って無かったし、ピカピカして無かったのですよ。途中で大雨になったら、喫茶店にでも入れば良いや~何て、気楽に考えていたのです。
e0064158_23111686.jpg
e0064158_23113290.jpg
   小田急線S駅には数回降りた事があったのですが、知っているのは駅周辺だけなんです。病院迄徒歩15分位だと言うので、タクシーを拾う事もないな~って思ったのが甘かった…始めての道って、思った以上に遠く感じられて、おまけに雷雨&大荷物だったのですからね~(-_-;)
e0064158_23115167.jpg
e0064158_2312524.jpg
   頼みの喫茶店も、他の雨宿り出来そうなお店は全然無いし、重いショルダーバッグは肩からしょっちゅうズリ落ちて来て、その都度直して…でも、やっと病院迄辿り着きました。お友だちは明日手術をすることに…病気じゃなくって怪我ですが、手術の前日に会えて良かった~!!ず~と忙しかったので、お見舞いどころじゃなかったしね~m(__)m
e0064158_23121852.jpg
e0064158_23123645.jpg
   お見舞いもそうだけど、ブログも全然更新していませんでしたm(__)m 解説が最後になりましたが、今日の桜は、事務所近くの寺院境内の八重紅枝垂(ヤエベニシダレ)です。江戸彼岸の中で、枝が垂れて花が紅色で八重咲き桜です。最近では、一重の物より多く見かけますよ。糸桜八重(イトザクラヤエ)とか、遠藤桜(エンドウザクラ)とも呼ばれています。
e0064158_23125544.jpg
   ヤエベニシダレの花弁は細長くねじれた形で平開しません。萼筒は中央部がややくびれた鐘形をしています。若芽は黄緑色で、花の後から伸びてきます。樹高は5m程であまり高くなりません。写真のヤエベニシダレの奥の白っぽい桜は、お馴染みの染井吉野桜(ソメイヨシノ)です。 
by brue-nile | 2012-04-17 23:58 | 植物 | Comments(6)
e0064158_23125384.jpg
  今年の桜は開花が遅く、やっと咲いたと喜んだのですが、あっと言う間に満開を迎えましたね~!!でも既に散り初めていて、昨日は桜吹雪になっていた所もありましたよ。東京は雨になっていて、この雨で桜ともお別れかも知れませんね~(;_;)/~~~ でも、桜は染井吉野だけじゃないので、未だ未だお花見が楽しめますよね~(^_-)
e0064158_23174598.jpg
e0064158_23132735.jpg
e0064158_2313429.jpg
  最近はまたまた忙しくなって、ブログは開店休業状態が続いていて、お友だちのみなさんにはご迷惑をお掛けしています。この忙しさも今週で何とか一段落付きそうです。この間結構あちこち動き回っていたので、時間を見つけては写真を撮っていたんですよ。サボってばかりいると、折角撮った写真もお蔵入りが必至…時期を逸しない程度に、ご紹介しようって思っていますので、どうか宜しくお願いしますね…m(__)m
e0064158_23135551.jpg
e0064158_2314915.jpg
e0064158_23142172.jpg
  さて、今日は秋から春まで楽しめる桜をUPしましたよ。この桜は秋から冬に掛けて咲くので、結構人目を惹く桜なんですよ。10月頃に開花して、寒い冬の間も小さな花がポツポツと断続的に咲いて、春もご覧の通り綺麗に咲くのです。タイトルに御会式桜(オエシキザクラ)と書きましたが、10月から咲くってヒントを書きましたので、賢明なお友だちのみなさんなら、もうお判りですよね~!(^^)!
e0064158_23143562.jpg
e0064158_23145250.jpg
e0064158_2315734.jpg
  ピンポ~ン!!はい、そうですよ~!!この桜はそのまんまの名前の十月桜(ジュウガツザクラ)ですよ。秋に咲くお花より、春に咲くお花の方が大きくって、小花柄も長いのです。青空を背景に優しい桜色が素敵でしょう…!?ジュウガツザクラの詳しい解説は以前しましたので、今回は簡単に済ませますので、どうかお許し下さいね…m(__)m
e0064158_23152173.jpg
e0064158_23153525.jpg
e0064158_23154738.jpg
  でも、何も無いのもジュウガツサクラに失礼(笑)なので、一寸だけ書いておくことにします。葉っぱなどの解説は省いて、お花に関して書くことにしますね。ジュウガツザクラの花は見ての通り、他の桜たちとは違っていますので、判り易いと思いますが…花弁は淡紅色~白色で、細長い楕円形花弁が10~16枚あります。内側の花弁は雄しべとの中間型で、片側に葯のつくものがあります。
e0064158_2316592.jpg
  雄しべは40~60個、雌しべは雄しべより長く突き出しています。花柱は上半分がねじれていて、下半分(基部も)に長い毛があります。ジュウガツザクラは片親がコヒガンで、もう一方が不明…の雑種と考えられています。また、マメザクラとエドヒガンの種間雑種と言う説もあります。開花時期は、10月~4月上旬(東京)です。
by brue-nile | 2012-04-11 23:58 | 植物 | Comments(10)
e0064158_2327264.jpg
  やっとブログを再開して、ポツポツと更新をしていたのですが、公私ともに超多忙になってしまって、しばらく(1週間)更新が出来ませんでした…m(_ _)m 再開後またパッタリと更新が途絶えてしまったので、お友だちのみなさんは『またか~(-"-)』って、さぞかし呆れ果ててしまった事でしょうね~(ーー;)
e0064158_23274446.jpg
e0064158_23295669.jpg
e0064158_23301326.jpg
  でも、ご心配ご無用…まだまだ真面目に更新を続けるつもりですので、どうか長~い目で見てやって下さいね…m(__)m でもブログの更新が出来なかった間も、仕事の間の一寸した時間も、しっかりブログネタを探しては、コツコツと撮影をしていたので、どうかお許し下さいね…m(__)m 
e0064158_2330272.jpg
e0064158_23304044.jpg
e0064158_23305581.jpg
  そんなネタの一つが今日のサクラです。このサクラは以前もご紹介したのですが、独特な花姿をしているので、みなさん覚えていらっしゃるのでは…!?それに、先月似たような姿のサクラをご紹介しましたので…『あ、見たことがあるな~!!』って、ポンっと手を叩かれた方もおありかも知れませんね!(^^)!
e0064158_23311741.jpg
e0064158_23313216.jpg
e0064158_23322267.jpg
   みなさん、このサクラは椿寒桜(ツバキカンザクラ)と言って、寒緋桜(カンヒザクラ)と、先日ご紹介した唐実桜(カラミザクラ)=支那実桜(シナミザクラ)の種間雑種と考えられる栽培品種です。別名は初美人(ハツビジン)です。原木は愛媛県松山市の伊予豆比古命(いよずひこのみこと)神社(椿宮)にあり、名前はここからつきました。
e0064158_23332164.jpg
e0064158_23335320.jpg
e0064158_2334681.jpg
   雄しべが長く伸びて、萼筒はカラミザクラに似て杯形をしています。花序は散形状で普通5花ですが、4花や6花になることも。苞は小さくって長さが1~2㎜、花柄は長さ約7㎜、小花柄は長さ6~10㎜で、共に少し毛が生えています。萼筒は鐘状盃形で長さ4㎜で無毛で、萼片は卵状三角形。花は紅紫色で5枚、花弁が盃状に内側に曲がります。
e0064158_23342618.jpg
   ツバキカンザクラは早咲きで、松山市では2月下旬~3月上旬、東京でも3月上旬~中旬に咲きます。今年は寒かったせいか開花時期は遅く、3月下旬になって見頃を迎えました。花は小さいのですが、ビッシリと付きますので見ごたえ充分のサクラです。
by brue-nile | 2012-04-02 23:59 | 植物 | Comments(8)