ブログトップ

ナイル商会

thenile.exblog.jp

何時も有難うございます!ご訪問頂いたお客様も203,060 人を超え、新たな目標に向かって歩んでいます。身近で出遇った小さな生き物達や植物など、気ままにナイルがご案内しています。 ナイル商会・管理人

<   2009年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

e0064158_2318393.jpg
 あと30分程で6月もお終いです。一年の半分が過ぎてしまう訳ですが、振り返っても記憶に残っている様な、特別な事や素敵な事は無かった様な…贅沢を言ってちゃいけないな~毎日小さい事ながら、新しい発見なら色々あったので、たった一つの大きな喜びより、ほんの小さな喜びですが、それらが沢山あった方が嬉しいですよね~!?みなさんはどう思われますか!?
e0064158_23181569.jpg
e0064158_23183936.jpg
e0064158_23185567.jpg
e0064158_2319890.jpg
e0064158_23192179.jpg
e0064158_23193580.jpg
e0064158_23194642.jpg
 東京は雨が上って、午後になると曇りから良いお天気に…夕方からは、小雨が時たま降ったのですが、傘も差さずに歩き回っていました。九州地方では梅雨前線に寄る大雨で、大変な被害が出ているようです。被害に遭われた方々に、心からお見舞い申し上げます。東京は梅雨時より、真夏のゲリラ豪雨が多いので、これからが雨に対する注意が必要になって来ますよ。
e0064158_23195739.jpg
e0064158_2320815.jpg
e0064158_23215446.jpg
e0064158_2322911.jpg
e0064158_23222080.jpg
e0064158_23231034.jpg
 さて、今日の写真のハチさんは、遇える時期が4~6月と限られています。この子はお花に集まるハナバチさんで、白筋髭長花鉢(シロスジヒゲナガハナバチ)さんの女の子ですよ。髭が長いのが特徴の男の子が先に現れますが、女の子は大分後から現れますよ。大きさは約14㎜で、本州、四国、九州に分布しています。尚詳しい解説などは、tagsより「シロスジヒゲナガハナバチ」をご参照下さいね。
by brue-nile | 2009-06-30 23:56 | 昆虫 | Comments(8)
e0064158_23442094.jpg
 お天気予報が全く外れて、今日は朝からピカピカのお天気、気温も高くて暑かったですよ。でも先程から、本降りの雨が降っています。帰宅後は屋上の植物たちに大慌てでお水を上げたのに…う~ん、損したな~(笑)
e0064158_23443911.jpg
e0064158_23445385.jpg
e0064158_2345716.jpg
 そして今夜も後3分で日付が替わる時間になっています。何時も時間に余裕が無くて、大慌で文章を打ち込んで送信するものだから、誤字脱字等など…「済みません、0時1分前なので、慌てて送信しました。今から残りの文章を書き加えますね」…後で校正をするのですが、それでも間違っている事があるんですよ(汗)
e0064158_2345219.jpg
e0064158_23453856.jpg
e0064158_23455227.jpg
 昨日は(日付が替わったので)徹夜をした事もあって、かなり消耗気味、PCの前に座ると睡魔に襲われて、ついウツラウツラ…今夜は早めに休もうかなって思います。それで例の如く、本日は手抜きブログになりますので、みなさんどうかお許し下さい…m(__)m
e0064158_2346398.jpg
e0064158_23471161.jpg
e0064158_23472519.jpg
e0064158_23473877.jpg
 さて、今日の虫さんは、いるところにはいるのですが、意外と遇えないコガネムシ科の黒花潜(クロハナムグリ)さんです。小青花潜(コアオハナムグリ)さんは何処にでもいるのですがね~!?“クロハナムグリ”さんは、全身マットな感じの黒色で、前翅の中ほどにはベージュ色の斑紋があります。大きさは“コアオハナムグリ”さんと同じ位の大きさの、11~15㎜ですよ。
e0064158_2349856.jpg
e0064158_23492136.jpg
e0064158_23493434.jpg
 “クロハナムグリ”さんと遇える時期は5月~8月、日本全土に分布しています。何時もハルジオンに潜っている現場に遭遇(大袈裟)しますから、探すならいの一番にハルジオンかも…!!写真にも在りますが、ラムズイヤーにいましたし、見頃のハンゲショウにもご執心でしたよ。花粉や蜜が大好きなので、お花なら何でも御座れかも…(笑)みなさんも探して下さいね(^^♪ 
by brue-nile | 2009-06-29 23:59 | 昆虫 | Comments(4)
e0064158_23405756.jpg
 6月最後の日曜日の東京は、午後から雨になりました。それも土砂降りの雨に風が伴なって、かなりの荒れ模様…ナイルは大荷物を持って出歩いていたので、ずぶ濡れ状態になってしまいました…(ーー;)雨の日は、大荷物を持って歩き回るものじゃないですね…(汗)
e0064158_23411263.jpg
e0064158_2341296.jpg
e0064158_23414596.jpg
 そんな大雨も夜になって上って、帰宅時には雲の切れ目から、ほんのりと白いお月様が覗いていました。でも明日はまた雨の一日になりそう…気温も低くなるとか!?ところで現在23時59分、一旦ブログの編集を止めて、送信しておくことにしますね…。そうしないと、本日の更新になりませんから…m(__)m
e0064158_23415917.jpg
e0064158_23421467.jpg
e0064158_23422875.jpg
 さて、無事に送信出来ましたので、ブログの編集を続けたいと思います。みなさん、今日はとっても綺麗な虫さんの登場です。写真の子たちとは、3ヶ所で出遇ったのでそれぞれ微妙に色味等が違っていますよ。とっても小さな虫さんですが、光が当たるとキラリト輝くので、結構見つけ易いかも知れません。
e0064158_23424041.jpg
e0064158_23425522.jpg
 
e0064158_2343770.jpg
 この子のお名前は、銅猿葉虫(アカガネサルハムシ)さんと言います。名前そのままに、体全体が金緑色で前翅が赤銅色の、とっても綺麗なハムシさんなのです。こんなに綺麗な色艶の持ち主なのに、実はブドウの害虫なんのです(ーー;)
e0064158_23432046.jpg
e0064158_23433319.jpg
e0064158_23434514.jpg
 甲虫目ハムシ科の“アカガネサルハムシ”さんは、体の大きさが7㎜で畑や雑木林等で暮らしています。北海道~九州、西南諸島に分布していて、遇える時期は5月~8月です。食べ物はブドウ、ヤマブドウ、エビヅル、トサミズキ、ハッカ等の葉っぱです。
e0064158_2343578.jpg
 写真はドクダミの葉っぱにいた子も…もしかすると、好き嫌いが無くて、何でも食べるのかしら…!?この子の体の色ですが、図鑑によると、南西諸島では体色に地理的変異があり、トカラ列島では体全体が金緑色、奄美大島では背の色が青緑色などで綺麗なんだそうです。写真の子たちはタマムシ色が近いかな~みなさんも是非探して下さいね。
by brue-nile | 2009-06-28 23:59 | 昆虫 | Comments(10)
e0064158_2334357.jpg
 東京は今日も真夏日…朝から暑かったですね~!!この梅雨の中休みも、おしまいみたいですよ。来週はお天気が崩れるみたいです。まあ雨が降れば帰宅後慌てて屋上に行き、植物たちに30分も掛けて、お水をあげる手間が省けるんですから、ナイルにとっては夏の雨は好都合なんです(笑)但し、土砂降りはお断りですが…(汗)
e0064158_2334183.jpg
e0064158_2334308.jpg
e0064158_23344133.jpg
 ブログの編集は今夜も23時半を過ぎてから始めましたよ。連日更新時間が0時1分前…凄いでしょ、こうなると、お見事って自分自身に言ってあげたいくらいです。でも今夜は編集の途中で送信する事になりそうです。エキサイトブログは使い易いのですが、編集したブログを保存する事が出来ないのです…(ーー;)
e0064158_23345425.jpg
e0064158_2335657.jpg
e0064158_23351769.jpg
 さて、暑くなると活動が活発になって来るのが、獰猛なハンターのスズメバチさん達ですね!!公園や繁華街でも要注意…道を歩いていると、好奇心向き出しで様子を見に来るのですからね…慣れない人は、その大きさにギョッとして、手で払ったり、逃げ出したりしてしまうかも!?
e0064158_23352891.jpg
e0064158_23354026.jpg
e0064158_2335512.jpg
 でも、別に襲うためにやってくる訳ではないので、じ~と動かなければ行ってしまいますよ。但し不要意に巣を刺激したりすると、1週間は警戒態勢が続きます。この時、付近を通った人間から刺激臭を感知すると、有無を言わさず襲って来ますから、全速力で逃げて下さいね…特に香水、整髪料、デオドラント等々は襲って下さい…って言っている様なものです。
e0064158_23364100.jpg
e0064158_23362785.jpg
e0064158_23363912.jpg
 写真のハチさんは、日本に住むハチさんの中で最大級で凶暴、そして毒性も激しい大雀蜂・大胡蜂(オオスズメバチ)さんです。体長は27㎜~40㎜もあるんですよ。そんな“オオスズメバチ”さんが栄養たっぷりの樹液をお召し上がりだったので、一寸お邪魔してみました。お食事に夢中なご様子で、写真撮ってもお怒りなりませんでした…怖い方なもので、ついつい敬語を使ってしまうナイルです(汗)
e0064158_23365170.jpg
e0064158_2337282.jpg
 ところで、下の3枚の写真は、以前UPした事がある小型雀蜂・小型胡蜂(コガタスズメバチ)さんです。何だかヨロヨロしていたので、ヒョイ…あれ~っ、一寸摘んで写してみました。“コガタスズメバチ”さんは、体長が21㎜~27㎜で、性格は意外と穏やかなんですよ。でも良い子は絶対ナイルの真似はしないで下さいね。
  “コガタスズメバチ”さんの説明は、下のtags;から「コガタスズメバチ」をご参照下さいね。どうかよろしくお願い致します…m(__)m

メモ みなさん、ハチのお仲間は、日本だけでも4,500種もいて、地球全体には12万種以上いると言われています。ハチに刺されると酷い時は“アナフラキーショック”を起こし、死亡する事もあります。ハチの毒は、‘アミノ酸’‘ペプチド酸’‘酵素’で出来ています。‘アミノ酸’や‘ペプチド酸’は、痛みや痒みを引き起こし、‘酵素’がアレルギー症状の“アナフラキーショック”を引き起こすのです。
by brue-nile | 2009-06-27 23:59 | 昆虫 | Comments(10)
e0064158_23125158.jpg
 今日は暑かったですね~東京では今年初めての真夏日になりました。夜が更けても未だ気温が高くって、昼間の熱気が肌にまとわり付いて離れません。梅雨中休みは、未だしばらく続く様です…。今夜は久し振りに窓を開け放って、少しだけヒンヤリした夜気をお部屋に誘い込んでいます。
e0064158_2313567.jpg
e0064158_23131774.jpg
e0064158_23133198.jpg
 明日はもう土曜日…何も出来ない内に時は徒に過ぎて行くようで、一寸はがゆい思いをしているナイルです。6月も残り僅か、制作が遅々として進まないのは、一体どうゆう事なのかしら…!?このままじゃ精神統一でもしないと、本気で制作する気に成れそうににないです…(汗)
e0064158_23134597.jpg
e0064158_2313595.jpg
e0064158_23141479.jpg
 今日も23時を大分過ぎてのブログの編集をしています。昨日もまた0時1分前の更新…あまりにもギリギリ過ぎて、ヒヤヒヤの連続です。来月は色々と行事があるので、ブログの方まで気持ちが向かなくなる恐れが…出来る内に更新を重ねておきたいな~って思っているんですよ。
e0064158_23143136.jpg
e0064158_23144585.jpg
e0064158_23145758.jpg
 さて今日は、お洒落な鹿の子模様のドレス姿の、蛾のお仲間をUPしますね!この子はブログを始めた頃、一度だけUPした事があるのですが、その後見かけても写真を撮るだけで終わっていました。毎年梅雨時の昼間に、草むら等を楽しげに飛び回っているのを見かけます。
e0064158_2315965.jpg
e0064158_23152187.jpg
e0064158_23153341.jpg
 みなさん、この子は鹿の子模様みたいな翅を持つ、カノコガ科の鹿子蛾(カノコガ)さんです。濃藍色の翅の透けた斑紋が涼やかでお洒落、黄色の帯をきりりと締めて…小粋な浴衣姿のお嬢さんみたい!?“カノコガ”さんは北海道~九州に分布していて、開張が30~37㎜、6月~8月に遇える昼間活動するガです。幼虫さんは、タンポポやギシギシなどの葉っぱを食べます。
e0064158_23154686.jpg
e0064158_23155890.jpg
 “カノコガ”さんは、お腹に2本の太い山吹色の帯があって、スカシバさん達の様にハチさんのお仲間に擬態しているみたいですよ。前翅は細長いのですが、後ろ翅はとっても小さいのです。よく似ている子に“キハダカノコ”さんがいますが、こちらはお腹全体が黄色いので区別出来ますよ。
by brue-nile | 2009-06-26 23:59 | 昆虫 | Comments(10)
e0064158_2314133.jpg
 今日も遅い時間の更新になってしました。連日日にちが替わる直前の更新時間になっていて、昨日は午前0時1分前…ギリギリセーフが続いています。本当は余裕を持って更新したいのですが、帰宅後ゴソゴソやっていて、はっと気が付くと、何故か何時も23時を回っているんです(汗)
e0064158_23143058.jpg
e0064158_2314567.jpg
e0064158_23151119.jpg
 今日はお天気のはずでしたが朝から雲っていて、太陽が顔を出したのが午後1時位からでした。でも晴れたのはほんの短い間で、直ぐまた曇ってしまいました。午後は、仕事が早めに終わった事もあって、一寸だけ時間が出来ましたので、少し脚を伸ばして緑の中を歩いて来ました。
e0064158_23152592.jpg
e0064158_23154274.jpg
e0064158_2315565.jpg
 行った先は時々訪れる、小さな池がある人気が殆ど無い公園です。この池の周りには樹木が多くあるので、結構色々な虫さんたちと遇うことが出来るんです。でも時間が限られている事だし、それに時間も遅いし…そんな訳でトンボさんにポイントを絞って出掛けたのですよ。
e0064158_23161478.jpg
e0064158_23162968.jpg
e0064158_23164599.jpg
 ところがトンボさんの事をすっかり忘れてしまう出来事が…それは、池の周りをウロウロ歩き回っている時に、突然ポチャ~ン…あっ蛙さんだわ…それで忍び足で辺りを偵察してみると、いたっ~いましたよ、あっちにもこっちにもヽ(^。^)ノ
e0064158_2317259.jpg
e0064158_23171570.jpg
e0064158_23172899.jpg
 みなさん、写真の子たちは、可愛い日本雨蛙(二ホンアマガエル)さんです。昨年もこの池で沢山写真を撮りましたが、時期はかなり後でしたよ…今年は早いな~思い掛けず楽しい時間を過ごしたナイルでしたよ(^^♪
e0064158_23174128.jpg
e0064158_231816.jpg
  詳しい解説は下のtagsより「カエル」&「二ホンアマガエル」からご参照下さいね。尚、昨年の訪ねた時の写真は、色んなポーズが面白いので、こちらをクリックして下さい。⇒お玉以上、かえる未満
by brue-nile | 2009-06-25 23:58 | 両生類・爬虫類 | Comments(4)
e0064158_2395194.jpg
 東京は朝から激しい雨が降っていましたが、お昼過ぎには止んで雲の切れ目からは薄日が射して来ました。朝の内は涼しかったのですが、雨が上ると気温と湿度が連動して上って、蒸し暑くなりましたよ。明日は晴れて気温も高そうですが、湿度は低くなって、お洗濯日和だとか…!?
e0064158_2310345.jpg
e0064158_23101460.jpg
e0064158_23102683.jpg
 お洗濯って言えば、以前は屋上に干していたのですが、植物が増殖すると共に肩身が狭くなって、今では追い出されてしまいました。(笑)屋上には大型の洗濯機が置いてあるのですが、今は全く出番が無くて…これを処分すれば新たなプランターを置けるのに…時々そんな事を考えているんですよ。
e0064158_23103877.jpg
e0064158_23105415.jpg
e0064158_2311624.jpg
 さて、今日は久し振りにお花をUPしますね。しばらく虫さんばかりをUPしていたので、女性のお友達には嫌な思いをさせてしまったかも…でも、ナイルは虫さんと仲良しなので、虫さんと遊べる間は続けて行きたいです。なるべく綺麗な虫さんを選んでUPしていきますので、みなさんどうかお許し下さいね…m(__)m
e0064158_23111944.jpg
e0064158_23113424.jpg
e0064158_23114751.jpg
 みなさん、今日は和紙を千切った様な黄色のお花で、スイレンみたいな葉っぱを持つ浮葉植物の浅沙(アサザ)です。スイレンみたいな小さな葉っぱが、水面いっぱに広がり、花径3~4㎝で5弁の黄色い花を咲かせます。“アサザ”は漢字で書くと、浅沙・浅々沙・阿佐佐・阿邪佐・浅沙菜…こんなにいっぱいあるんですよ。別名は花蓴菜(ハナジュンサイ)と言います。
e0064158_2312260.jpg
e0064158_23121495.jpg
e0064158_23122730.jpg
 “アサザ”はリンドウ目ミツガシワ科アサザ属の多年性の水草で、ユーラシア大陸に広く分布しています。日本では、北海道~九州の池や沼に生えています。黄色の花は晴天の午前中に咲いて、午後には萎んでしまいます。また曇りや雨の日は咲きません。葉っぱは食用になるので、先に書いた浅沙菜が似合っているかな…!?名前の由来は、水辺の浅い所に咲くからと言う説と、朝咲くからと言う説などが在るようです。
e0064158_2312425.jpg
e0064158_23125588.jpg
 “アサザ”は環境省のレッドデータブック〔絶滅危惧第Ⅱ種〕にランクされています。国内最大の自生地である茨城県の霞ヶ浦では、保全活動がすすめられています。“アサザ”は園芸品種も販売されていますから、公園などのビオトープで育てられていますよ。
by brue-nile | 2009-06-24 23:59 | 植物 | Comments(8)
e0064158_23315318.jpg
 今日は暑かったですね~東京も真夏の気温になりました…しかも湿度が高くって、流石のナイルも一寸汗をかきましたよ。でも自宅では、普段もエアコンや扇風機などは使いませんから、夏は省エネなんです。その代り究極の寒がりナイルは、冬は電気使用量が半端じゃないんです…(汗)
e0064158_2332752.jpg
e0064158_23321968.jpg
e0064158_23323150.jpg
e0064158_23324451.jpg
 さて、今夜も日付が替わる頃になっての更新です。昨日も時間が迫っての更新で、簡単なブログにしましたが、後から書き加えたので、何とか読めるブログになりましたよ。でも今夜は妙に眠いので、簡単なブログで済ませますね…後で加筆するかどうか、残り15分にかかっています。午前0時迄残りは15分弱、頑張って更新をしなくっちゃ…!!
e0064158_23332129.jpg
e0064158_23333824.jpg
e0064158_23335553.jpg
e0064158_23341030.jpg
 みなさん、今日も小さな虫さんをUPしました…連日おチビさんの登場ですから、何だか飽きられそうですね…m(__)m 今日の子はハムシのお仲間です。ハムシは葉虫って書きます…成虫さんも幼虫さんも、植物の葉っぱを食べるから葉虫(ハムシ)さんなんですよ。
e0064158_23342498.jpg
e0064158_23343910.jpg
e0064158_23345148.jpg
e0064158_2335559.jpg
 写真の子は臙脂(エンジ)色と濃紺色のシックなツートーンカラーの、山芋葉虫(ヤマイモハムシ)さんです。“ヤマイモハムシ”さんは、大きさは5~6㎜で本州、四国、九州に分布していて、5月~8月に林縁部のヤマノイモ等の葉っぱの上で遇う事が出来ます。頭部、胸部はエンジ色で、上翅は光沢のある濃紺色をしていて胸部は細いハムシさんです。
by brue-nile | 2009-06-23 23:59 | 昆虫 | Comments(6)
e0064158_2331531.jpg
 今日の東京は雨が降ったり止んだり、時々本降りの雨が降って蒸し暑い一日でした。そして今日も帰宅が遅くなりました。乗車時は止んでいた雨も、自宅最寄駅に着いて地上に上ってくると、また小雨が降り出して来て、梅雨を実感しましたよ。
e0064158_23321017.jpg
e0064158_23322234.jpg
 今日ももう直ぐお終い、日付が替わる迄、ほんの数分しかありません。今日中に更新をしたいので、今日の手抜きブログになってしまいます。最近はじっくり落ち着いて記事を書けないので、訪問下さるみなさんに本当に申し訳ないな~って思います。でもなるべく休まないで更新を重ねて行きますので、どうかお許し下さいね。
e0064158_23323689.jpg
e0064158_23325074.jpg
 さて今日の虫さんは、随分以前に出逢った切り、もう一度遇ってしっかり観察したいな~って切望していた、とっても小さな虫さんです。黒い体に華やかな小さな赤いダイヤ柄がくっきりと…おチビさんながら目立つ虫さんですよ。この子の大きさは、4~5㎜なんですがね~(^^♪みなさん、この子はセミ&カメムシさんのグループに属する、トゲアワフキ科の胸赤泡吹(ムネアカアワフキ)さんって言います。
e0064158_2333259.jpg
e0064158_23331678.jpg
 “ムネアカアワフキ”さんはサクラに寄生しますので、始めて出遇った時見過ごしていて、写真を撮った後に気がついたのですよ。それは八重紅枝垂れ桜の写真でしたが、はっきりとは写っていませんでしたが、変わった虫さんがいるっ!!…赤い部分が丁度、上部が丸い変形ダイヤ模様に見えたので、とっても面白いな~って思って、迂闊な自分を悔いました。
e0064158_23332891.jpg
e0064158_23334030.jpg
 あんまり悔しくって、その後何度も探したのですが、何時も空振りばかり…でもある時、土手の雑草にいるのを見つけてパチリ…でも距離があったので、小さな姿しか写せませんでした。何でこんな所にいるのかな~って思い、土手上を見上げて納得、桜の木がありましたよ…!(^^)!ナイルってもの凄~く目が良いんです…って言うか、実はこの時も虫感だったんです(汗)
e0064158_2334548.jpg
e0064158_23343226.jpg
 その時の写真が下の2枚で、男の子だったんですよ。そして先日ついに間近で遇ったのが上の写真です。嬉しかったですよ…!(^^)!でも、下の2枚と一寸様子が違っているのがお判りでしょうか!?はい、そうなんです…赤いダイヤ柄が大きいのです。みなさん、胸全体が赤いのは女の子なんですよ。男の子は小楯板だけが赤いので、赤い部分が小さく見えるのです。
e0064158_23344481.jpg
e0064158_2334556.jpg
 “ムネアカアワフキ”さんは、本州~四国、九州に分布していて、遇える時期は4月~6月です。幼虫さんはサクラの枝に石灰質の巣を作るんですよ。普通のアワフキの幼虫さんは、草木にとまって白色の泡を分泌して、その中で暮らしているんです。
e0064158_2335641.jpg
 この白い泡は身を守るための物で、幼虫さんのお腹の先から出る液に空気を入れて出来るんです。大人のアワフキさんは、口針を植物に刺し込んで、養液を吸うのですよ。
by brue-nile | 2009-06-22 23:58 | 昆虫 | Comments(6)
e0064158_19251317.jpg
 今日の東京は本降りの雨がしっかり降りました。でも夕方には上って、傘が邪魔になりましたよ。雨上がりのせいか、今夜はとっても爽やかで、これなら効率があがりそう…そこで、早めにブログの更新をしようと思います。
e0064158_19252763.jpg
e0064158_19254083.jpg
 こんなに早く更新をするのは滅多にありません…実は金曜日と土曜日は続けてブログをお休みしてしまいまいした。金曜日は横浜で仕事でしたが、その後仕事関係の方々とお付き合いがあって、帰宅が大幅に遅れてしまいました。
e0064158_192554100.jpg
e0064158_1926641.jpg
 そして昨日の土曜日は、仕事を終えて帰宅したのですが、胃の周辺がキリキリ痛くなって…少し経てば良くなるかな~って我慢していましたが、痛みは耐えられない程になって、その後は激しい吐き気が…夜通し吐き続けていました。
e0064158_19261949.jpg
e0064158_1926374.jpg
 でも、今日は少し回復したので仕事をして来ました。悪い物を全部吐いてしまったので、痛みも治まり気分も良くなったのです。でも、今日は一日食事抜きにしたので、かなりゲンナリしています…何だったのかな~!?熱は出なかったので、風邪でも食中毒でもないし…(汗)
e0064158_19264985.jpg
e0064158_1927290.jpg
  さて、今日はとっても小っちゃな虫さんをUPしました。近所の公園沿いに、バラがきれいなお宅がありました。バラのお花ってハナムグリさんが隠れている事が多いし、テントウムシさんにも遇える事が多いのです。そこで一寸探してみると、キイロテントウさんが好きなウドンコ病菌つきの蕾を発見…これは期待が持てますよ~(^^♪
e0064158_19271611.jpg
 
e0064158_19273795.jpg
 でも茎の辺りを幾ら探しても、キイロテントウさんはいませんでした。周りのお花の中にはハナムグリさんの姿も無くって、これは空振りかしら…おかしいな~虫感が外れる事ってあるのかしら…今迄こんな事ってなかったのに…(ーー;)
e0064158_19275156.jpg
e0064158_1928433.jpg
 何時も蕾はパスしていたのですが、仕方ないか蕾の撮影でもしようかな…って思ったのです。そしていざカメラを構えようと思った時、蕾に小っちゃな虫さんがいるのを発見…それにしても随分おチビさんね~と1枚撮って拡大してみたら…わ~この子、口吻が突き出している~、、ゾウムシさんじゃないですか…!(^^)!
e0064158_19281693.jpg
 それは、苺花象虫(イチゴハナゾウムシ)さんでした。この子は体長約3㎜位で関東以北に多くて、年1回4~6月頃に発生するゾウムシさんです。あまりにも小っちゃので、見逃す人は多いと思いますよ。“イチゴハナゾウムシ”さんはバラ科の植物の害虫で、蕾にタマゴを産みます。幼虫さんは蕾の中を食べて蛹になります。羽化するとイチゴやバラの新葉を食害し、それから潜伏してしまいます。
by brue-nile | 2009-06-21 20:26 | 昆虫 | Comments(18)