ブログトップ

ナイル商会

thenile.exblog.jp

何時も有難うございます!ご訪問頂いたお客様も203,060 人を超え、新たな目標に向かって歩んでいます。身近で出遇った小さな生き物達や植物など、気ままにナイルがご案内しています。 ナイル商会・管理人

カテゴリ:博物記(春)全70話( 70 )

e0064158_1291579.jpg
e0064158_1294026.jpg
 みなさん、こんにちは、ナイルです。5月の終わりは雨の日になっています。昨日は本当によく降りましたね~時々土砂降りでしたよ…!気温が低かったですが、今日は更に低くなる様です…風邪引かないようにしませんとね…!!
e0064158_1301059.jpg
e0064158_1303712.jpg
e0064158_1314390.jpg
 さて今日は毎度お馴染みの、セセリチョウさんのお仲間ですよ。この子は黒褐色で、し脈が黒色のセセリチョウさんです。林の周辺に多いのですが、市街地でも出遇う事がある普通種なんです。でも西南諸島を除く、日本列島の特産種なんですよ…。
e0064158_132657.jpg
e0064158_1323749.jpg
e0064158_133039.jpg
 去年も今頃UPしたのですが、結構動きが素早くて中々とまってくれませんよ。飛び方は直線的に素早く、ぴゅ~ん…と飛んでは、お花で吸蜜しますよ。どうやらハルジオンが大好きの様で、このお花を探せば遇える確立が高いですよ。
e0064158_1332644.jpg
e0064158_1334739.jpg
       (写真をクリックしてみて下さいね。大きな画面でご覧頂けますよ。)
e0064158_134988.jpg
 みなさん、この子はセセリチョウ科セセリチョウ亜科で、「小茶翅挵=コチャバネセセリ」さんと言いますよ。この子の大きさは14~19㎜で、先日ご紹介した「オオチャバネセセリ」さんよりは、一寸小柄な子ですよ。
e0064158_1343319.jpg
e0064158_1345562.jpg
e0064158_135148.jpg
 「コチャバネセセリ」さんの棲家は平地~山地です。平地だと年2回、5~6月と7~8月に出現し、山地では年1回出現します。オスは結構気が荒くて、なわばりに侵入者があると、激しく追い払います。
by brue-nile | 2007-05-31 02:08 | 博物記(春)全70話 | Comments(10)
e0064158_0121080.jpg
e0064158_0135799.jpg
 みなさん、こんにちは、ナイルです。先日の暑さが嘘のような、肌寒~い東京地方です。昨日は午後から雲ってしまい、おまけに冷たい風が吹きだして、夕方からは一段と寒く感じましたよ。
e0064158_0142240.jpg
e0064158_0144676.jpg
e0064158_015679.jpg
 今日はまた雨になるとか…午後からお休みにして、渋谷まで展覧会を見に行く予定にしているのですが、雨だと一寸億劫だな~と思っています。一応お友達と約束はしてあるので、小降りなら良いですがね~!
e0064158_0152951.jpg
e0064158_0154913.jpg
        (写真上をクリックすると、別ウィンドウが開き大きく表示されます。)
e0064158_0171430.jpg
 さて今日は、わたしのブログには何度か登場している、小さくて地味なチョウチョさんをUPしました。お庭や道端、公園の隅などでもよく見かける子です。もし目の前にいても、誰も気に留めずに通り過ぎてしまう、本当に目立たないチョウチョさんなんですよ。
e0064158_0173484.jpg
e0064158_0175431.jpg
e0064158_0182164.jpg
 でも、よく見れば可愛い子なんですよ…裏面は細かい漣模様ですが、前翅に1個後翅に5~6個の、蛇の目の斑が在ります。みなさん、この子はタテハチョウ科ジャノメチョウ亜科の「姫裏波蛇目=ヒメウラナミジャノメ」さんと言いますよ。
e0064158_0184721.jpg
e0064158_020226.jpg
e0064158_0203021.jpg
 この子は飛ぶ時は翅を立てたまま、草の上を低くリズミカルに飛びます。その姿はまるで、草の上を飛び跳ねている様に見えますよ。そうやって色々なお花で吸蜜するんですよ。朝から夕方迄飛び回っている、とっても元気なチョウチョさんです。
e0064158_0205417.jpg
 「ヒメウラナミジャノメ」さんの大きさは18~24㎝で、春に姿を見せる子は大きいです。生息地は雑草が茂る、明るい場所です。
 みなさん、この子についての詳しい解説は、以前しましたので今回は簡単に済ませました。
by brue-nile | 2007-05-30 00:55 | 博物記(春)全70話 | Comments(14)
e0064158_02829.jpg
e0064158_0282675.jpg
 みなさん、こんにちは、ナイルです。昨日は前日の夏日が一転、10℃も低くなって肌寒い一日になりました。でも、朝から夜まで、ず~と屋内にいましたから、日中はあんまり関係がありませんでした。
e0064158_0284854.jpg
e0064158_029119.jpg
e0064158_0294045.jpg
 でも、帰宅時は寒かったですよ。現在は何だか寒くて、ヒーイターを入れていますよ。それに疲れ切って、眠くて眠くて…、最近は妙に眠たくなるんです。一瞬の眠気が去れば、後はすっきりするのですが…!?
e0064158_030361.jpg
e0064158_0303210.jpg
e0064158_0305718.jpg
 さて、今日の子も、薔薇のお花に潜りこんでいたんですよ…!実は4月にもっと小さい姿の時に、遇っているんですよ。この子は赤ちゃん時代から、姿は大人に似ていますので、同定がし易いですよ。みなさんも、お花の上を探して下さいね…長いお髭を揺らしながらジーッととまっている、この子に遇えるかも知れません…!
e0064158_0312253.jpg
e0064158_0315044.jpg
e0064158_0321998.jpg
 みなさんこの子は、昨年もご紹介しました、直翅目キリギリス科の「薮螽蟖=ヤブキリ」さんですよ。ヤブに棲むキリギリスさんだから、「ヤブキリ」さんなんです。子の子は未だ子供なので、背中には翅が生えていないので、お腹が丸出しです…。でも下の「オニゲシ」にいる子の肩には、小っちゃい翅が生えかかっていますよ~!
e0064158_032442.jpg
e0064158_033984.jpg
e0064158_0333067.jpg
 大人の「ヤブキリ」さんは、「キリギリス」さんと比べると、翅が長くて、脚のトゲも鋭いですよ。幼虫さんは最初、植物を多く食べますが、大きくなるにつけ動物性の食べも物に変わり、性格も獰猛になります。自分より体の大きな昆虫さんを捕らえて、食べてしまう事だってあるそうですよ。

      みなさん、赤ちゃんの「ヤブキリ」さんは、下のMoreをクリックしてね!

More
by brue-nile | 2007-05-29 00:55 | 博物記(春)全70話 | Comments(6)
e0064158_23433112.jpg
e0064158_23435164.jpg
 みなさん、こんにちは、ナイルです。5月最後の日曜日は、凄~く暑かったところが在ったようですね…!東京の最高気温も、何と29℃ありましたよ。でも雲が多くて日差しを遮るので、それほど暑くは感じませんでした。
e0064158_2344837.jpg
e0064158_23442398.jpg
 今日は早朝から夕方遅くまで、とっても重要な仕事が在ります。その後も会合があったりと、帰宅も遅くなりそうです。今日は早めに更新を済ませて、体力温存の為に一刻も早く休みたいと思います。
e0064158_23444385.jpg
e0064158_2345253.jpg
 さて、みなさんこの時期は、薔薇のお花が綺麗ですよね~!?でも薔薇のお花には、色々な昆虫さん達が集まって来るんです。お花の中を一寸覗いて見れば、いるんですよね~、、あんな子やこんな子が…薔薇に埋もれて、幸せそうにしているんですよ。
e0064158_23453190.jpg
e0064158_23455192.jpg
 今日の写真の子も、薔薇が大好きなコガネムシさんのお仲間なんですよ。この子を良く見て下さいね、後脚が長いでしょう…!みなさん、それでこの子の名前は、甲虫目コガネムシ科の「姫脚長黄金虫=ヒメアシナガコガネ」さんと言いますよ。
e0064158_23461651.jpg
e0064158_234637100.jpg
 後脚が長く見えるのは、実は爪が一個で大きいからなんです。その上、その先端には切れ込みがあるんです。わたしはこの子を見るたびに、鳥獣戯画に出て来るカエルさんに、姿形が似ているな~!?何~て、思わず笑ってしまいますよ。
e0064158_23465715.jpg
e0064158_23471683.jpg
 「ヒメアシナガコガネ」さんは、大きさが6.5~10㎜で、個体の変化が多いのです。黄色に黒、褐色に暗褐色、全体が褐色~黒など、体の色や斑紋のバラエティーが豊かです。上の方の薔薇に潜っている子は同一個体ですが、下の方の写真は色々な子を探して掲載しましたよ。
e0064158_23473544.jpg
 
e0064158_23475747.jpg
 この子の体の表面はりん片で覆われていますよ。斑紋には変化が多いのですが、お腹など体の下面は淡い黄色をしています。ひっくり返っている子がいますから、確かめて下さいね!
 「ヒメアシナガコガネ」さんは、北海道~九州、屋久島、対馬に分布していて、生息地は低山地です。遇える時期は5~6月で、花粉が大好きですから、お花の上で探して下さいね。
by brue-nile | 2007-05-28 00:26 | 博物記(春)全70話 | Comments(8)
e0064158_113182.jpg
e0064158_1132124.jpg
 みなさん、こんにちは、ナイルです。終日続いた雨の後は、素晴らしいお天気になりましたね!気温もグングン上昇、過ごし易くなりました…(笑)
e0064158_1135498.jpg
e0064158_1145021.jpg
e0064158_1151634.jpg
 一昨日は、雨の中外で仕事をしていました。濡れてしまったのが原因かも知れませんが、昨日は朝起きると酷い頭痛で、動くたびにズキン、ズキン…未だ頭痛が治りません。
e0064158_117145.jpg
e0064158_1173666.jpg
e0064158_118752.jpg
 今日は午前中は仕事ですから、ブログをサッサと更新して、早目にベッドに入ろうと思います。一旦帰宅してから、用事でまた出掛けなくてはなりませんし、明日の準備もありますし…月曜日はとっても重要な仕事があるので、早く頭痛を治しておきたいのです。
e0064158_119039.jpg
e0064158_1203194.jpg
e0064158_120542.jpg
 さて、今日の子は如何ですか…凄~く、可愛い子だと思いませんか!?みなさんにご紹介したくって、ず~と探していた子なんですよ。以前この子のお仲間をご紹介した時、この子にも遇って貰いたいな~って、思っていたんです。
e0064158_1212087.jpg
        (写真をクリックすると大きくなりますから、可愛さが倍増しますよ。)
e0064158_122497.jpg
e0064158_1222940.jpg
 実は、今回出遇った場所近くで、先月初めに見かけていたんですよ。その後遇いたくて、ず~と探していたんです。みなさん、この子は膜翅目ミツバチ科で、「白筋髭長花蜂=シロスジヒゲナガハナバチ日本髭長花蜂=ニッポンヒゲナガハナバチ」さんと、言いますよ。
e0064158_1225744.jpg
e0064158_1231922.jpg
 この子はお髭(触覚)が、とっても長いでしょう…男の子だから長いのですよ。でも片方のお髭が短くなっていますよ~。それに中には、両方長い子、両方短くなった子もいますよ…見つけて下さいね!
 以前ご紹介した子は「ニッポンヒゲナガハナバチシロスジヒゲナガハナバチ」さんでしたが、この子「シロスジヒゲナガハナバチニッポンヒゲナガハナバチ」さんと言う名前なのです。
 「シロスジヒゲナガハナバチニッポンヒゲナガハナバチ」さんは、本州、四国、九州に分布していて、遇える時期は4~6月です。大きさは約14㎜、各腹節の後縁に白色の毛が在ります。ミツバチさんの様に、色々なお花にやって来ますよ。この子は単独で暮すハナバチさんで、巣は土中に作ります。

ニッポンヒゲナガハナバチシロスジヒゲナガハナバチ」さんは、ここをクリック。→ 白筋髭長花蜂♂                                                                                                         
                                                  日本髭長花蜂♀

みつばちハッチさんより、シロスジではなくニッポンです。肘室数で分かりますヨ…とのご指摘を頂き、数えたら肘室数が3つありました。ニッポンヒゲナガハナバチに訂正致す共に、お詫び申し上げます。
by brue-nile | 2007-05-27 01:57 | 博物記(春)全70話 | Comments(14)
e0064158_0435127.jpg
e0064158_0441775.jpg
 みなさん、こんにちは、ナイルです。東京の雨は小雨になりましたが、未だ降っていますよ。昨日は大雨の中を、外回りしていましたが、午後になって雨の勢いが段々弱くなって、本当に助かりました。
e0064158_04450100.jpg
e0064158_045115.jpg
 さて、今日は本来なら、未だ咲いていないお花のご紹介ですよ。このお花は、時計の様な変わった花形が識別のポイントなんですよ。このお花は毎年7月頃になると、近所の道路沿いのガードレールに絡まって、沢山のお花を咲かせてくれるんですよ。
e0064158_0453433.jpg
e0064158_0455487.jpg
 みなさんこのお花は、ブラジル、ペルー原産のつる性植物で、トケイソウ科トケイソウ属の常緑低木で、「パッシフロラ」と言う名前ですよ。でも日本では「時計草=トケイソウ」と呼ばれています。
e0064158_0461986.jpg
e0064158_047372.jpg
 「トケイソウ」の別名は「パッション・フラワー」と言います。この花の仲間は色々あって、果実を食用にする「クダモノトケイソウ」は、「パッションフルーツ」の事です。また赤花の「ベニバナトケイソウ=パッシフロラ・コッキネア」や、紫色の「パッシフロラ‘アメジスト’」と「パッシフロラ・カエルノア」など、沢山の種類があります
e0064158_0483995.jpg
e0064158_0495976.jpg
 「トケイソウ」は茎長30~80㎝、花径は6~10㎝で非耐寒性の植物です。7~8月に、わん形の花が咲き、副花冠には紫、青、白の帯があります。栽培方法は、土質は選びませんが日当たり、水はけの良い場所で育てて下さい。春に種子蒔き、夏には挿し木で殖やします。
e0064158_0503587.jpg
e0064158_0514950.jpg
 「トケイソウ」は我が家にも在るのですが、鉢植えですから小さくて、中々育ちません。しかし写真の「トケイソウ」は、育ち過ぎです。このお花が絡まっている木は「ヤマボウシ」なんです。遠くから見ると、「トケイソウ」でびっしりと覆われて、間から白い「ヤマボウシ」のお花が遠慮がちに咲いていますよ。木の高さは3m程ですから、如何に繁茂しているかお分かりかと思います。
e0064158_0522023.jpg
 「トケイソウ」の花びらは全部で10枚、内側にある細い糸状の物は副花冠で、沢山付いています。雄しべは5本、雌しべは先端が3本に分かれていますよ。巻きひげを出して他の物に絡まって成長します。「ヤマボウシ」にしたら迷惑極まりないですよね。
 「トケイソウ」の花言葉は…奇抜…、因みに「クダモノトケイソウ」の花言葉は…受難…です。
e0064158_0524288.jpg
  
                  ナイルからのお知らせ 
 神戸市立博物館にて開催中の「大英博物館 ミイラと古代エジプト展」の公式ブログは、ミイラ展や古代エジプトに関連する記事を更新しています。
 この度「【ミイラ・エジプト豆知識】紙(paper)の起源・パピルスの真実」というコーナーに、当ブログの記事、そうだ…温室に行こう!!(その31)紙の1部を、参考に使って頂きました。みなさん、是非覘きに行って下さいね。

           ▼大英博物館 ミイラと古代エジプト展 公式ブログ 
           ▼大英博物館 ミイラと古代エジプト展 公式HP 
 

by brue-nile | 2007-05-26 01:49 | 博物記(春)全70話 | Comments(10)
e0064158_1315259.jpg
e0064158_130679.jpg
 みなさん、こんにちは、ナイルです。昨日も良いお天気の、東京地方でした。歩いている時は感じなかったのですが、太陽の下、立ち止まって動かないでいると、額から汗が…やっぱり暑かったんですね~!?
e0064158_1321598.jpg
e0064158_1324092.jpg
 動かなかったのには、訳があったのです。その訳とは、今日の写真のチョウチョさんだったんです。仕事先に向う途中で、この子に出遇ったんですよ。上の写真ですが、この子お花に着地する前から、お口を伸ばしてるんですよ~!美味しいのですよ、このお花は…!
e0064158_134982.jpg
e0064158_1342829.jpg
 道を歩いていると、前方に白い花を付けた木を発見…何かしら?と、近寄ってみると、おなじみの「ネズミモチ」の木でしたよ。この木は我が家の屋上にも、実生の小さな木があるのですが、ハチさん達に絶大な人気の、レストランなんですよ。
e0064158_1351064.jpg
e0064158_1353455.jpg
 しめた…これはハチさん達が、ワンサカ、ワンサカ…と、期待を込めて見ると、いましたよ沢山のハチさん達が…!でも残念な事に、総じて高い梢のお花ばかりで、セッセ、セッセと働いているんです。
e0064158_136538.jpg
e0064158_1362545.jpg
 悔しいな~と、唇を噛んだ時でした、エメラルド・グリーンを煌かして、元気の良いチョウチョさんがやって来たのです。最初こそは、高い上のお花ばかりで吸密していましtが、忙しそうに飛び回りながら、段々下の方まで降りて来てくれたんですよ。
e0064158_1364772.jpg
e0064158_1372030.jpg
 チャ~ンス…後はマクロで撮り放題でした。ところが翅をビリビリ小刻みに震わすので、ブレブレが多くて…それでビリビリ感が少ない物を選んでUPしました。みなさんこの子は、先日もUPした「青筋揚羽=アオスジアゲハ」さんですよ。
e0064158_137425.jpg
         (アオスジアゲハさんの写真は、クリックすると大きくなります。)
e0064158_1392411.jpg
 でも、先日はマクロで撮影が出来ませんでした。それで今日は、リベンジ写真なんですよ。この子、片っぽの後翅の先が欠損していました。「アオスジアゲハ」さんの、ステンドグラスを彷彿とさせる美しいエメラルド・グリーンの部分は、燐粉が無いので光が透けると美しく煌くのです。
by brue-nile | 2007-05-25 02:19 | 博物記(春)全70話 | Comments(10)
e0064158_0273483.jpg
e0064158_0283539.jpg
 みなさん、こんにちは、ナイルです。昨日の東京は、どうやら凄く暑かったらしいです。最高が28℃とか…でも風があって爽やかだったので、寒がりのわたしには丁度良かったですよ。
e0064158_0285365.jpg
e0064158_0293510.jpg
e0064158_0314936.jpg
 さて今日は、初めに嬉しいお知らせからですよ。ブログ「ナイル商会」へのアクセス数が、昨日49,031件となったんです…、後1,000アクセスで夢の5万アクセスを達成出来るのです。
e0064158_0321030.jpg
e0064158_0323488.jpg
e0064158_0325571.jpg
 5万アクセスを達成出来たら、何をしようかな~!?と、朧気なイメージがあるんですよ。そのイメージは、アクセスして下さった多くのみなさんに、心からの感謝の気持ちを込めて、一寸気が利いたプレゼント企画をしたいな~と、思っているんです。
e0064158_034575.jpg
e0064158_0342760.jpg
e0064158_0344862.jpg
 未だ、どんなプレゼントかは決めていませんが、みなさん今から楽しみにしていて下さいね。来月2日で1年と10ヶ月目に入るので、この日に合わせて5万アクセスを達成出来たら良いな~と、思っています。
e0064158_0351424.jpg
e0064158_0364342.jpg
e0064158_036593.jpg
 さて今日は、草むらに棲む、とっても可愛いシジミチョウさんの、「燕小灰蝶=ツバメシジミ」さんですよ。短い糸のような、小っちゃな尻尾(尾状突起)が可愛いでしょう…!?地表近くをチラチラ飛んでは、草に止まって日向ぼっこを、繰り返していました。
e0064158_1423521.jpg
 この子は青色の燐粉が少ないので、女の子かな…、燐粉が擦れた男の子かな~?この子の左の下翅には、細長い傷の様な物がありましたよ。でも、下の方の写真で、表翅上を横切る黒い条は、草の葉っぱの影です。低い草の上にいるので、写真を撮るために腹ばいになって撮りましたが、上の草の影が入ってしまいました。

     みなさん「ツバメシジミ」さんの詳しい解説は、こちらから見に行けますよ。
          ここをクリックして下さい。→ 博物記(秋ー12)燕小灰蝶
by brue-nile | 2007-05-24 01:11 | 博物記(春)全70話 | Comments(12)
e0064158_0233158.jpg
e0064158_024444.jpg
 みなさん、こんにちは、ナイルです。昨日も良いお天気になりましたね~5月も終わりの頃になって、やっと五月晴れが続く東京地方です。この素敵なお天気が、この先もしばらく続いてくれたら嬉しいのですが!?
e0064158_025474.jpg
e0064158_0252928.jpg
e0064158_0255270.jpg
 暑くもなく、寒くもなく…それに爽やかな風が吹いていて、歩いているとフラフラと公園にでも行きたくなってしまいます。それをググッと堪えて、仕事に励むナイルでしたよ(笑)。でも、緑の中をお散歩したかったな~!!
e0064158_0282596.jpg
e0064158_028441.jpg
e0064158_0291216.jpg
 さて今日はみなさんに、とっても変わったお花を見て頂こうと思い、失敗作だろうと何だろうと、構わず在るだけUPしましたよ。
e0064158_0293345.jpg
e0064158_0295235.jpg
e0064158_0301797.jpg
 どうでしょうか…変わったお花でしょう!?みなさん、こんなお花をご存知ですか!?このお花、一度見たら忘れられないくらい、ユニークですが…名前も忘れられないくらい、面白い名前が付いていますよ。
 ただし和名は未だない様です。美しい白味掛かった緑の葉っぱに、紅紫色の綺麗なお花がとっても映えて、思わず引き寄せられてしまいました。
e0064158_0304330.jpg
e0064158_031615.jpg
e0064158_0313167.jpg
 みなさん、このお花は南アフリカ原産で、ヒメハギ科ポリガラ属の常緑低木の「ポリガラ・ミルティフォリア」と言います。関東南部などの暖かい地方で、日当たりと水はけが良い場所なら、戸外で生育するんですよ。樹高は1~1.5m、花期は3~5月です。
 「ポリガラ」は竜骨弁の先端が白っぽくて、糸を束ねた房飾りの様になっています。「ポリガラ」の仲間は、園芸種が色々在るようですが、この「ポリガラ・ミルティフォリア」との交配種が多い様です。「スイートピーシュラブ」と呼ばれる、「ポリガラ・ダルメシアナ」は、ず~とコンパクトなお花です。

みなさん、実は日本にも「ポリガラ」があるんですよ。それは山野草の「姫萩=ヒメハギ」です。お花は写真の物同様に、房飾りが付いていて、色も同じ様な紅紫色をしています。
 ヒメハギ科ヒメハギ属 学名 Polygara japonica (日本のポリガラ)で、名の由来 は、小さな紅紫色の花がマメ科の萩に似ているためですよ。
 「ヒメハギ」は、常緑多年草で、日当たりのよい草原に生えます。草丈は10~25cmで、葉は互生になり、長さは約1cmです。花弁は筒状で、淡赤紫色をしています。 先端は房状になりますよ。5枚の萼のうち2枚は大きく,花弁のようにも見えます。
 分布は、 北海道、本州、四国、九州で、花期は4~7月 です。
by brue-nile | 2007-05-23 01:07 | 博物記(春)全70話 | Comments(8)
e0064158_144402.jpg
e0064158_145346.jpg
 みなさん、こんにちは、ナイルです。爽やかな週の始まりでしたが、何処かに行きたいな~何て、思いながら仕事に出掛けたナイルでした。
 本当に、何処かに行きたいな…でも、もしかして来月は、実現出来るかも知れないんです。でも、期待外れに終わらない様に、今の所は願望だけにしておきますね。
e0064158_1453062.jpg
e0064158_1455696.jpg
 さて、今日は時間がまたまた遅くなって、目がショボショボし始めたので、失敗しないように、先に写真だけをUPして、送信ボタンをクリックしました。これで安心して、記事を書き込む事が出来ます。
e0064158_1461951.jpg
e0064158_146539.jpg
 みなさん、今日はハーブのお花をご紹介しますね。とっても可愛らしい、ポンポンの様なお花ですから、ご存知の方も多いと思いますよ。
 これはヨーロッパ原産の多年草で、色んな国のお料理に使われている、ハーブの一種なんですよ。このお花の花言葉は、「晴れやかな心」ですよ。
e0064158_1471580.jpg
e0064158_1474277.jpg
 ネギの仲間のアサツキに似た、このお花はネギ科(ユリ科)ネギ属で、「チャイブス」と言います。和名は「エゾネギ」って言います。
 葉っぱに芳香があることから、ラテン語の「匂い」に由来して、名前が付きました。別名は「シボレット」とか「シブレット」とも呼ばれています。
e0064158_148489.jpg
e0064158_1482532.jpg
 「チャイブス」は草丈が20~30㎝、散形花序に付くお花はの一つの大きさは、花径は5~7㎜ですよ。細長い葉っぱは、長ネギの様に中空です。花は直立した茎の先に、ポンポン状に付きます。
 写真の物は、未だ疎らにしか咲いていませんでしたが、群生するとそれは見事ですよ。「チャイブス」の花期は5~7月で、日当たりの良い場所に育ちます。
e0064158_1492885.jpg
e0064158_14951100.jpg
 「チャイブス」は、春か秋に種を蒔きます。良く耕された、乾燥気味の土壌に蒔いて下さいね。酸性を嫌うため、石灰を散布する事をお忘れなく。1年目は株を肥やして、収穫は2年目からしますよ。
e0064158_1501136.jpg
 「チャイブス」のお花はサラダに散らしたり、ビネガーに漬け込みます(バラ色の酢が出来ます)。葉っぱはサラダ、スープ、バター、チーズなどの風味付けに使います。
 また、肉、魚、卵料理の香味として利用しますよ。「チャイブス」には、消化促進の効果があるんですよ。それに、バラ、リンゴ、ニンジン、トマトの傍に植えると、黒点病、カイガラムシ、うどん粉病、アブラムシの発生を防ぐ効果があります。(2:45am更新)
by brue-nile | 2007-05-22 01:52 | 博物記(春)全70話 | Comments(6)