ブログトップ

ナイル商会

thenile.exblog.jp

何時も有難うございます!ご訪問頂いたお客様も203,060 人を超え、新たな目標に向かって歩んでいます。身近で出遇った小さな生き物達や植物など、気ままにナイルがご案内しています。 ナイル商会・管理人

<   2007年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

e0064158_1314922.jpg
 みなさん、こんにちは、ナイルです。東京は現在土砂降りの雨が降っています。先程まで暴れていた雷さんは、何処かに行ってしまった様です。遠くの方で、微かな音が時々聞こえて来る位です。
e0064158_1321282.jpg
e0064158_1323656.jpg
 一昨日の夜からの雷雨は、昨日の午前中迄続きましたが、夕方からまた雷雨になってしまいました。頂いたコメントにお返事を書くのも、雷さんのご機嫌を伺いつつでしたよ。
e0064158_133144.jpg
e0064158_1333418.jpg
 梅雨の終わりは何時も雷雨があるので、今年もそろそろ梅雨が明けるのかも知れませんね~!?でも南の海では、台風5号が発生して、列島に近付いて来ているようです。やっと梅雨が明けても、台風の影響で、お天気が悪くなるかも知れませんね…!?
e0064158_1335043.jpg
e0064158_1341736.jpg
 さて、みなさん、今日は屋上の花壇にやって来た、珍しいお客さんをUPしましたよ。最近明るい時間帯には忙しくて、なかなか屋上に行く機会がなかったのですが、夜の仕事の前に一寸だけ行って見ました。
e0064158_1344454.jpg
e0064158_135651.jpg
 わたしが屋上に行く度に、必ず誰かが待っていてくれる…何時も、そんな気がして期待を込めて、花壇へのドアーをそ~と開けるのです。外は未だ明るくって、早めにお花たちの水遣りをしていたんですよ。
e0064158_1352955.jpg
e0064158_1355197.jpg
 お花達に水遣りをしながら、お花を一づつ覗いてみるんですよ。何時もなら誰かしらいるのですが、妙に静かで誰の姿も無かったのです。
 珍しい事に、空振りかしらね~と、諦めかけて時に、足元のスペアミントのお花の陰にいる、この子の姿が、突然目に入ったのです。
e0064158_1361388.jpg
e0064158_1363586.jpg
 ワ~ォ、凄~い…「姫十字長亀虫=ヒメジュウジナガカメムシ」さんだわ~♪わたしの虫感(虫さんを見つける能力?)は、やっぱり本物かも知れませんよ~(笑)
 この子は、写真を沢山撮らせてくれましたが、何だか急に飛び発つと、お隣の外壁に止ました。それから、しばらくすると、今度は何処かに飛び去って行きました。本当に不思議でした…まるでわたしを待っていてくれたみたいでしたよ。
e0064158_1365535.jpg
e0064158_137168.jpg
 「ヒメジュウジナガカメムシ」さんは、ナガカメムシ科のカメムシさんで、8㎜程の大きさです。赤と黒のコントラストがとっても綺麗な、草原に棲む可愛い「カメカメムシ」さんですよ。
 本州・四国・九州・沖縄に分布していて、カキの木にやって来るとか…でも、我が家ではミントがお気に入りのようでしたよ。
               
       今日は、ナガカメムシ科の覚書です。
       ①小形 ②身体は細長い ③小楯板(しょうじゅんばん)は小さい
by brue-nile | 2007-07-31 02:25 | 庭の歳時記2007 | Comments(10)
e0064158_123777.jpg
e0064158_132662.jpg
 みなさん、こんにちは、ナイルです。東京地方は夕方から雷が轟き、その後は雨になりました。雷が行ってしまったかな、と思ってPCに向かうのですが、そのたびにl雷が戻って来たんですよ。やっと静かになった時は、22時半を回っていました。現在も雷注意報が出ていますので、また戻って来るかも知れません!?
e0064158_14470.jpg
e0064158_144379.jpg
e0064158_15941.jpg
 今年のお正月にモデムが故障して、ネットに繋がらなくなったのは、修理の人のお話では、原因が不明との事でしたが、落雷の可能性も捨てられないと言っていました。結局新しいモデムを購入しましたが、また事故に遭うのが怖いので、雷の時は早めにネットを切断する事にしています。
e0064158_16391.jpg
e0064158_17929.jpg
e0064158_173354.jpg
 そんな訳で、お友達のブログには、雷が静まってから伺って、コメントを残して来ましたよ。雷は凄くしつこかったですが、雨はそれほどでも無かったですよ。みなさんのところでは、如何でしたか…!?
e0064158_183859.jpg
e0064158_185899.jpg
e0064158_193733.jpg
 さて、今日の子も居残っている水鳥さんですよ。この子とは、今春横浜で思いがけず出遇えて、大喜びしたものです。まさか北海道で再会するなんて、思ってもいませんでしたから、本当にビックリしましたよ。でも男の子の姿は在りませんでした…遇いたかったな~!!
e0064158_110338.jpg
 みなさん、この子は、主に冬鳥として全国に飛来する、カモさんのお仲間です。名前は「鈴鴨=スズガモ」さんと言います。北海道では越夏する子が多くて、中には繁殖もしている子も居るそうですよ。
 みなさん、今日の写真は変な物ばかりですが、でもわたしには大事な記念の写真なのです。どうか大目に見て下さいね…m(__)m

     「スズガモ」さんの詳しい解説は、ここからですよ。⇒ 「鈴鴨に遇えた…」
by brue-nile | 2007-07-30 01:50 | 北の大地へ…(全30話) | Comments(8)
e0064158_041149.jpg
e0064158_0412094.jpg
 みなさん、こんにちは、ナイルです。東京は凄く暑くなりましたよ…夜半を過ぎても気温は殆ど下がりません。暑さに強いわたしですが、帰宅後はエアコンのスイッチをONにしました。過ごし易い日が続いていましたので、身体が対処しきれないのかも知れません…!?
e0064158_0414053.jpg
e0064158_042176.jpg
 さて、昨日・一昨日と、ブログを未完成のまま更新し、後で追加文を書き入れ更新すると言う、いい加減な事を続けまして、みなさんには大変ご迷惑をお掛けしました。本当に申し訳なく、大いに反省しているナイルです…m(__)m
e0064158_0422257.jpg
e0064158_0424334.jpg
 今日はちゃ~んと、記事を書いて更新しますね。今日は一寸珍しい虫さんに遇いましたので、是非みなさんに見て頂こうと思ってUPしました。見つけた時の写真が上から2番目…この子誰だろう~と、木の中に潜り込んで撮影しました。
e0064158_043685.jpg
e0064158_0432663.jpg
 でも、この「モミジ」にはアリさんがいっぱいいて、腕等に集られて、困りました。でも、虫に刺されないわたしは、こんな時は得かも知れませんよ…(笑)
 みなさん、どうですかこの子…変わった虫さんでしょう!?こんな変てこな姿ですが、カメムシ科の「カメムシ」さんなんですよ。先日の、カメムシ科の特徴を思い出して下さいね…!?
e0064158_0435133.jpg
e0064158_044927.jpg
 みなさん、この子は胸部左右の突起が特徴的な、「牛亀虫=ウシカメムシ」さんですよ。胸部肩部分が牛さんみたいに、太くて強そうな角を持つ事から「ウシカメムシ」さん、と名前が付きました。普通の牛さんと言うより、野牛の「バイソン」さんみたいですね~!!
e0064158_0442557.jpg
e0064158_0444744.jpg
 「ウシカメムシ」さんの大きさは、8~9㎜と小さいんです。モミジの葉が茂る、ず~と奥の方にいたのを見付けたのですから、さすが目敏いわたし…と、我ながら感心していますよ。(笑)「ウシカメムシ」さんは、本州、四国、九州、南西諸島に分布していますが、出現期は不明なようです。
e0064158_045610.jpg
e0064158_0452487.jpg
 「ウシカメムシ」さんの食べ物ですが…アセビ、シキミ、フジなどから吸汁すると言う説の他にも、「セミ」さんの卵を吸汁する、と言われているようです。「カメムシ」さんは樹液がご飯なのですが、この子は違うのでしょうかね~!?
 この「ウシカメムシ」さんは、最近各地で多く報告されるようになったらしいですよ。何でも大阪では、「クマゼミ」さんの異常発生に比例して、「ウシカメムシ」さんも増加しているとか…因果関係は否定出来ない、と言う事らしいですよ…!!
by brue-nile | 2007-07-29 01:23 | 続・博物記(夏)全40話 | Comments(12)
e0064158_1394522.jpg
e0064158_1402176.jpg
 みなさん、こんにちは、ナイルです。昨夜は仕事後、一寸お付き合いで出かけていて、帰宅はしっかり午前さま、、コメントを下さった、お友達のみなさんには、お返事など全く出来ていません。
 それに、まだお風呂にも入っていませんし、未だやる事が残っていますので、今日は一応更新をすませ、昨日みたいに、後で文章を書き加えて、ブログを完成させようと思います。昨日・今日と、みなさんには、大変申し訳なく、お詫びのしようが」ありません。もうじき午前2時になります…どうか、本文・コメントなど、もうしばらくお待ち下さいます様、お願い致しますm(__)m
e0064158_14727.jpg
e0064158_1411575.jpg
e0064158_1413717.jpg
 みなさん、こんばんは~、ナイルです。今日はお昼に帰宅出来ず、遣り掛けのブログの記事を追加編集する事が出来ませんでした…現在午後7時25分、すっかり遅くなってしまいましたが、記事を書加えて行こうと思います。長々とお待たせして、本当に済みません…m(__)m
e0064158_142875.jpg
e0064158_1423249.jpg
e0064158_1425639.jpg
 さて、今日の鳥さんは、先に男の子や赤ちゃんを掲載した事がある、カモ科の「真鴨=マガモ」さんです。冬鳥や漂鳥として、全国に渡来しmさすが、中部地方以北では繁殖する事もあるそうです。今日のマガモさんも、そんな居残り組の女の子です。
 カモさんの女の子は、どの子も良く似ていますよ。マガモさんの女の子のくちばしは、黒と黄色がごちゃ混ぜみたいで、結構目印かも…!?でも。今日の写真の中で、佇んでいる子のくちばしは、かなり黒っぽかったですよ。
e0064158_1431869.jpg
e0064158_1434876.jpg
e0064158_2238871.jpg
 みなさん、赤ちゃんはこんな子ですよ。「カルガモ」さんの赤ちゃんに良く似ていますよね~!?「マガモ」さんの大きさは「カルガモ」さんより、一寸小さくて全長59㎝です。
 ほのぼのムードいっぱいの「アヒル」さんは、「マガモ」さんを改良してつくられたんですよ。「アオクビアヒル」さんなんか、この「マガモ」君にそっくり…同じ様に女の子も良く似ていますよ。そうそう白いアヒルさんは「シロアヒル」さんと言うのが正しいようです。
by brue-nile | 2007-07-28 01:59 | 北の大地へ…(全30話) | Comments(4)
e0064158_0555546.jpg
 みなさん、こんにちは、ナイルです。今日はブログの投稿中に、何故か突然砂時計マークが現れ、せっかく書き込んだ文章も、UPした写真も…あれよ、あれよ、と言う間に消えてしまいました。
e0064158_0515913.jpg
 それで、今日はもう更新が出来そうにありません。未完成の物ですが、これを一旦送信して置きます。実は昨日は、バタバタしていて、、ついに徹夜になってしまったのです。今日はまた、夜の会議がありますし、昼間も仕事が詰まっていますので、もう休みたいと思っています。
e0064158_0522385.jpg
 今日もお昼には、一旦帰宅する予定ですから、この続きはその時に…みなさん、本当にご免なさい。m(__)m
 みなさん、ブログを中途半端で投げ出してしまって、本当にご迷惑をお掛けしました。現在正午10分前ですが、これから続きを書きますね、、どうか宜しくお願いいたします
e0064158_0524227.jpg
 それでは、今日のブログを始めましょう…!今日の写真をご覧になって、どなたでもお判りになるように、この子は「セミ」のお仲間です。このセミさん、樹木に止まっていたのではなくて、道路をお散歩していたのです。飛べない訳ではなくて、のろのろと歩いていたのですよ…!!
e0064158_053087.jpg
 この道路は、時々利用する抜け道なのですが、道幅が狭いため車は通りません。でも、自転車やバイク、それに朝夕は通勤通学の人が結構通る道なのです。しかし昼間は、通る人もまばら、ワンちゃんのお散歩には早いし…そんな訳でこの日歩いているのは、わたしだけでしたよ。
e0064158_0532025.jpg
 この日は、わたしにしては時間に少し余裕があって、そんなに急いで居た訳ではありません。かといって、直ぐ側にある公園に足を伸ばす時間も無くて…ちょっと中途半端な時間だったのです。公園に行きたいな~と考えつつ、ゆっくり何時もの様に、音をたてないで歩いていたんですよ。
e0064158_0535888.jpg
 その時、わたしの足が自然に止まったので…あれっ、何で止まっちゃたのかな~!?わたしには、時々こんな時があるので、、まるで誰かに呼ばれた様な感じ…そんな事って、みなさんにも在りませんか!?
e0064158_0542042.jpg
 あら~、誰かいるのね~っと、辺りの木立や植え込みを、ぐるっと眺めまわしてみたのですが、誰かいる様な気配は全くありませんでした。おかしいな~、そんな筈はないのに…と、歩きだそうとして道路の少し先に目をやった時、何だか道路が変に見えたのです。あ、これだ…誰かがいるんだ~!!
e0064158_0563050.jpg
 わたしは、興味深々で近寄ってみると、そこには道路と保護色の様な「セミ」さんが、のそのそ歩いていたんです。その姿はのんびりお散歩している様でしたよ。その場にしゃがみ込んでみると、その子は、随分久し振りに見る「ニイニイ蝉=ニイニイゼミ」さんでした。
 東京では近年個体数が減少していて、鳴き声はおろか姿を見かける事もなくなりました。公園などに行っても、見ないですね~…目敏いわたしがそう思うのですから、確かに減っているのでしょう!?
e0064158_0565953.jpg
 何処か怪我してるのかな~、それとも産卵後なのかな~、などと考えて眺めていましたが…このまま歩いて道路を直進して行ったら、自転車や人にふんずけられる危険が…それでそ~と捕まえて、側の電信柱に止まらせると、、気に入らなかったのでしょうか…そのまま空に向かって、高く飛んで行ってしまいました。
e0064158_0583595.jpg
 「ニイニイゼミ」さんは、誰でも知っている「アブラゼミ」さん程では有りませんが、翅に色が入っているので、見分け易い「セミ」さんです。この子の抜け殻は、他の子のとは違って、泥だらけのなので、こちらも見分け易いですよね!
 この子は、道路に保護色ではなくて、樹木に保護色なんですよ。翅が灰色のまだら模様ですから、樹木の幹に止まっていると、樹皮の模様に溶け込んでしまって、慣れていないと見つけ難いのです。
e0064158_05949.jpg
 子供の頃は、全く人気の無い「セミ」さんでしたが、こうやって久し振りに遇うと、結構可愛いな~って思いましたよ。「ニイニイゼミ」さんは、6月~9月頃に現れます。分布は全国で、平地~山地の林、果樹園に市街地です。
 大きさは、20~24㎜で、翅の端迄だと、35㎜程です。その他の特徴としては、目の上が横の方に、かなり出っ張っていますよ。鳴き声は「チー…チー…」と連続して鳴きます。鳴く時間帯は、明け方~お昼過ぎ位ですよ。
by brue-nile | 2007-07-27 01:09 | 続・博物記(夏)全40話 | Comments(12)
e0064158_1201929.jpg
e0064158_1211581.jpg
 みなさん、こんにちは、ナイルです。東京の昨日は曇りの予報が外れて、午後からは晴れて来ました。気温は少し下がって、風は心地良いし、空にはウロコ雲が…爽やかな1日でしたよ。
e0064158_1214955.jpg
e0064158_1234579.jpg
e0064158_1243163.jpg
 さて、今日は、大ニュース…とは行かない迄も、嬉しいニュースがあるんです。実は、昨日で「ナイル商会」へのアクセス数が、何と55,075件になったのです…!!このまま順調に行けば、アクセス60,000件も視野に入って来ましたよ。
 みなさん、何時も本当にありがとうございます。目標に向かって、今日から更に頑張りますので、これからもどうか宜しくお願い致します。
e0064158_12513.jpg
e0064158_126487.jpg
e0064158_129897.jpg
 今日は嬉しいので、大好きな赤レンガ建造物を、大サービスしますね。美しくって温かみがある赤レンガとは、家の仕事の関係等で長年親しんで来ましたが、実際にも生家の目と鼻の先や、通っていた高校の直ぐ側にも、素晴らしい赤レンガ造りの建物たちが在るのです。
 その中の一つには教会が在って、日曜学校で通いましたよ。その建物たちは、今でも同じ場所で、変わらずにわたしを待っていてくれますよ。
e0064158_1301719.jpg
e0064158_1304811.jpg
e0064158_131747.jpg
 みなさん、今日の写真の建物は、北海道では最も有名な歴史的建造物かも知れません。この堂々とした美しい赤レンガの建物は、札幌に在る北海道庁旧本庁舎…通称「赤れんが」です。1888(明治21年)に作られた、アメリカ風ネオバロック様式の煉瓦建造物です。
 建築資材は北海道全土から、調達された材料が殆どで、それらを使って建造されたと言う事です。尚、設計者は北海道庁土木課の、平井晴二郎氏です。
e0064158_1313219.jpg
e0064158_132946.jpg
e0064158_1323183.jpg
 札幌に行ったら、1番行きたい場所がここなんです。今回訪れた時間は、夕闇迫る午後5時半過ぎ…昼間なら観光客で賑わっている場所も、この時間は人の姿も殆ど無く、一人切りで濃密な時間を、過ごす事が出来ました。
 赤れんがに頬を寄せれば、厳しい自然を耐えて来た、誇りと喜びの鼓動が聞こえて来る様でした。もしまた此処に来る時があったら、絶対雪の中の「赤れんが」を見たいです。昔も今も変わらずに、わたしを魅了する赤レンガ建造物、みなさんもきっと同じですよね…!!
e0064158_133744.jpg
e0064158_1332529.jpg
 「赤れんが」の、左右対称の建物の中央には、八角塔がそびえています。建設当時在ったこの塔も、明治29年に撤去されてしまいます。明治42年に火災に遭い、幸い外部は無事でしたが、修復工事時にも何故か、八角塔は再建されませんでした。
 そして、昭和43年、北海道開拓100周年を記念して、創建当時のままに復元保存…翌年、国の重要文化財に指定されました。(最後の写真は、後姿の「赤れんが」です。わたしは、裏道からこっそり訪れて、裏道からそ~と帰りました。) 
by brue-nile | 2007-07-26 02:10 | 北の大地へ…(全30話) | Comments(12)
e0064158_1552327.jpg
e0064158_1554843.jpg
 みなさん、こんにちは、ナイルです。昨日の東京は、久し振りに青空が広がりました。気温も上昇して31.5℃になりました。でも、爽やかな風が吹いていましたので、外を歩き回っていても、汗はかきませんでした。
e0064158_156564.jpg
e0064158_1562426.jpg
e0064158_1564489.jpg
 色々と私用で出歩いていましたが、用事の途中には区役所に行って、参議員選の期日前投票も済ませました。何時もこの制度を利用していますが、今回は投票に来ている人の姿が多かったですよ。
e0064158_157347.jpg
             (写真をクリックして下さい…大きくなりますよ…!)
e0064158_1572143.jpg
e0064158_1574473.jpg
 昨日は、そんな、こんなで、やっぱり帰宅が遅くなってしまいました。コーヒーを飲みながら、お返事を書いたりしていて、、ふと気が付けば時計は既に、午前2時になろうとしていました。わ~、大変、今日も忙しいので、少し寝ておかないと、体力が持ちそうにありません…!
e0064158_158940.jpg
e0064158_1583246.jpg
e0064158_1585211.jpg
 それでは、みなさん…今日も大急ぎで更新を済ませなくってはね~!!そんな時のための奥の手は、何度かUPした事がある、可愛いチョウチョさんの写真を沢山並べて、数でご勘弁して貰う事です。
e0064158_1591429.jpg
e0064158_1593260.jpg
e0064158_1595864.jpg
 みなさん、この子はお馴染みの「セセリチョウ」さんのお仲間です。この子とは、草原で出遇う事が多いのですが、我が家の屋上にも遊びに来てくれますよ。お花が大好きで、別名を「花挵=ハナセセリ」さん呼ばれていますよ。
e0064158_2021100.jpg
 可愛いこの子は「大茶翅挵=オオチャバネセセリ」さんと言います。お花からお花へ、緩やかに飛び回りますよ。良く似た「イチモンジセセリ」さんとは、後翅の白色紋で区別出来ますよ。
 「イチモンジセセリ」さんが真っ直ぐ並ぶのに対して、この「オオチャバネセセリ」さんは、ジグザグに並んでいるんですよ。大きさは16~21㎝、ササの多い樹林周辺に棲んでいますよ。

みなさん、良く似た「イチモンジセセリ」さん&「チャバネセセリ」さんの写真を追加しておきます。左下にあるMore から、確認して下さいね。
 現在午後12時15分、ほんの少しだけ帰宅しましたが、軽くお昼を頂いてから、又仕事に行きます。

More
by brue-nile | 2007-07-25 02:32 | 続・博物記(夏)全40話 | Comments(10)
e0064158_056070.jpg
e0064158_0563578.jpg
 みなさん、こんにちは、ナイルです。東京は昨日の午前中は、まとまった雨が降りましたよ。午後遅くには雨が一旦雨止みましたが、その後は降ったり止んだりと、、どうもはっきりしません。
e0064158_0565555.jpg
e0064158_0572920.jpg
 昨日は夜も仕事があって、帰宅後は頂いたコメントのお礼に、やっとお友達のブログを回って来ました。全員のブログに伺って、たまっていた2日分のコメントを書いて来ましたが、時間は既に午前1時近くになっていました
e0064158_0575499.jpg
e0064158_0581474.jpg
 今日は仕事では無いのですが、私用で色々出歩かなくてはなりません。テキパキと用事を済まさないと、また帰宅が遅くなりそうです。そんな訳で、今日のブログは簡単な写真ブログにさせて下さい。
e0064158_0583890.jpg
 ※みなさん、済みません、上の写真ですが…上部にちょこっと見えている、サーモンピンクの物体は、ナイルの左手親指の爪です…m(__)m
e0064158_0592233.jpg
 さて、みなさん、今日は一見「博物記」の様ですが、そうでは無くて「北の大地へ…」を掲載しました。札幌大倉山ジャンプ場では、こんな可愛い子も見つけましたので、写真を撮って来ましたよ。とっても小さい子ですが、赤い体が凄~く目立っていましたよ。
e0064158_103619.jpg
e0064158_11384.jpg
 みなさん、この子は、甲虫さんのお仲間で、ハムシ科の「藤葉虫=フジハムシ」さんと言います。その名の通り、フジ、ハギ、ニセアカシア等、マメ科植物の葉っぱを食べる「ハムシ」さんなんですよ。フジの葉っぱが穴ぼこだらけでしたので、一寸覗いてみたら、小っちゃな赤い姿が、あっちにも…こっちにも、沢山いましたよ。
e0064158_112936.jpg
e0064158_114884.jpg
 「フジハムシ」さんは、頭が黒色で上翅(じょうし)は赤褐色…でも少し黒っぽくなる事もあるのです。「フジハムシ」さんの大きさは5㎜と、とっても小さいのです。日本全国に分布していて、遇える時期は5~7月です「フジハムシ」さんの幼虫には、天敵がいるんですよ…それは、「カメノコテントウ」さん、「ヤマトハムシドロバチ」さん等です。

  ★今日は「ハムシ科」の覚書です。みなさん、どうぞ参考になさって下さいね。
          ① 触覚は糸状(しじょう)で、短い。
          ② 脚にトゲが無い。
          ③ 成虫、幼虫共に、植物の葉っぱを食べる。
by brue-nile | 2007-07-24 01:38 | 北の大地へ…(全30話) | Comments(8)
e0064158_0404068.jpg
e0064158_0412063.jpg
 みなさん、こんにちは、ナイルです。昨日は朝の内は雨でしたが、傘を差すほどでもなく、持っていた傘も差さずに済みました。みなさんは、どちらかにお出かけされましたか~!?
e0064158_042613.jpg
e0064158_0423140.jpg
 わたしは、朝から竹橋の近くで、一日お仕事をしてました。直ぐ側は北の丸公園ですが、午後7時頃まで缶詰状態…無理な事は解っていましたが、お濠の辺りをお散歩したかったですよ…!?
e0064158_0424925.jpg
e0064158_043520.jpg
 さてみなさん、今日は小さなアブさんをUPしました。ここは移動中に時々通る、池の辺の公園なんです。「ノハナショウブ」のお花が、未だ少し咲き残っていましたので、一寸足を止めてみました。  
e0064158_0433068.jpg
e0064158_043531.jpg
 すると、小さなアブさんが飛んで来て、お花にとまりましたよ。『おや~「シマハナアブ」さんかしらね~!?』と、思って写真を撮っていました。すると何を思ったのか、わたしの腕に止まったので、よくよく見ると後足が太いのです…!!
e0064158_044156.jpg
 ※みなさん済みません、皮膚を拡大すると肌理が目だって、我ながらがっかりしてしまいました。お見苦しい物をUPしました…m(__)m
e0064158_0444187.jpg
 後脚の大腿部が太い「アブ」さん…と、言えば「脚太花虻=アシブトハナアブ」さんが、パッと頭に浮かびますが、でも姿が違いますし、大きさだって小さいのです。そして、ハタッと思ったのが「縞脚太花虻=シマアシブトハナアブ」さんの事でした。
e0064158_045572.jpg
e0064158_0453258.jpg
 「シマアシブトハナアブ」さんは、体長が10~13.5㎜…斑紋が綺麗で、胸の背中の縦条が目立つアブさんです。このアブさんは、4~8月に河川敷や湿地で、結構多く見ることが出来るんです。
e0064158_0455257.jpg
 どうですか、小さいけれど中々綺麗なアブさんでしょう…!識別しやすい様に、本家の「アシブトハナアブ」さんの写真もUPして置きますね。左下にあるMoreをクリックして下さい。
 
 ところで、今日は疲労困憊、コメントを頂きましたが、お返事だけで、ブログには伺えませんでした。今夜もまた会議がありますが、帰宅後に伺わせて頂きます。大変申し訳ありませんが、しばらくのご猶予をお願い致します。

More
by brue-nile | 2007-07-23 01:35 | 続・博物記(夏)全40話 | Comments(8)
e0064158_23575484.jpg
e0064158_23582113.jpg
 みなさん、こんにちは、ナイルです。毎日バタバタ動き回っているナイルですが、毎土曜日の夕方には時間を作って、銀座に出る様にしています。土曜日は、友人たちの個展やグループ展の最終日なので、回れるだけ回って歩くのです。
e0064158_23521949.jpg
e0064158_23524012.jpg
でも先週は仕事の都合や台風接近などで、銀座には行けませんでした。銀座では古いビルがドンドン取り壊されて、更地になっています。昨日最後に行った画廊の裏のビルも、いつの間にか無くなっていて、本当にビックリしました。
e0064158_2353262.jpg
e0064158_23535371.jpg
 さて、今日はお馴染みのクマさんをUPしてみました。北海道のお土産と言うと、何故か木彫りのクマさんの置物が多いですよね~。我が家にも探せば5~6個は確実に出てきますよ。アイヌの人々は、キムンカムイ(山の神)として、クマさんを恐れ敬い大切にしています。また有名なイヨマンテ(クマ送り)と言う、お祭りもありますよね。
e0064158_23541654.jpg
e0064158_23544326.jpg
 北海道にだけ生息する「蝦夷羆(樋熊)=エゾヒグマ」さんは、日本で最大の哺乳類です。正確には、哺乳類・食肉目裂脚亜目・クマ科の「エゾヒグマ」さんです。別名は有名な「山親父」とか「アカクマ」と呼ばれています。目や耳より嗅覚が発達していて、風上なら数キロ離れた臭いを嗅ぐ事が出来るそうです。
e0064158_2355460.jpg
e0064158_23552749.jpg
 「エゾヒグマ」さんは、北海道の森林地帯に棲み、雑食性で何でも食べますが、主に草や木の実、昆虫などです。でも食物が不足すると、山から下りて来て畑の野菜を食べたり、ごみを荒らしたり…それだけでは無く、人に危害を与える事もあり、危険な生き物なのです。
e0064158_23554943.jpg
e0064158_23561162.jpg
 でも、ここ旭山動物園ではこの通り、小さな子供には大人気ですし、ひょうきんな仕草に手を叩く人もいましたよ。「エゾヒグマ」さんの体長は、200~230㎝、体重はオスで最大400㎏、メスで230㎏になると言います。
e0064158_23563950.jpg
e0064158_2357773.jpg
 「エゾヒグマ」さんは、11月下旬に冬ごもりに入り、翌3月頃までは何も食べません。繁殖期は5~7月で、妊娠期間は180~266日、冬ごもりの間に2~3頭を出産します。生まれたばかりの赤ちゃんは、体長20㎝、体重は400g程度ですが、1年後には体重が50㎏程になります。
e0064158_23572979.jpg
 今日は朝から夕方迄、大きな会議に出席します。最近は寝不足が祟って、疲れが取れません。会議には気合を入れて臨みたいので、今日は早めに休む事にしました…でも眠れるかな~!?眠れないと悲惨な事に…!?
by brue-nile | 2007-07-22 00:55 | 北の大地へ…(全30話) | Comments(10)