ブログトップ

ナイル商会

thenile.exblog.jp

何時も有難うございます!ご訪問頂いたお客様も203,060 人を超え、新たな目標に向かって歩んでいます。身近で出遇った小さな生き物達や植物など、気ままにナイルがご案内しています。 ナイル商会・管理人

カテゴリ:博物記(秋)全77話( 76 )

e0064158_23503263.jpg
 みなさん、こんにちは、ナイルです。今日は早めに更新を済ませ、早く休む事にしました。実は今日、群馬県の伊香保まで、仕事関係の研修で出かけます。
e0064158_23505655.jpg
e0064158_2351108.jpg
e0064158_23513519.jpg
 一泊だけして、帰宅は明27日の夜になります。天気予報では現地は夕方~翌日は雨みたいです。紅葉も褪せてしまっているとは思いますが、出来たら写真を撮って来ようと考えています。
e0064158_23515172.jpg
e0064158_2352854.jpg
e0064158_23523230.jpg
 わたしが担当の部署の人達を引率するのが、今回のミッションなんです。逆に引率されないように、頑張って来ますね。観光バスで行きますので、雨でも移動は楽なんですが、綺麗な景色の撮影は難しそうです。
e0064158_23524883.jpg
e0064158_235345.jpg
e0064158_23532171.jpg
 コメントのお返事を少しだけ済ませましたが、未だ未だお返事を出来ずにいます。心からお詫び致します。お返事更に遅くなりますので、本当に済みません。
 ムーミンさんsdknzさんゴンタのパパさんtshさん、それに出羽ママさん…本当にご免なさい。みなさんどうか、もう少しご猶予の程お願い致しますね。
e0064158_23533524.jpg
e0064158_2353521.jpg
 さて、写真の鳥さんは、ミャ~オとかア~と鳴くので名前が付いた、カモメさんのお仲間の「ウミネコ=海猫」さんです。背中は濃いブルーグレーで、白い尾羽に黒い帯がありますよ。
 大きさは47㎝ほど、留鳥または標鳥として、ほぼ全国に生息しています。九州以北にある繁殖地では、天然記念物に指定されている場所もあるそうです。
 
 赤いアイラインはまるで、歌舞伎役者みたい…それに嘴の先端の黄色、赤色、黒色がドイツ国旗みたいで綺麗ですよ。何時も遠くでしか見た事が無かったのですが、この日は直ぐ傍で見れて、凄~くラッキーでした。お行儀が良い子でしたので、写真も肖像写真になりましたよ。
by brue-nile | 2006-11-26 00:35 | 博物記(秋)全77話 | Comments(10)
e0064158_1564948.jpg
 みなさん、こんにちは、ナイルです。寒くなりましたね~東京は北風が冷たく、外出時には今年初めて、手袋をしました。昨日も帰宅が遅かったのですが、バスが来るのが遅れていて、待ち時間の寒かった事…耳が痛くて手袋をした手で、両耳を押さえていました。
e0064158_215811.jpg
e0064158_1573234.jpg
 この路線は東京の中心地を走るバスなのに、朝夕の通勤時は1時間に3本、それ以外は1時間に2本と、過疎地のバスダイヤ並みの少なさなんです。昨夜は千駄ヶ谷からのバスが来なくて、結局30分も待ったのです。
e0064158_1575128.jpg
e0064158_15811100.jpg
 一つ先のバス停に行けば、地下鉄の駅があるので、他の道路からのバスと合流しているのです。でも重い荷物を持って、強い北風の中を10分以上歩くのも嫌ですし、また歩いている途中でバスが追い越していっても嫌なので、結局待ち続けていたんです。
 やっとバスが来たな~と思って喜んだら、別の駅に行くバスだったんです…あ~あ…、でも、暫らくするとやっとバスが来ました。
e0064158_1583233.jpg
e0064158_1591711.jpg
 ところで、みなさん、今日はブログの不具合の様ですよ、投稿画面で画像のUPに随分時間が掛かってしまいました。それに文字の打ち込みが、非常に遅いのです。フリーズはするし…無事送信出来ると良いのですが…もし出来なかったら、再投稿はもう嫌です。時間は現在午前2時40分、PC相手ですっかり消耗してしまいました。
e0064158_1594691.jpg
e0064158_202229.jpg
 今日は法事があるので朝から忙しくて、帰宅もまた遅くなりそうです。昨日は少し睡眠が取れたからいいのですが、今日はこの分では眠れそうにありません。まだ法事用の準備をしていないんです。お風呂にも入りたいし、お腹も空いてしまいました。
e0064158_20491.jpg
e0064158_212375.jpg
 コメントを下さったみなさんとのお約束も、守れなくなりました…昨日帰宅後にお邪魔して、お返事のコメントを書き込みたかったのです。でもそんな時に限って、アクシデントが起きるんですよね…!みなさん、本当にご免なさい…どうかお許しくださいね…!
e0064158_22282.jpg
 さて、今日のハチさんは、先にマリーゴールドと一緒に登場しているんです。でもあの時は、お天気が良すぎて、写真は全部失敗作でした。での先日この「クロマルハナバ=黒丸花蜂」の女王と思える、非常に大きな子に出会ったのです。
 大人しくて可愛らしい子でしたよ。わたしが触っても、花粉や蜜集めに夢中で、全然気にしませんでした。マルハナバチさん達は、針を持ってはいるのですが、滅多に人を刺しません。万が一刺されても、他のハチさんと違って、痛みや腫れも少ないのです。でも大人しいからと言って驚かせば、身を守る為に反撃しますので、観察する時はそ~と見るだけにして下さいね。
by brue-nile | 2006-11-25 03:08 | 博物記(秋)全77話 | Comments(2)
e0064158_135177.jpg
 みなさん、こんにちは、ナイルです。東京は現在雨が降っています。昨日の日中は予報が変わって曇りだったんですよ。でも夜に入ってから、雨が降り出してしまったのです。
 雨の音を聴くともなしに聴いていると、眠気でぼ~として来ます。連日帰宅が遅く、そのために更新も遅くなっています。昨日は更に遅くて、睡眠不足の身には…眠くて眠くてもう限界です。
e0064158_142840.jpg
e0064158_145938.jpg
e0064158_152540.jpg
e0064158_154023.jpg
 PCのタスクバーを見ると、時計は既に1時20分を過ぎています。眠気が押し寄せるのを我慢するのは辛いので、今日は2時にはベッドに入りたいと思います。
 先日から千葉県松戸市で、出遇った昆虫さん達のミニシリーズをやっていますが、今日は眠たいので、一寸寄り道をします。建物の写真で始まった、今日の「博物記」ですが、もう遇えないかな~と思っていた子に遇えたので、嬉しくって一刻も早く、みなさんにご覧入れたかったのです。
e0064158_155739.jpg
e0064158_162099.jpg
e0064158_164149.jpg
e0064158_17817.jpg
 この建物は都内某有名公園内にある、有名なレストランなんですよ。一昨日の午後、仕事でこの公園内の施設に行った時に、少しだけ時間があったので、辺りをぶらぶらしていたんです。すると沢山の「ツワブキ」が咲いている一角に出たのです。其処は、このレストランの前庭だったんですよ。
 例の如く誰かいないかな~って見ていたら、この子がやって来たんです。それも目の前に…もうとっくにいなくなっている、と思っていたのですから、これは嬉しかったですよ。
e0064158_17284.jpg
e0064158_174973.jpg
 みなさんこの子はもうお馴染ですよね…「ホシホウジャク=星蜂雀蛾」さんですよね…!相変わらず忙しいそうに、お花からお花へと吸蜜して回っていましたが、追っかけまわして写真を撮る事が出来ました。
 暫らく吸蜜して回っていたのですが、喜びも束の間…あっと言う間に何処かに消えてしまいました。

※コメントを下さったみなさん、大変申し訳ありませんが、お返事のコメントは、今夜帰宅後になってしまいます。どうかしばらくのご猶予を下さいます様、お願い致します。
by brue-nile | 2006-11-24 01:48 | 博物記(秋)全77話 | Comments(8)
e0064158_0521077.jpg
 みなさん、こんにちは、ナイルです。昨日は朝からず~と外部で過ごしましたが、東京はお天気が素晴らしく良くて、日中は汗ばむ陽気でした。でも午後3時を過ぎると、急速に太陽の力が弱まって、寒くなってしまいました。
e0064158_0522766.jpg
e0064158_0524998.jpg
 今日は昨日よりガクンと気温が下がって、また雨が降るそうです。今日は日本では「勤労感謝の日」そして、アメリカでは「サンクスギヴィン=感謝祭」ですね…!感謝祭のカードには、七面鳥にカボチャ、トウモロコシにネイティブ・アメリカン(インディアン)の絵柄の物が多いですよ。
e0064158_053865.jpg
e0064158_0533582.jpg
 新天地を求めてアメリカに来たのは良いのですが、食料が枯渇し飢えで苦しんでいる白人に、親切なインディアンの人々が、カボチャやトウモロコシ等に七面鳥を差し入れてくれた事に感謝する日が、本来の「感謝祭」でしたが、現在では家族など、広い範囲で感謝する日になったようです。
e0064158_053517.jpg
e0064158_0541287.jpg
 アメリカでは「感謝祭」は、「クリスマス」の次に重要な日になっているんですよ。アメリカの友人が、感謝祭用のお料理のレシピを各種送ってくれていますが、忙しいを言い訳にレシピを活用した事がありません。もっともわたしは七面鳥は食べられませんから、お野菜中心の物になってしまいますが…。
e0064158_0543045.jpg
e0064158_0544864.jpg
 さて、今日は千葉県松戸市で出遇った,昆虫さんを見ていただいています。この子は「ムラサキシジミ=紫小灰蝶」さんですよ。出発の時間が迫る中、何となく気になって見に行った「サザンカ」の木で、小さなアブさんを撮っていたら、この子がやって来てくれたのです。正に「虫の知らせ(良い意味での)」だったのです。
e0064158_055595.jpg
e0064158_0551912.jpg
 落ち着き無く、飛んでは止まり、飛んでは止まりを繰り返していましたが、その内に一瞬翅を開いてくれましたので、この子が雌(♀)の「ムラサキシジミ」さんだと判りました。
 何かいそうな感じって、わたしには良くあるんです。このカンは不思議な事に、外れた事は1度も在りません。

  「ムラサキシジミ」さんについての解説はここからどうぞ。→博物記(夏) 紫小灰蝶

                 (ナイルからのお知らせ)
 みなさんナイル商会」管理人のナイルです。昨日総アクセス数が、24、022件になりました。嬉しい25、000アクセスは目前…クリスマス迄には、目標数を達成したいな~と、思っています。何時も変わらない、みなさんの暖かい応援に、心から感謝しています。あと一息…弾みをつけて頑張って行こうと思います。これからもどうかよろしくお願い致します。
by brue-nile | 2006-11-23 01:50 | 博物記(秋)全77話 | Comments(10)
e0064158_0521385.jpg
 みなさん、こんにちは、ナイルです。連日仕事に追われて帰宅が遅くなっています。昨日も22時30分と、遅くてブログのお返事を書き込むだけで、日付けが変わってしまいました。
e0064158_0572121.jpg
                    (アフリカンマリーゴールド)
e0064158_0573647.jpg
 今日は朝から大忙しなので、何時もの様に手抜きにしようかな…?と思いましたが、また手抜きでは、遊びに来て下さるみなさんに申し訳ないので、今日は「マリーゴールド」を掲載することにしました。
e0064158_0523319.jpg
 コメントを下さったみなさん、唯今のところ直ぐお返事が出来ません。本当にご免なさい、でも今夜は早く帰宅の予定です。帰宅後必ず伺いますので、どうかご容赦下さいね。みなさんどうか宜しくお願い致します。
e0064158_0525031.jpg
 先日からミニシリーズ化していた、マリーゴールドと昆虫さん達ですが、何時も虫さんばかりにスポットライトが当たっていますので、今日は「マリーゴールド」を、単独で掲載する事にしました。
e0064158_0531051.jpg
                     (スパンゴールド)
e0064158_0533423.jpg
 みなさん本日は、千葉県で出遇った虫さんをお休みにしますので、悪しからずご了承下さい。もっとも千葉では、虫さんに遇う時間が殆ど無かったので、そろそろお終いなのですが…。
e0064158_0535411.jpg
                      (アフリカンドール)
e0064158_054925.jpg
 さて、みなさん、黄橙色のお花が花壇を眩しく彩る、この「マリーゴールド」を、日本語に約せば「聖母マリアの黄金」と言う意味なんです。
e0064158_0542766.jpg
                     (フレンチマリーゴールド)
e0064158_0544395.jpg
 日本名は「千寿菊」「万寿菊」に「孔雀草」など、なんだかお目出度い名前がついていますが、「聖母マリアの黄金」程しっくり来る名前は在りませんよね。キク科タゲテス属の「マリーゴールド」は、本当に美しいお花です。
e0064158_0545936.jpg
                        (ハーレクィーン)
e0064158_0551513.jpg
 原産地は中央アメリカで、高温多湿、乾燥どちらにも強く、とっても育てやすいお花です。小形のフレンチ種と、大形のアフリカン種があります。草丈は50~60㎜、花期は6~11月頃迄です。
 「マリーゴールド」は、1年草の非耐寒性の植物で、日当たりや排水性が良い肥沃地を好み、多肥を嫌います。土壌中の害虫の「ネマトード」を、寄せ付けない作用が在ります。種子蒔きや挿し芽で、簡単に殖えます。(マリーゴールドの写真は、クリックで拡大出来ます。)
 
by brue-nile | 2006-11-22 02:08 | 博物記(秋)全77話 | Comments(8)
 みなさん、こんにちは、ナイルです。連日忙しくって昨夜も会議…今夜も会議なんです。ブログの更新時間も、最近は遅くなってばかり…風邪もさっぱり良くなりません。
 
 さて、みなさん、昨日はミツバチマーヤちゃんの災難の事を書きましたが、正解は「カマキリさんに捕まった…」でした。カマキリさんの仲間は、鎌状になっている前脚を使って、上手に狩りをします。獲物を捕らえるが早いか、あっと言う間に食べてしまうんです。今日はわたしにすっかり騙された、気の毒なカマキリさんのお話ですよ。
e0064158_104854.jpg
 千葉県松戸市の某施設内のビオトープに咲いていた、ヤツデのお花を見て歩いていたら、このカマキリさんが、何かしている現場に遭遇したのです。
e0064158_11671.jpg
 彼はヤツデの上で、何事かゴソゴソやっている最中でした。白い花の上に茶色の体ですから、結構目立つのです。
e0064158_11298.jpg
 『もし、もし、カマキリさん、こんなところで一体何をしているの…!?』と、背中を突っいて見ました。
e0064158_11482.jpg
 すると彼は、徐に振り返って、わたしを見たのです。このカマキリさんは、両手で何かを大事そうに抱えていたのです。
e0064158_12569.jpg
 そうして…「チェッ…、折角ブランチをしようと思っていたのに!」…と、挑戦的な目でわたしを睨んだのです。
e0064158_12273.jpg
 彼は、両手の間の物を必死に隠くすと、意地悪そうにニヤニヤ笑いながら、後ずさりして逃げようとしました。
e0064158_125070.jpg
 『ちょっと…そんな目で、睨まなくたっていいでしょ…!一体何を隠し持っているのよ…!』
e0064158_131535.jpg
 「ケッ、嫌だね~、これはオイラの物だから、絶対見せてなんかやるもんか…!」と更にしっかり抱え込んでしまったのです。
e0064158_133647.jpg
 ところが、わたしを睨みながら、少しずつ後ずさりして逃げ様としたので、脚を踏み外してしまいました。その拍子に、隠していた物が見えてしまったのです。
e0064158_141084.jpg
 『あっ!マーヤちゃんじゃないの…!駄目よ絶対駄目、お願いだから放してあげてよ!』彼の腕の中のマーヤちゃんは、必死にもがいていたんです。何と未だ生きていたんです。
e0064158_143033.jpg
 わたしは、「いざ、掛かって来なさい!」と、彼の顔の前に指で剣を作ったのです。すると、彼も本気になって、鎌を掲げたのですよ。その一瞬の隙を見逃さずにマーヤちゃんは、転げ落ちる様に飛んで逃げました。
e0064158_144831.jpg
 わたしの作戦に、まんまと騙されたカマキリさんは、空になった両手に気がつくと、大慌てで逃げて行きました。
e0064158_15454.jpg
 カマキリさんはヤツデの花の影に隠れて、獲物を待ち伏せていたんですね。折角捕まえた獲物を、人間が邪魔して取り逃がしてしまったのですから、考えてみれば気の毒な事をしたと思います。でも、あんまりしっかり隠そうとしたので、ついつい何だか見たくなってしまったのです。
 
 この「カマキリ=螳螂(蟷螂)」さんは、「チョウセンカマキリ=朝鮮螳螂(蟷螂)」さんとも言って、「オオカマキリ」さんに、とっても良く似ていますが、大きさは60~85㎜と、少し小さ目です。見分け方は前脚の付け根の間が赤い色をしているんですよ。「オオカマキリ」さんは、黄色なんですよ。明るいところが好きで、草やお花の上などで、獲物を待ち構えています。遇える時期は8~11月で、体の色は緑または褐色をしています。本州~九州に分布していますよ。
by brue-nile | 2006-11-21 02:41 | 博物記(秋)全77話 | Comments(13)
e0064158_073285.jpg
 みなさん、こんにちは、ナイルです。東京は大雨…それに凄~く寒いんです。朝の内は大した降りではなかったのですが、午後遅くになって本降りの雨になりました。
e0064158_075776.jpg
 昨日は仕事で、午前・午後と一寸遠出したのですが、このところの寒さで街路樹の紅葉が、急に進んだみたいでしたよ。雨の中、とっても華やかな赤や黄色に染まった木々が、あちらにもこちらにも…と、凄~く多く見受けられましたよ。
e0064158_083196.jpg
 雨なのでカメラは持って行かなかったので、とっても残念に思えました。雨に濡れた紅葉も、風情が在って、本当に綺麗ですものね~!
e0064158_084498.jpg
 さて、みなさん、今日も千葉で出遇った虫さんが登場しています。今日は全く変わり映えしない、本家のマーヤちゃんの写真なんです。でも、みなさん写真を良~く見て下さいね、何か変なマーヤちゃんがいるんですが、お判りですか…?          
e0064158_09695.jpg
 それがこの下のマーヤちゃんなんです。数えて11番目迄のマーヤちゃんが、何だか変なんですよ。そうなんですよ~!この子のお髪も、毛皮のふかふかベストも、縞々パンツも、何だか乱れてお手入れされていないんですよ!一体どうしたのでしょうか…!?
e0064158_015648.jpg
 みなさん、これには深~い訳が在って、この子は災難から逃れる事が出来たのです。その災難とは…今日は未だ内緒にしておきます。
e0064158_092271.jpg
 みなさん、明日のブログまで、もう少し待っていて下さいね。『もったいぶっちゃって、何て意地悪なの…(怒)』って声が聞こえて来そうですよ…!
e0064158_09382.jpg
 この謎は、明日のブログで解明出来きますが、みなさんの推理なんかを、一寸コメントして下さると嬉しいですよ。ヒントは、このマーヤちゃんは、九死に一生の危険な目に遭ったんですよ。
e0064158_095924.jpg
 あんな怖い目に遭っても、またこうして花粉を集めているんですからね~!本当に何て偉い子なんでしょうか!感心感心マーヤちゃん…でも大丈夫かな~!?
 ※みなさん、マーヤちゃんの写真は、クリックで拡大出来ますから、どうか大きな画面でご覧下さいね。
e0064158_0102324.jpg
 ところで、みなさん、今日は「ヤツデ」の事を記述しておきますね。秋の終わりから冬に掛けて白い花が咲く「ヤツデ」は、どなたも周知の庭木ですよね。
 白い玉の様なお花が沢山集まって、丸~い形になっているんですよね。お花って言うよりは、何だか実の様に思えますよ~!でも「ヤツデ」の実の熟す季節は4月~5月で、色は黒紫になるんですよね!
e0064158_0103897.jpg
 この「ヤツデ」の花は、開花してから数日は、“雄しべ”と小さな花びらがついているんです。でも、それが散ってしまうと、始めて“雌しべ”が伸びてきて、受粉出切る様になるのです。花は蜜を沢山出して、お客さんを呼び寄せますよ。
e0064158_0111140.jpg
 白いお花も面白いですが、手の平の様な大きな葉っぱも面白くって、良く目立ちますよね。この葉っぱから、別名を「テングノハウチワ=天狗の葉団扇」って言うんですよ。
 「ヤツデ」の由来は「八つ手」ですが、葉が手の平形で、「八」は数が多い事を表す言葉なんですよ。
e0064158_0125791.jpg
 「ヤツデ」はウコギ科ヤツデ属の常緑低木で、本州東北以南~九州に分布しています。「ヤツデ」には暖地性の仲間も在るんです。
 「リュウキュウヤツデ」は奄美大島以南に分布し、葉がやや薄く、葉の裂片は細長いんです。「ムニンヤツデ」は小笠原に分布していますよ。そのほかにも、白や黄色の斑入りの園芸種も在るんですよ。
by brue-nile | 2006-11-20 01:39 | 博物記(秋)全77話 | Comments(7)
e0064158_1294524.jpg
 みなさん、こんにちは、ナイルです。毎日寒い、寒いと言い続けていますが、今日の東京は最高気温が12℃で、おまけに雨まで降るみたいなんです。午前中は教室が在るので、朝早くから神奈川迄出掛けますが、午後は午後で仕事が在って、こちらも神奈川迄行かなくてはなりません。
e0064158_130444.jpg
 昨日も遅く帰宅したのですが、用事が出来て直ぐ出掛けてしまいました。現在は午前1時57分ですから、今日もブログの更新が遅くなってしまいますよ。連日ですからね~、もう少し早い時間に更新を済ませたいですよ…!
e0064158_13032100.jpg
 さて今日も、千葉県からのお土産写真ですが、大したものではなくてどうも済みません。この写真の子と出遇ったのは、千葉県の松戸市に在る国の某施設内のビオトープを、見に行った時でした。この時期ですから、ビオトープといってもただ水が流れていて、その先には小さな水溜りみたいな池があるだけでした…。し~んとしていて、虫さんの姿はありませんでした。
e0064158_1305211.jpg
 それでも、小さな人工の小川の傍には、白い「ヤツデ」の花が咲いていましたから、一寸覗いてみたんですよ。花が少ない季節は「ヤツデ」の花は、虫さん達の大切なレストランなんですよ。案の定小さな虫さん達が、お食事に来ていましたよ。
e0064158_1312639.jpg
 みなさん、今日の子は日本のマーヤちゃん、「ニホンミツバチ=日本蜜蜂」さんですよ。この子には、ほぼ1年中遇う事が出来ますよ。性質は大人しいのですが、飼育は「セイヨウミツバチ」さんと比べると、難しいみたいですよ。
e0064158_1315279.jpg
 「セイヨウミツバチ」さんが日本に来る前は、長野県や九州などで採蜜に使われていたんです。以前もお話しましたが、天敵の「スズメバチ」さんに襲われると、沢山の仲間が協力して「スズメバチ」さんを、お団子状に包み込んで蒸し殺してしまうそうです。
e0064158_132409.jpg
 「スズメバチ」さんを取り囲む時は、先ず最初に複数の門番さん達が飛び着き、やがて180~300匹がお団子状になると言います。でも「セイヨウミツバチ」さんには、この手がありませんので、襲われたら可哀相に、一堪りも在りませんよ。
e0064158_13257100.jpg
 「ニホンミツバチ」さんの女王は、一日に1000~1500個の卵を産むそうです。多い時には何と3000個の卵を産むのだとか…!女王蜂の大きさは13~17㎜、働き蜂や雄蜂は13㎜ですよ。
e0064158_1331492.jpg
 産みつけられた卵からは、どんどん働き蜂が生まれますが、この幼虫さん達は花粉に蜜を混ぜたもので育てられます。でも次期女王蜂の候補には、特別なお食事が与えられます。この特別食は何かと言いますと…ご存知のローヤルゼリーなんですね。
by brue-nile | 2006-11-19 02:46 | 博物記(秋)全77話 | Comments(12)
e0064158_1564953.jpg
 みなさん、こんにちは、ナイルです。東京は本当に寒いですよ…今日の最高気温は13℃なんですって…!これから日に日に寒くなって行くんですよね。。。あ~あ…寒いの、本当に嫌だな~!
e0064158_1571232.jpg
 昨日はまた夜の仕事が在って、帰宅は相変わらず遅くなってしまいました。帰宅後コメントのお返事を書いてから、お食事したりお風呂にはいったりしていたら、既に時間は午前2時を過ぎていました。
e0064158_1573082.jpg
 大急ぎで更新を済ませて、暖かいお布団に潜り込みたいです。潜り込んだら、ぐっすり眠りたいな~!昨日は眠ったなと思ったら、迷惑電話で起こされてしまいました。午前4時を、少し過ぎていましたよ。友人の一人だったので、怒るに怒れず…全く非常識にも程がありますよね…!
e0064158_1575188.jpg
 結局起こされてしまって、その後は眠れなくなってしまいました。寝よう寝ようとごそごそしていたら、結局朝になってしまいました。今日はその分を取り戻したいのですが、そのためには早く更新をすませないと駄目ですよね~!
e0064158_1581124.jpg
 さて、今日は昨日のお約束の、お土産写真なんです。でもこれは時間がなかったので、短時間に構図も何も考えないで、ただパシャパシャ撮っただけの写真なんです。
e0064158_1585511.jpg
 昆虫さんもいることはいたんですが、ほんの少ししか撮れなかったし、紅葉もしていなかったし…これではちっとも、お土産写真とは言えませんよね~。みなさん、本当にご免なさい。
 この写真のお花は、何にも無いのでご愛嬌に撮って来たものなんです。今日は虫さんから、と思っていたのですが、更新を早くしたいので、お花にしてみる事にしました。
e0064158_1593762.jpg
 みなさん、これは「ネリネ」と言う、ヒガンバナ科ネリネ属の球根植物なんです。「ネリネ」とは、ギリシャ神話の水の妖精の名前なんですよ。随分素敵な名前を、もらったものですね。「ネリネ」の英名は「ダイヤモンド・りりー」ですから、こちらも凄く綺麗な名前なんですよ。
e0064158_20098.jpg
 「ネリネ」は原産地の南アフリカでは、自生しているんですが、花は貧弱なんです。でもイギリスで改良が行われて、様々な園芸種があるんです。
 「ダイヤモンド・リリー」の名前の通り、日に当たると花弁の細胞が、キラキラと輝きだすんですよ~!「ネリネ」の花期は9~11月で、非耐寒性の植物なんですよ。
e0064158_201641.jpg
 「ネリネ」は草丈が20~40㎝、花径は2~4㎝で、花色は赤系、ローズ系、白系があります。薄いピンクの「ブライダル・ピンク」は、特に人気がありますよ。他にもピンク系の「クラスター・ピンク」、赤系の「ネリネ・サル二エンシス」等が人気です。写真のお花を普通「ダイヤモンド・リリー」と呼びますよ。
 「ネリネ」は秋植え球根植物ですから、園芸店で球根を買って育てます。球根を買って来たら、有機物を含まない土壌に浅植えします。肥料は与えなくても大丈夫なんです、立派に育って綺麗なお花を咲かせてくれますよ。殖やしかたは、分球するんですよ。
 
by brue-nile | 2006-11-18 02:58 | 博物記(秋)全77話 | Comments(4)
e0064158_0263154.jpg
 みなさん、こんにちは、ナイルです。昨夜の東京は突然雨が降り出し、あれよあれよ、と言う間に土砂降りの雨になりました。夕方から雷注意報が発令されていたんです。
e0064158_02648100.jpg
e0064158_027454.jpg
e0064158_0271869.jpg
 昨日は久し振りに早い時間に帰宅したので、タッチの差で濡れないで済みました。駅から自宅までが2分程なので、こんな時は本当に良いですよ~!
 早く帰宅したのは、自分仕事が色々あって、一つは来年早々の展覧会用の文書を作る必要があったのです。会員の方々発送するので、印刷をして封筒に入れて、朝一番で発送します。
e0064158_0273798.jpg
e0064158_0275398.jpg
e0064158_0281093.jpg
 他にも色々あるのですが、今日は少し遠出しなくてはならないので、そのための準備やら何やら…みなさんもそうだと思うのですが、やる事って本当に沢山ありますよね~!
 今日は早朝から家を出て、仕事の関係で千葉方面に向かうのです。遊びでは無いので、写真はお昼休みくらいしか、撮れそうにありません。
e0064158_0282840.jpg
e0064158_0284740.jpg
e0064158_0291180.jpg
 さて、そんな訳で、今日も写真ブログになっています。写真の子は、金色の毛と美しい翅が煌く、とっても綺麗な大型のハチさんですよ。一昨日のブログの「ヒメハラナガツチバチ」さんと同じ、ツチバチ科の「キンケハラナガツチバチ=金毛腹長土蜂」さんなんですよ。体は大きいのですが、性格は優しいので、みなさんも安心して観察出来ますよ。
e0064158_0292531.jpg
e0064158_029417.jpg
 おヒゲの長い子が雄(♂)、短い子が雌(♀)です。♂は20~25㎜、♀は23~33㎜あって、♀の方が大きな体をしています。日本では、本州、四国、九州、沖縄~与那国に分布しています。
 秋の日差しを浴びて、「ヤクシソウ」の花粉に塗れている子や、「タイアザミ」に潜り込んでいる子など、綺麗な「キンケハラナガツチバチ」さん達は、お仕事に余念がありませんでした。
by brue-nile | 2006-11-16 01:15 | 博物記(秋)全77話 | Comments(6)