ブログトップ

ナイル商会

thenile.exblog.jp

何時も有難うございます!ご訪問頂いたお客様も203,060 人を超え、新たな目標に向かって歩んでいます。身近で出遇った小さな生き物達や植物など、気ままにナイルがご案内しています。 ナイル商会・管理人

カテゴリ:雑記帖( 4 )

e0064158_056295.jpg
 あ~あ、ついにこの日がやって来ました…。一年前を振り返って見ても、全然成長していないな~って思います…この“成長”は精神の面からのものであって、決して表面的なものでは無いのですが…。
e0064158_0572491.jpg
e0064158_0573995.jpg
 でも、表面的には成長し過ぎてしまって…一体何を言いたいかと言えは、今日はわたし・ナイルのお誕生日なんです。要するにまた一つ歳を取ってしまった事を、嘆いている自分がいる様な気がしているんです…。
e0064158_0575368.jpg
e0064158_0581867.jpg
 何だか何もしないで、ズルズルと歳を取って行くようで、これは一寸考えないと大変な事になりそう…。何だかジタバタと1年を過ごして来たようで、ジタバタだけで終わってしまったようで、ちょっと後悔したりもしています。
e0064158_0594063.jpg
e0064158_0595658.jpg
 今年もまた過ぎ去った様々な事に対して、哀切の念で胸がチクチクしています。それに、何かとっても大事な物を無くした様な不安が一瞬過ぎって、ちょっとドキドキして来ています。
e0064158_101246.jpg
e0064158_102797.jpg
 今年こそは、今年こそは…絶対探している物を見つけて、それを自分の手で掴んでみたい…そして、両手に挟んで転がして見たい…でも、探しているいる物って、果たして一体何なのだろうか…と!?
e0064158_104366.jpg
e0064158_105961.jpg
 分らない物を探す程、難しい事はないし…それが見つからないまま、只ダラダラと歳を取って行かなければならないのか…でも、今度こそグズグズしないで、必ずって思うのが自分の生まれた日、春の最中の4月4日なんです。
e0064158_11144.jpg
e0064158_112914.jpg
 でも、それってもしかしたら、直ぐ近くにある物かも知れない…身近にあるので見えないだけかも知れない…自分が生まれた日だからこそ、それが見つかると良いな~って思っています。今日は、今日だけは、一寸意識を開放してみるのも良いかも…!?
e0064158_131691.jpg
 今日は訳の分らない事を、ついつい書き連ねてしまいました。お友達のみなさん、お騒がせ致しました…m(__)m 最後になりましたが、写真の解説を少々…と言っても、見ての通りのウィンドウ・ディスプレイです。最近欝々としてますので、気分を高揚させようと思って、同じような絵柄ですがUPしてみました…わたしの性格って、もしかして暗かったのかも…!?(;一_一)
by brue-nile | 2009-04-04 02:17 | 雑記帖 | Comments(16)
e0064158_044166.jpg
e0064158_053226.jpg
 みなさん、こんにちは、ナイルです。昨日は当「ナイル商会」へのお客様が3、000人を越えて、3、059人となりました。「ナイル商会」開設118日目の事でした。お礼のご挨拶は昨日の「アートしている葉っぱ達」の末尾に書き添えました。でも、とってもエキサイティングで嬉しい出来事でしたので、今日の「ナイル商会」はちょと変わった趣向で、お楽しみ頂きたいと思います。わたしの感謝の気持を込めて、旧き時代の夢の町にご案内しようと思います。わたしの感謝の気持を、花束に託して…
 今日はナイル渾身?のラヴ・ストーリー「花束が伝えた思い」ですよ。
e0064158_054466.jpg
 クリスマスが終わり、この町では新しい年の始まりを祝う準備に余念がありません。この帽子のお店は、マーガレット(ミミ)・ティルソンが一人で切り盛りしているブティクです。ミミは町一番の美女で沢山の男性の憧れの女性なのです。今夜は男友達の一人のテイト・ゴードン氏とお食事に行く事になっています。ミミは優しくって頼りがいが在る彼を、心から愛していました。でも、そんなミミの本心を知らないゴードン氏は、若くて綺麗なミミを崇拝していますが、自分は年寄りでハンサムとは言いがたい事を、何時も気にしていました。
e0064158_055744.jpg
 美しいミミが自分とデートしてくれるのは、もしやお金が目当てではないのか、男やもめの自分に単に同情してくているだけ、ではないだろうか…と何時も不安に思っていました。しかし今夜は二人で食事に出掛け、その後はダンス・ホールに踊りに行こうと考えていました。今日はとっても寒いので、ビーバーの襟とカフスが付いた厚いコートを着ました。ゴードン氏は、少しでも彼女に気に入ってもらおうと、服装には気を使っていたのです。ゴードン氏はミミに何かプレゼントがしたいと思い、途中で花屋に寄って黄色と紫の花で、大きな花束を作って持って行く事にしました。彼はミミが何時もブティックに、生花を絶やさずに飾っている事を知っていたからです。彼女の喜ぶ顔さえ見れたら、それだけで自分も幸せになれるのです。ゴードン氏はあえて薔薇の花束を選びませんでした、さり気なく自分の気持を伝えるには、野に咲いている様な花の方が合っていると思ったからなのです。
e0064158_061965.jpg
 ミミはゴードン氏の花束に驚きました、何故かってそれは今夜の自分のドレスに、誂えた様にぴったりの花束だったからです。ミミは感激のあまりゴードン氏の手を取り言いました。『今まで色々な男性から様々なプレゼントを貰いましたわ…でも高価過ぎたり好みの物ではなかったので、少しも嬉しくは無かったの、でも本当に嬉しいと思ったのが、テイト…あなたからのこの花束ですわ!』
e0064158_082617.jpg
 その後二人は結婚して、何時までも幸せに暮らした事は、言うまでも在りません。大切な人へのプレゼントは、高価な物ではなくても、贈る人の心がこもって居れば、きっと気持は通じる物なのです。
                    (このお話はナイル作のフィクションです)
by brue-nile | 2005-12-29 01:58 | 雑記帖 | Comments(12)
e0064158_2353674.jpg
 何時も夢見るのは、知らない場所に在るはずの、わたしだけの秘密の庭園。知らない場所のはずだけど、何故か来た事がある様な、そんな不思議な懐かしさに、わたしは胸を躍らせる。知らない場所のはずだけど、それは確かな記憶…きっとここが秘密の庭園への入り口…
e0064158_235993.jpg
          …入り口の向うにはきっとある、それはコリウスの庭園…。
by brue-nile | 2005-09-29 00:16 | 雑記帖 | Comments(6)
 今日は仕事のお付き合いで、静岡方面にバスで行きます。朝5時40分に家を出るので、今日の「ナイル商会」は開店休業、何時もと一寸違います。美しさって、何だろう?が今日のお品書きです。
e0064158_23535667.jpg
       ジーニアと一文字セセリ(上)、シャスタ・デージーとモンシロ蝶(下)
e0064158_23575390.jpg

 あなたはどっちの方が綺麗だと思いますか?この2枚の写真を比べるのは多分無理、色の好き嫌いではなくて、赤と白の2枚の写真が各々をより強調するので、この色の対象(反対色)で両方とも更に美しく見えるのです。赤だけだったら派手すぎるし、白だけだったら地味な写真に成ってしまいますよね!紅白の垂れ幕に日の丸等々、もっとも単純な2色使いでとってもインパクトがあるでしょう!美しさとは錯覚、そして正反対での勝負。近頃の女性たちは自分らしさを知らないので、みんな同じに見えてしまいます。
e0064158_1891833.gif

by brue-nile | 2005-09-11 00:40 | 雑記帖 | Comments(0)