ブログトップ

ナイル商会

thenile.exblog.jp

何時も有難うございます!ご訪問頂いたお客様も203,060 人を超え、新たな目標に向かって歩んでいます。身近で出遇った小さな生き物達や植物など、気ままにナイルがご案内しています。 ナイル商会・管理人

カテゴリ:作品 /展覧会( 26 )

 8月最後の週になりますが、久し振りの水彩画の個展を、銀座の画廊で開催する事になっています。仕事の合間に制作をしているのですが、なかなか思った様な作品が出来なくって、かなり焦っています。今回の個展は画廊企画なので、本当は嬉しいはずなのですが、仕事やら何やらで多忙な毎日を送るナイルなので、制作に身が入らなくって困っています…(涙)個展のタイトルは「ナイルのまなざし」で、新旧の透明水彩の作品とデッサンを展示するんですよ。
e0064158_2383645.jpg
 でも期日が迫って来たのに、案内ハガキに載せる様な作品がどうしても描けずにいたんです。でも、背に腹は変えられず、何とか仕上げたのが今日UPした作品です。まあまあ満足出来る部類の作品なので、これで版下を作り今夕雨の中、印刷業者に持って行きました。
 初めての業者でしたが、電話での対応が良かったので、他を当たらずに決めてしまったのです。選んだ紙質は、アートコート紙の220kgの特厚にして、オフセット印刷で500枚注文しました。版下だけで安価に出来る、ネット注文の業者が多いのですが、対面して校正など依頼しないと、後々後悔することになるんです。
 時期も丁度良いので、暑中お見舞い状を兼ねる形式にしたので一石二鳥…納品は約1週間後なので、届いたら各画廊や画材店を回って、案内状を置かしてもらうようお願いしなくっちゃ…勿論、企画展の画廊には100枚は届けておかなくっちゃね…時間を捻出する為に、今からスケジュールを詰めておく必要があります。
 尚、この作品のタイトルは未だ決まっていませんが、モデルは近所の野良猫エルザちゃんです。作品の大きさは縦が285㎜で、横が235㎜、Cansonの水彩紙に、透明水彩で描いています。クリックすると大きくなりますから、是非試してみて下さいね。
by brue-nile | 2009-07-24 23:57 | 作品 /展覧会 | Comments(16)
e0064158_18391075.jpg
 お友達の“びんびん”さんが、個展を開催される事になりました。「ナイル商会」は偶に、展覧会の案内もしていますので、久し振りにお友達の個展案内をUPしてみました。
  期日も明日がオープンですので、慌ててのご紹介です。もしお近くに行かれた時は是非画廊を訪ねて、びんびんさんの渋い水のある風景を、お楽しみ頂けたらと思います。詳しくは美術評論家の中野 中氏が寄稿していますので、ご参考になさって下さい。
e0064158_1840535.jpg
e0064158_18402154.jpg
 残念な事に、文字&地図部が圧縮画像のため、大変お見苦しくなっております。でも、文字&地図上をクリックし拡大して頂くと、かなり鮮明な画像が見られます。 また、素晴らしい作品がいっぱい掲載された、びんびんさんのブログでは、綺麗な案内状がUPされていますので、是非遊びに行って下さいね。よろしくお願い致します。

びんびんさんのブログは、ここからどうぞ⇒びんびんのガレージ
by brue-nile | 2008-11-09 18:58 | 作品 /展覧会 | Comments(12)
e0064158_0524962.jpg
e0064158_0442553.jpg
e0064158_046196.jpg
 みなさん、こんにちは、ナイルです。一旦上がった雨が、また降り出して来て、今では本降りになりました。気温も低く、冬の頃の様な寒さです。
e0064158_0471013.jpg
e0064158_0473721.jpg
 さて、今日はわたし・ナイルの大切な記念日なんですよ。上の文字でお判りと思いますが、わたしのお誕生日なんです。
e0064158_0475991.jpg
e0064158_0482476.jpg
 毎年忙しい中での記念日ですから、忙しさが一段落する頃に、お祝いをする事にしています。でも、今日は早めに帰宅して、久し振りに凝ったお料理を作って、取って置きのワインを頂こうかな~なんて思っています。
e0064158_0485951.jpg
e0064158_0503299.jpg
 今日は、記念日なので、「ナイル商会」も何かしようかな…?と思いましたが、考える時間を睡眠に使いたいので、お花の写真を並べてみました。華やかの物はわたしには似合いませんから、こんなお花達になりました。
e0064158_051065.jpg
 それから今日は、友人達の展覧会のご案内もしたいと思います。こんな素敵な作品を見ると、わたしも頑張らなくっちゃ…と言う気持ちになります。みなさんお時間がお在りでしたら、是非お出かけ下さいね。
e0064158_0512395.jpg
e0064158_053199.jpg
 日曜日に行って来たのは、この展覧会とレセプションなんです。お友達が沢山いるので、旧交を温め合って、楽しいひと時を過ごす事が出来ました。
 この写実画壇会員の山口嘉民さんは、ブログも開設しているんですよ。通称ダット君ですから、みなさんも是非遊びに行って、素晴らしい作品を鑑賞して下さいね。
e0064158_0534871.jpg
   この作品は、山口嘉民さんの写実画壇出品作ですよ。「製剤所のある風景」100F

 山口嘉民さんの「製剤所のある風景」は、綿密に計算し尽くされた、褐色のハーモニーが美しい、油彩画の大作です。山を巡る澄んだ空気が、作品の中に塗り込まれている様で、見る者を引き付ける不思議な魅力に溢れています。クリックして、拡大画面でご覧下さいね。
e0064158_0544576.jpg

                金子 靖 油絵展
                会期/2007年4月12(木)~18日(水)
                会場/ギャルリー・コパンダール
                   11:00AM~6:00PM
                 (会期中無休、最終日6時閉場)
e0064158_0555720.jpg
              作品(上)「木立」 10号 & (下)「道」 4号
e0064158_114490.jpg
 金子靖さんは、写実画壇会員、時のかたち会員、グループげんばじん同人です。エキサイトで「ガカネコの巣」と言うブログも開設している友人です。ここ7~8年早朝の森で制作を続けていて、今回の個展は、森での作品を主体に、街と花の作品も展示するとの事です。
 
 自然を愛するからこそ描ける、素敵な作品の数々…光と影が躍る樹々の肌や、森の静かな佇まいを、独特の柔らかな色彩で表現する、ガカネコ・金子靖さんの、心癒される個展です。今回は「桜」の作品も出品されるとか…どんなかな~?楽しみな展覧会です。
e0064158_1433379.jpg
     ギャルリー・コパンダール/〒104-0031 中央区京橋2-7-5 京二小林ビル1F
              TEL 03-3538-1611  FAX 03-3538-1633
             ●地下鉄銀座線、京橋駅6番出口より、徒歩2分
             ●都営地下鉄浅草線、室町駅、A6番出口より、徒歩3分
e0064158_355935.jpg

by brue-nile | 2007-04-04 02:11 | 作品 /展覧会 | Comments(14)
e0064158_2112893.jpg
 みなさん、こんにちは、ナイルです。春の嵐でしたね…激しい風に叩きつける様な雨でした。みなさんは如何でしたか…、被害に遭われた方が、いらっしゃらない事を望みます。
e0064158_212073.jpg
e0064158_2122026.jpg
 さて昨夜は重要な会議が在って、昼間の仕事を終えた後に雨と風の中、会場迄行って来ました。会場はわらしの自宅がある駅の隣の駅で、会場も駅から徒歩6分位ですから、アクセスは非常に便利なのです。
e0064158_2124065.jpg
e0064158_2131718.jpg
 会議後は会場を別の場所に移して、主だったメンバーだけで一寸した、話し合いの席をもうけました。最近出来たばかりの「モンジャ焼き」のお店でしたが、何時もなら空き待ちの人達が多くいるのですが、嵐のせいか待たずに席に着く事が出来ました。
e0064158_2135975.jpg
e0064158_2143725.jpg
 お店の支店がわたしの事務所近くと、母の家の傍にもあるらしいので、美味しかったら行ってみようと思いました。でも、先日行った本場「月島」の味とは、大違いでわたしの好みではありませんでした。お店の人は「創作モンジャの店」と言っていましたが、何か違うな~と不満が残りました。
e0064158_2154646.jpg
e0064158_217239.jpg
 一緒に行った人達は、それなりに美味しい、と言っていましたが…!?店を出た時は既に雨は上がっていました。私鉄のホームでは、待つことなく電車が来ましたので、午前0時前には自宅に戻る事が出来ました。
e0064158_2172437.jpg
e0064158_2175335.jpg
 ところでみなさん、今日は投稿の時間が遅くなりましたので、ブログの準備が出来ていません。それで、先日見て来た織物の展覧会から、作品の1部をご覧頂こうと思います。平田春海さんの個展、~気紛れな布達~、から彼女の布たちの、透ける美しさを撮ってみました。
e0064158_218144.jpg
e0064158_2183177.jpg
 織物作家の平田春海さんは、わたしの古い友人です。もう随分会っていなくて、人を介して再会したのです。生まれは東京、わたしと同じ江戸っ子ですが、現在は新潟で可愛いペットのネコちゃん達と暮しています。個展の初日だけ在廊との事で、どうしても会いたくて、出掛けて行きました。
e0064158_219252.jpg
 気が遠くなるほどの、インターバルがあったのですが、そこは気心が知れた友人同士、昨日あったばかりの様な気分で、会えなかった事が嘘の様に、少しも変わらず楽しい時を過ごしました。
 草木染の絹やウールを繊細に織り上げた、平田春海さんの美しい布たちは、光を通すたびに表情が変わって、微かな風に揺れる度に、密かに息付く様でした。特に「紅絹=もみ」の美しさにご注目…日本の朱色は、この紅絹色なんですよ。

※この美しく繊細な布たちの写真は、クリックすると大きくなります。どうぞ大きな画面でお楽しみ下さい。
by brue-nile | 2007-03-06 03:03 | 作品 /展覧会 | Comments(2)
e0064158_192824.jpg
 みなさん、こんにちは、ナイルです。2月最後の日曜日は、とっても寒くなった東京です。わたしは、日曜日と言っても、お休みじゃなくて、大事なお仕事があるんです。
e0064158_195426.jpg
 このお仕事には、隣の神奈川県迄行っているんですが、何時も午前中で終わるんです。午後は自由な時間が取れるので、あっちへふらふら…こっちへふらふらが、何時もの日曜日の過ごし方なんですよ
e0064158_110118.jpg
 昨日の午後は、友人たちの展覧会の初日なので、寒さを堪えて行って来たんですよ。他にも回りたい展覧会が在ったのですが、時間の都合上止める事にしました。
e0064158_1105573.jpg
 友人たちの個展は、各自かなり離れた場所なので、移動で時間が掛かってしまうのです。最初に行ったのが、江戸情緒が今も残る「佃島」です。ここは、江戸っ子ナイルの血が踊る場所なんです。
e0064158_1111871.jpg
 地下鉄・有楽町線に乗って、月島で降りるんですが、有名な「もんじゃ焼き」が店を連ねる辺りとは、反対側を右に、「佃大橋」方面を進んで行くと、直ぐ水路が見えて来ます。水路の反対側は、有名な「住吉神社」ですが、ここは無視して「佃公園」に向かいました。
e0064158_1124633.jpg
 「佃公園」を抜けていけば、個展会場は凄く近いのですが、わたしは迂回していく事にしました。何故かと言いますと、公園は「墨田川」に面しているんです。
e0064158_1132173.jpg
 「隅田川」沿いには、デッキの様な散策コースが続いていて、川を眺めながら歩きたかったのです。桜の季節は、素晴らしく綺麗なんですよ。
e0064158_1134664.jpg
 川の風は冷たくて、未だ桜の蕾は固いままでしたが、時おりボートやシーバスが渡って行きます。普段なら「ユリカモメ」さんの姿が見れるのですが、いるのは反対岸で盛んに飛び回っていました。
e0064158_1141019.jpg
 「墨田公園」の散策デッキが終わる場所に在るのが、写真の「中央大橋」なんですよ。この橋の袂にあるのが、画廊が在る「ピアウエストスクエアー」なんです。かなり回り道をしたので、大急ぎで右に向かって歩いて行きました。
e0064158_1152980.jpg
 みなさん、この写真の方の個展に、行って来たのです。個展のタイトルは「Zen meditation ・狩野炎立 アルメリア国立美術館収蔵記念展」です。 狩野炎立(かのう えんりゅう)さんは、国際的に活躍している陶芸家、金属工芸作家そして、野焼き作家なのです。
e0064158_1155248.jpg
 今回は、たった1点のみの展覧会で、オープニング・イベントとして、日本フィルハーモニー交響楽団1stヴァイオリン奏者の、松本克己さんのミニコンサートが開催されたのです。狩野炎立さんの作品に捧げた「バッハのシャコンヌ」は圧巻でした。
e0064158_1161555.jpg
 狩野炎立さんは1970年に大田区に築窯、87年には神奈川県藤野、97年には群馬県藤岡に築工房。1975年からは、ニューヨーク、ロス、フランクフルト、ブルュッセル、パリ、銀座、横浜、サンクトペテルブルグ、エレバン(アルメリア)等で個展70回を、全て画廊企画で開催。
e0064158_1164278.jpg
 彼の作品は世界各地に、収蔵されています。主にファエンツア国立陶磁博物館、スペンサー美術館(全米1の禅に関する博物館)、アルメリア国立美術館、南京江蘇省美術館、中国美術家協会(北京)、スリダラダ マリガワ寺院(スリランカ)、清華大学美術館(北京)、パシフィックデザインセンター(L.A)等多数。 
e0064158_117295.jpg
 1998年、「神奈川国体」のオープンイベントとして、依頼を受けた野焼き「炎雨」は、上空50メートル、直径50メートルに及ぶ火の雨を降らしました。文字通り、天空をも焦がす超巨大野焼きで、一躍狩野炎立の名を、不動の物にしました。
e0064158_232289.jpg
 まだまだ書く事が一杯あるのですが、長くなり過ぎますので割愛します。みなさんもお時間がありましたら、是非お出かけ下さいね。会場は上の写真の「GALLERY NEWEDITION」です。2月25日(日)~3月3日(土)、11am~6pm、中央区佃1-11-8 ピアウエストスクエア1階、TEL03-5548-5858
 ここだけの話なんですが、わたしが以前展覧会をやった時、お祝いに自作の「ぐい飲み」を頂いちゃいました。実はわたしの家系は、陶芸作家が多いのです。そんなこんなで、プレゼントして下さったのですよ。
by brue-nile | 2007-02-26 02:24 | 作品 /展覧会 | Comments(8)
e0064158_156749.jpg
 みなさん、こんにちは、ナイルです。展覧会が終った途端、朝から夜10時過ぎ迄仕事でした。帰宅は夜の11時…疲れて何もする気が起きません。ところで昨日はわたしの体調が最悪で、その悪い波動?がPCに連動したのか、何度ブログの更新を試みても、頻繁にフリーズしました。午前3時半迄、何度も繰り返してみましたが駄目で、結局諦めてしまいました。
e0064158_1565681.jpg
 今日は疲れが酷いのですが、更新は出来そうです…ほっとしていますよ。「にゅ~いゃ~・ぷれぜんつ展」開催に当たっては、ブログのお友達など、大勢の方々が応援して下さいました。改めて御礼申します…みなさん、本当にありがとうございました。頑張って4月の「BCAC展」に臨む事が出来そうです。
e0064158_1571636.jpg
 この「BCAC展」は、「にゅ~いゃ~・ぷれぜんつ展」同様に、昨4月にわたしが立ち上げた会なのです。「ベスト・キャット・アーティスト・クラブ」の頭文字を取って「BCAC」と言います。
e0064158_157406.jpg
 こちらは画廊のバックアップがありますので、非常に楽なのです。ネコ関係のグループは他にもあるので、他とは全く違った会にするのが、わたしの望みなんですよ。また、今回のメンバーと同じでは、代わり映えしないので、違ったメンバーでの展覧会となります。
e0064158_1585579.jpg
 さて、この写真の若い女性は、わたしのブログでリンクしている「Tracing Melody」のJuEちゃんです。上海から帰って来たので、見に来てくれました。わたしの作品の前で写真を撮ったので、自作のタイトルをお教えしましょうね。ガラス入りの額の為、白い丸状に光りが入ってしまいました。また「パティ」には、他の作品が映ってしまっています。
e0064158_203011.jpg
 彼女の左の透明水彩画は「夜のフレッド」です。右上は「パティ」、その下は「チャーリー」、小さな物は「マサト」ですよ。ちょこっと見えてるのは、今日の上から3枚目の「フー」です…ここには在りませんが、小さな作品は3枚あって、もう1枚は「イト」です。
e0064158_205254.jpg
           (最初の写真以外は、クリックすると、大きくなります。)
e0064158_211587.jpg
 さてこの作品は。古代文字作家の「吉川まみ」さん作の「水」です、詳しくは下の説明を見て下さいね。現在博士課程で、殆どインドなどで発掘のお仕事をしている、素敵な女性ですよ。
e0064158_214856.jpg
 この下の作品は、わたしのブログのコメントで、ご存知の方も多いと思いますが、国際現代美術家協会(ima)&神奈川県美術家協会(県展)の会員で、新進作家「中山ラヴィ」さんの、韓国の和紙を使った作品です。
e0064158_222763.jpg
 最後の写真は、可愛い「もなみ」ちゃんです…仙台生まれですが、ママの実家(東京)の傍に、パパやお兄ちゃんと一緒に帰って来ました。他にも沢山ご紹介したい作品があるのですが、それは何時か機会があったら…と、言う事にしましょう…何故なら現在午前3時になりました。そろそろ寝ないと、疲れが残ってしまい明日の仕事が出来ないかも知れないからです。
e0064158_225018.jpg

by brue-nile | 2007-01-17 03:10 | 作品 /展覧会 | Comments(12)
e0064158_0423836.jpg
 みなさん、こんにちは、ぼろぼろ状態進行中のナイルです。「ぼろ」と言えば今日は世田谷ボロ市の日ですね…そうして、「にゅ~いゃ~・ぷれぜんつ展」の最終の日をむかえました。
e0064158_0451366.jpg
e0064158_0431427.jpg
 午後2時~4時は、会場でささやかな打ち上げパーティーをして、その後は5時までに搬出を完了させないとなりません。5時からは明日からの人達の搬入があるからなのです。
e0064158_043522.jpg
e0064158_0471652.jpg
 そうして、長く親しんだ「月光荘画室3&5」がある新橋会館別館ビルも、今月一杯で閉鎖して取り壊す事になっているのです。画室の最後を見届ける展覧会になったのが、嬉しくも在り悲しくも在りで…何だか感無量です…!
e0064158_0463482.jpg
e0064158_049474.jpg
 来年は果して、何処の画廊でこのグループ展をやっているのでしょうか…それとも、解散してしまっているのでしょうか…?苦労して立ち上げた、「にゅ~いゃ~・ぷれぜんつ展」ですから、来年も遣りたいのが本音です。
e0064158_0505625.jpg
e0064158_056729.jpg
 さて、昨日は、ブログのお友達Kさんが、お忙しい中わざわざお越し下さいました。昨年の個展の時にも来て下さったので、お聞きすると絵画を勉強されていらしたとか…これで素晴らしいお写真の謎が解明されましたよ。
e0064158_0522651.jpg
e0064158_0525142.jpg
 今日は会場の作品達を、一通りご覧頂きましたが、色々な分野の作品があって、なかなか楽しい会だと思われませんか…!?下の写真はナイル作の透明水彩画です。他にもう1点あるのですが、此処には写っていません。
e0064158_1392627.jpg
 搬出後は、九州出張から昨日戻った友人が、お祝い方々来て下さって、何とお食事に連れて行って下さる事になっています…ラッキー!ゴンタのパパさんとアンクさんとの「鱈チリ」以外は、お菓子で過ごした1週間でしたが、やっとちゃんとしたご飯が頂けそうです。(笑) 
 でもぼろぼろ状態のわたしを見て、約束を反故にされてしまうかも…ご飯が食べられないと悲惨なので、今夜は早く休んで、少しでも誤魔化しが効く様にしたいな~と、本気で思っています…(爆)
 
by brue-nile | 2007-01-15 01:50 | 作品 /展覧会 | Comments(8)
e0064158_2326528.jpg
 
 みなさん、こんにちは、ナイルです。ADSLモデムの故障を好い事に、第2回「にゅ~いゃ~・ぷれぜんつ展」の準備に明け暮れておりましたが、今夕5時~7時迄の搬入と展示を、半分だけ済ませる事が出来ました。
e0064158_23303755.jpg
 半分だけと言うのはこのグループ展は、本日午前11時に開催するのですが、午後4時からオープニング・パーティも在るのです。遠方から出品する方々も多く、2日連続は大変なので搬入&展示共に、今日の開催時間に合わせても良い事にしてあるのです。でも、今日に持ち越しの人数が多すぎて、オープン時間帯は、大変な事になりそうです。
e0064158_2333413.jpg
 昨夜の展示終了後は、友人数人とコーヒー&チーズケーキで、お喋りしていましたので、帰宅がまた遅くなってしまいました。今日はこれから、更に制作をしたいと考えておりますので、またまた半徹夜になってしまいそうです。
e0064158_23341212.jpg
 さて、前置きが長くなってしまいました。「ナイル商会」再開に嬉しいお祝いのコメントを、沢山の方から頂いておりますが、自分勝手で申し訳ありませんが、お返事はもう少し先に延ばさせて下さい。休止中に頂いた沢山のコメントも、必ずお返事を書き込みますので、どうか暫らくのご猶予を頂きたいと思います。
e0064158_23363212.jpg
 ところで、ネコの作品3点は今展の為に制作した、水彩画です。上のバイカラー(2色の毛色)の作品のマット部分には、USのデザイナー・コットンを使ってみました。下の2点は超ミニチュア作品で、画面はタバコのパッケージの半分位の大きさです。
e0064158_23364431.jpg
 それから、下の2枚の写真はブログ「旅人主義」の、mstgnさんのモノクロ写真(全てA4)です。過日ご自宅で開催された「小さな小さな会津展」からの物です。お写真は勿論、お人柄も素晴らしい方ですので、今回お誘いしたところ、気持ち良く受けて下さったのです。
 今回は24名(一人キャンセル)の、様々な分野の方が参加されていますので、昨年以上にパワフルな展覧会になりそうです。わたしの作品は他にも出していますので、またご紹介したいと思います。

              第2回 「にゅ~いゃ~・ぷれぜんつ展」
日時:1月9日(火)~1月15日(月)午前11時~午後6時迄(最終日は午後4時終了)
会場:銀座月光荘・画室5 中央区銀座7-8-15新橋会館別館ビル3F(画室3の次室)
電話:03-3571-1116(会期中のみ直通)

☆みなさん、会場は銀座中央通りの「ザ・ギンザ(資生堂の並び)」の1つ裏の通りにあります。お近くにお越しの際は、是非お立ち寄り下さい。
    
by brue-nile | 2007-01-09 00:35 | 作品 /展覧会 | Comments(10)
e0064158_0141966.jpg
 みなさん、こんにちは、ナイルです。昨日は低気圧の通過で、夕方近くまで強風が吹き荒れましたが、みなさんはどんな日曜日を過ごされましたか…!?わたしは午前中は仕事で出掛けましたが、午後は早々に自宅に戻って来ました。雨の予報も出ていたのですが、午後3時頃から近所の公園にお散歩に行って来ました。
 今日は個展「ナイルのささやき」の筈なのに…変だな~と思っているでしょうね…!でもご安心ください、ちゃんと作品はご覧にいれますよ。でもその前に、この写真を見て頂きたかったのです。実は帰宅時に駅の側の桜の木の一本に、花が咲いているのに気がついたのです。この桜の木は、かなりの大木で背も高くて早春から花が咲くのです。種類は不明ですが、濃いピンク色をしているので、多分「寒緋桜」なのかも知れません。背が高い木なので、花はかなり上の方で咲きます、それで同定が難しいのです。
e0064158_0144189.jpg
 でもこの写真のサクラはこの木の花では在りません。駅の側のサクラの花を見たものですから、その先にある公園に行って見る事にしたのです。これはそこで写した物なのですよ。このサクラは「カワズザクラ=河津桜」と言って、開花時期が早いサクラなんですよ。既に8分咲きでとっても綺麗なので、いち早くみなさんに見て頂きたかったのです。写真を沢山撮って来ましたので、明日の「春の夢」で大発表するつもりです。
e0064158_0485931.jpg
 前置きが長くなりましたね、それでは個展「ナイルのささやき」より…の最後の作品を見て頂こうと思います。わたしの個展の作品の紹介も、今日で最終回となりました。みなさんには当初は個展で展示しました、わたしの代表的な作品数点を見て頂くつもりでしたが、みなさんからの過分なお褒めのお言葉で、気を良くしたわたしはとうとう全ての作品を、紹介する事になってしまいました。
 この二つの水彩画は出来が悪いので、ブログでの展示はやめようかな…と思った作品です。でもモデルは「アビシニアン」と言う種類のネコです。わたしと「アビシニアン」との関わりは深く、やっぱりみなさんに見て頂く方が良い、という決断を下しました。何故かと言いますと、もし「アビシニアン」が居なかったら、わたしはネコの絵を描くことは、多分無かったからなのです。「アビシニアン」達と長く暮らしたわたしだからこそ、わたしだけのネコの絵が描けるのです。「アビシニアン」は、わたしのネコの作品の原点なのです。
e0064158_0491820.jpg
 わたしは美大&研究科卒業後は、油彩や版画で人物ばかりを制作していたのです。でも尊敬する恩師西田勝先生が夭逝し、途方に暮れて泣き明かす毎日でした。見かねた白日会の坂手譲先生から紹介して頂いた、日本の水彩画の大家と称せられた小堀進先生に『ねえ君、油彩だけが絵画じゃないよ、水彩画をやったらどうかね…!?』と諭され、水彩画に転向したのです。両先生とも既に逝去されていますが、わたしの道標になって下さった先生方なのです。
 水彩画に転向してからも人物画オンリーで、風景や生物には全く目もくれませんでした。そんな時、当時非常に高価だった「アビシニアン」を、お誕生日のプレゼントに頂いたのです。それまでは家の中で、ネコを飼った事が在りませんでしたので、最初はちゃんと面倒がみれるかしら…?と不安がいっぱい在りました。でも一緒に暮らして見ると、これほど居心地の良いパートナーは、他には居ない事に気がついたのです。
 そうして「夏のかたみに」と言う作品の中に、始めてネコが姿を見せたのです。そのモデルがわたしが何時も「ナン」と呼んでいた、プレゼントに貰った「アビシニアン」でした。この子にわたしが付けた名前が、「ナイル」だったのです。この青いモーニンググローリーの前の、白いサマードレスの女性とネコ作品は「水彩連盟展」で賞を頂き、わたしの記念すべきネコ作品の第一作目になったのです。
 それから現在所属している「国際現代美術家協会」(ima)移籍の最初の作品(美術館に展示する大きな水彩画)迄は、常に女性と「アビシニアン」を組合わせた作品でした。しかしima2年目からは、画面からネコが姿を消しました。それまでも、ネコは単独で様々な展覧会に出品していました。何も無理やり女性とネコを組み合わせなくても、良いのではないかと考えたのです。
 
 さて上の作品も下の作品も、「アビシニアン」の「ルディ」と言う毛色のネコを、モデルにしています。上の絵はF6号、下の絵はサムホールという大きさです。タッチの違いは紙質の違いが大きいのですが、下の方は更にダイナミックに描いています。上の作品のタイトルは「ささやく瞳」で、下の方は「彼方」です。わたしの今までの個展には、もっと沢山の「アビシニアン」が展示されましたが、ここ数年は近所のネコたちに目を向けてばかりいます。長年同じ種類のネコばかり描き続けたので、その反動かも知れませんね。上の絵のモデルはアスマラ(女の子)で、下のモデルはボンボン(男の子)、我が家で生まれたネコたちです。

 みなさん、最終回は作品より河津桜から、わたしの水彩画のルーツ迄、様々なお話になってしまいましたね。どうか何時もの様に、コメントを書き込んで下さいね。わたしには未だ沢山の「アビシニアン」の作品が在りますので、また折々に紹介して行きたいと思います。
 さて明日は「春の夢」ですので、今日一寸お見せした「河津桜」の特集をしたいと思っています。正に春の夢ですよ…どうかお楽しみに。それではみなさん、明日も「ナイル商会」に遊びに来てくださいね。

※個展「ナイルのささやき」より、は最初から通してご覧頂けますよ。→ナイルのささやき
by brue-nile | 2006-03-13 02:48 | 作品 /展覧会 | Comments(18)
 
 みなさん、こんにちは、ナイルです。昨日の東京は一日雨でした。ブログを更新した時間が午前3時半を回っていましたが、この時は未だ雨は降っていませんでした。でも朝には雨になっていましたよ。夕方一時上がった様に思えたのですが、夜はまたしっかり降って来ました。でも午後10時前には小降りになって、空には雲の隙間からお月様が覗いていました。ぼんやりした月の光に照らされた雨の糸たちは、とっても幻想的に見えました。
 日替わりメニューでお送りしていますが、今日はわたしの個展「ナイルのささやき」から、鉛筆画を2枚見て頂こうと思います。シリーズで楽しんで頂きました、個展「ナイルのささやき」の作品は残りが僅かで、明後日の第14回で終了します。その後は少し間を空けて、わたしが別の展覧会などで発表した作品を、またみなさんに見て頂こうと思っています。
 今日はクロッキー(速描)の女性のヌード作品を2枚見て頂きます。クロッキーの場合は大概クロッキー用紙に木炭等で描くのですが、わたしは水彩紙に鉛筆で描きました。クロッキーを水彩紙に描くなんて、とっても勿体無いのですが、後々で着色する事がありまので、わたしは水彩紙に描くのです。
e0064158_2345255.gif
e0064158_112213.jpg
e0064158_2334797.gif
 この作品はプロのモデルさんを、アトリエに呼んで描きました。わたし一人では勿体無いので、モデルさんを使う時は何時も、男性の画家友達を2~3名招待します。今回はとっても綺麗なモデルさんで、友人達は固定ポーズではなくてクロッキーが遣りたいな、と言うのでクロッキーになったのです。
 固定ポーズと言うのは、20分間の同じポーズを5~6回続けてする事なのです。クロッキーは5分、10分とか20分の単位で、全部違ったポーズをします。わたしの所では20分ポーズしてもらって、10分のお休みがあり、これを6回繰り返します。でも最後のポーズの後には、勿論10分のお休みは在りません。
 この2枚の作品は沢山描いた中から選んだ物です。最初の作品は現在は手元には在りません。個展に来て下さった女性のお客様の、ご自宅に飾ってあります。
e0064158_2352947.gif
e0064158_1111540.jpg
e0064158_236354.gif
 彼女が被っているのは、手編みの綿レースのテーブルクロスです。こちらは10分のポーズでしたので、少し丁寧に描いてみました。横顔が素敵なモデルさんなのですが、一寸上半身だけですと物足りません、それでレースを被ってもらったのです。エキゾティックな表情が出て、自分では中々気に入っています。
 ヌードを描くのは人物画は勿論、その他の物でも絵画を描く為には、とっても重要な基礎なのです。身体が描けなければ、幾ら綺麗なドレスの女性を描いても、薄っぺらなドレスだけの絵になってしまいます。ドレスは身体の上に着ている訳ですから、身体が描けなければ作品にはならないのです。
 ドレスの皺一つとっても、その下の身体がどんな動きをしていると出来るのか…服と身体の接点がどうなっているのか…など、人物画はとっても難しいのです。一寸でもデッサンが狂うと可笑しな作品になりますし、魅力ある作品を制作するには、どうしても人体を描く必要が在るのです。でもヌードを水彩画で描くのは難しくて、わたしには描けません。
 
 何時もデッサン会が終了した後は、わたしが作ったお料理を囲んで歓談します。モデルさんも一緒に仲間に加わって貰います。こう見えても、わたしは結構お料理上手なのです。本当なんですよ…デッサン会よりも、お料理目当てに来る人もいるのですから…(笑)
 当日のメニューは「ナイル風海鮮スパゲッティ」以下「ナイル風」を省きます「和風スパゲッティ」「きのこのピザ」「ピザ・マルゲリータ」&「海賊サラダ」です。飲み物は各自が、会費代わりに持参したワインなどです。パーティーは遅くまで続き、終電に間に合う時間ギリギリに、お開きにしました。

 みなさん、今日のクロッキーは如何でしたか?何時もの様に是非沢山のコメントをお寄せ下さいね。人物画を描く上でのわたしの拘りが、少しお判り頂けたかなって思います。
 さて明日は綺麗な早春のお花たちに、水鳥さんを取り混ぜてお送りします。土曜日の今日はお天気が回復して、気温も高くなるみたいですよ。それではみなさん、楽しい週末をお過ごし下さい。
by brue-nile | 2006-03-11 02:50 | 作品 /展覧会 | Comments(10)