ブログトップ

ナイル商会

thenile.exblog.jp

何時も有難うございます!ご訪問頂いたお客様も203,060 人を超え、新たな目標に向かって歩んでいます。身近で出遇った小さな生き物達や植物など、気ままにナイルがご案内しています。 ナイル商会・管理人

カテゴリ:秋日和 / 秋の宝石( 10 )

e0064158_23402281.jpg
 みなさん、今日の「秋の宝石」は風景ばかりです。な~んだ!とがっかりさせてしまいましたね!実は今日、明日と出張ですので、現在バタバタと忙しくしています。それでブログの更新を大幅に手抜きしてしまいました。
 わたしは今日、早朝のフライトで南の島に出掛けます(日本ですよ、たったの一泊ですが…)帰りは火曜日の午前1時位になります。そんな訳で明日7日(月曜日)の「ナイル商会」はお休みになります。毎日遊びに来て下さっているみなさん、本当にご免なさい!でも火曜日の午前1時半前後には、ちゃんと更新しますので、また遊びに来て下さいね。どうか宜しくお願い致します。
 留守でもコメント書き込んで下さいね、帰ってから読むのが楽しみですから…何にもコメントが無いと、一寸寂しいかも!?お土産はもちろん綺麗な写真にしますね!それでは、張り切って、行ってまいります!
e0064158_23361393.jpg
e0064158_23363762.jpg
e0064158_23365151.jpg
e0064158_23372031.jpg
e0064158_2338209.jpg
e0064158_2341499.jpg

by brue-nile | 2005-11-06 00:02 | 秋日和 / 秋の宝石 | Comments(14)
 急に思い立って行った晩秋の公園でしたが、夕暮れの気配が静かに訪れる頃まで、わたしは広い公園内を気ままに歩き回りました。花は寂しいものしか在りませんでしたが、たった一輪でもハッとするほどの存在感で辺りを圧していました。
 花たちに負けずに樹や草の実たちも、一瞬の煌きでわたしを引き付けるのでした。鈍よりとした重たい大気の中、花たちは凛とした美しさを湛えていました。わたしは宝石の様に美しい花や実たちを讃える為に、何度も何度も足を止めては愛でるのでした。
e0064158_0162760.jpg
                        ガマズミ
e0064158_0111666.jpg
                        カラスウリ
e0064158_0115396.jpg
                         サザンカ
e0064158_0114712.jpg
                         オミナエシ
e0064158_0121775.jpg
                    サザンカ&ホソヒラタアブ
e0064158_0193519.jpg
                  フジバカマ&アシブトハナアブ
by brue-nile | 2005-11-05 00:53 | 秋日和 / 秋の宝石 | Comments(12)
  わたしは深まり行く秋を見つめながら、遅い午後の公園をゆっくりと歩きまわっていました。鈍色の空の下、花の季節は既に終わりに近付き、ほんの僅かな花にハチやアブが集まっていました。そういった花たちは昆虫達にとって、宝石のように魅惑的に見えるのでしょうか?わたしが直ぐ傍でじ~と見ていても、彼らは夢中で花粉を舐めているのでした。
e0064158_065666.jpg
                    ホソヒラタアブ&サザンカ
e0064158_23364742.jpg
                       ユリノキ
e0064158_2337237.jpg
                          バラ
e0064158_23383071.jpg
                  モミジバスズカケノキの果実
e0064158_23482977.jpg
                      ヤブランの種子大
e0064158_0121672.jpg
            アシナガバチ ヒメハラナガツチバチ&ツワブキ
e0064158_0174776.jpg
                     コセンダングサの実
e0064158_22223749.gif

              《ナイルよりみなさんにお詫びです

 下から二番目のツワブキにいるハチをアシナガバチと記載していましたが、実は大間違いでした…みなさん本当にご免なさい。『蝶・チョウ・ゆっくり歩き』のchochoensisさんに教えて頂き、正しい名前が判明しました。ヒメハラナガツチバチが正しい名前で、コガネムシ類の幼虫に寄生するそうです。
 詳細は「お友達のブログ」よりchochoensisさんのブログ『蝶・チョウ・ゆっくり歩き』9月30日を訪ねて下さい。判りやすく丁寧に解説してありますよ。chochoensisさん、教えて頂き本当にありがとうございました。アシナガバチにしては胴体の縞の色など、何か違うなって思っていました。ハチやアブの個体の判別はわたしには難しすぎます。
by brue-nile | 2005-11-04 01:05 | 秋日和 / 秋の宝石 | Comments(20)
 在る日わたしは、束の間の秋を求めて、とある公園に行きました。そこで遊び好きのハシブトガラスと出遇い、子供に返って彼と遊びました。彼が人声に驚いて飛び立った後、わたしはまた公園の散歩を続けました。公園の中の木の葉も木の実も花も、鈍い色の大気の中では秋の宝石の様に煌めいていました。その美しさにわたしは何度も立ち止まって眺めるのでした。
e0064158_05194.jpg
                         イチョウ
e0064158_014074.jpg
                        ハシブトガラス
e0064158_2336733.jpg
                         ウメモドキ
e0064158_23362323.jpg
                         ウメモドキ
e0064158_053143.jpg
                          カンナ
e0064158_0111465.jpg
                         アキアカネ
by brue-nile | 2005-11-03 00:36 | 秋日和 / 秋の宝石 | Comments(6)
e0064158_2339592.gif
e0064158_23395314.jpg
                   風に揺れるススキの穂
e0064158_23404789.jpg
                   美しい赤金色のキタテハ
e0064158_234149100.jpg
                サルノコシカケ型の大きなキノコ
e0064158_2345847.jpg
                青空に映えるススキとオオアワダチソウ
e0064158_23453597.jpg
              真っ赤なピラカンサ(ピラカンサスとも言います)

☆ピラカンサはバラ科の常緑低木で、中国名を(火棘・かきょく)と言います。赤い実の物と、オレンジの実の物が在ります。別名の橘擬(たちばなもどき)はオレンジ色の実で、中国南西部原産です。別名の常盤山櫨子(ときわさんざし)は赤い色の実でヨーロッパ東南部原産です。☆
e0064158_039391.gif

 美しい秋日和のある日、郊外に出掛けたわたしは、お昼休みにお散歩をしました。可愛いコミケちゃんとおばあちゃんに会いに行ったり、愛らしい妖精のランプを見つけたり、農園では蝶々や花達と遊んだりしました。
 迂回して通った帰り道で、わたしは黄金色のキタテハに出逢いました。あんまり青空が眩しいくて、足を止めてススキを見上げていると、キタテハが飛んできたのでした。ススキやオオアワダチソウが、サヤサヤと風に揺れて、本当に綺麗な秋景色でした。
 その崖の下には、サルノコシカケ型の大きなキノコがありました。丸テーブルの様なキノコはもしかしたら、小人さんか誰かの食卓になっているのかも?と楽しい想像をしてしました。でもそろそろ午後の仕事の時間です。今日の散歩の締め括りに、真っ赤なピラカンサを一寸眺める事にしましょうか?       ※クリックすると拡大しますよ※
by brue-nile | 2005-10-29 00:43 | 秋日和 / 秋の宝石 | Comments(14)
e0064158_23151065.gif
 太陽が降り注ぐ農園で、夢のようなひと時を過ごしたわたしは、名残を惜しみながら農園を後にしました。セイタカアワダチソウに止まっていたツマグロヒョウモンが、わたしにお別れを言う様に微かに羽を震わせていました。すると彼に同調する様に、農園の花たちも一斉に首を振りました。
e0064158_23175395.jpg
  セイタカアワダチソウとツマグロヒョウモン、下はパープル・メドウセージ
e0064158_23174217.jpg
 農園をぐるっと迂回すると、コミケちゃんのお家の上の路まで戻って行く事が出来ます。民家の軒先には美味しそうな柿がたわわに実り、秋空の青い色が柿の実に照り映えて、微妙な影を作り出していました。路沿いの崖上には青空に手を振る様に、ススキの大きな銀色の穂が微風に微かに揺れていました。
 わたしはふと立ち止まり、美しい秋空の下に輝くススキを見上げていました。その時フワ~と、赤金色の蝶ちょが飛んできて、直ぐ先の草の上に止まりました。それは今年初めて出逢った綺麗なキタテハでした。ゆっくりと羽を開いたその美しい色合いは、まるで太陽の中で赤く輝く黄金の様に思えました。わたしはその美しさにしばらく見とれてしまいました。
e0064158_23271387.jpg
e0064158_23273481.jpg
e0064158_2328236.jpg
             美しい赤金色の蝶、キタテハ
e0064158_0174015.gif
☆キタテハはタテハチョウ科で、6から12月頃まで見る事が出来ます。橙褐色で黒色の斑紋が在り、黒紋の中には青色に輝くりん粉が、とっても綺麗なチョウです。夏型と秋型が在るそうですが、わたしにははっきり判りません。林などで見つかりますが、民家のユリ、キク、ツワブキ等にも飛んで来ますよ。キタテハは成虫で冬を越すので、冬の花にもやって来ますが、腐った果物の汁に来る事が多いですよ。みなさんも見つけて下さいね。☆
by brue-nile | 2005-10-28 00:33 | 秋日和 / 秋の宝石 | Comments(10)
e0064158_13481754.gif
e0064158_23391689.jpg
              アプテニア(サンローズ) 
e0064158_0225110.jpg
               セン二チコウ(千日紅) 
e0064158_0271950.jpg
             サルビア・ゼラチニカ(メドウセージ)
e0064158_0283080.jpg
            千日紅&ジーニアとツマグロヒョウモン
e0064158_028541.jpg
          セイタカアワダチソウとツマグロヒョウモン                      

 穏やかな秋日和、わたしはぶらぶらとカメラ片手に、郊外散歩を楽しんでいました。赤いランタンの様な可愛いチロリアンランプと、小さな熱帯の花サンローズの在る一角を更に進むと、小さな農園が見えて来ます。日差しは眩しい程降り注ぎ、農園はガラ~ンと静まり返っていました。音と言えば花に群れるハチ達の、低い唸るような羽音だけでした。
畑の周りに植えられた花たちも、秋の日の明るい日差しの下、まるで眠っている様にぼやけて見えました。でもよく見るとツマグロヒョウモンが、千日紅の花たちに優しく抱かれる様に、ひっそりと休んでいました。わたしがそ~と指先で触れると、夢から醒めた様にふわ~と、飛んで行ってしまいました。でもしばらくするとひらひらと飛んで来て、今度はセイタカアワダチソウの花に、止まってくれました。それはキラキラと眩い、秋の日の幻の様なひと時でした。

e0064158_13403635.gif
※ツマグロヒョウモンに付いて詳しくは、10月3日の記事「不思議の森の物語、第1夜」(森の妖精…ツマグロヒョウモン)を是非見て下さいね。※
by brue-nile | 2005-10-27 00:57 | 秋日和 / 秋の宝石 | Comments(15)
e0064158_1344741.gif
e0064158_23565745.jpg
 穏やかな秋日和、郊外に出掛けたわたしは、可愛いコミケちゃんに会いに行きました。コミケちゃんはとっても元気で、日向ぼっこしてましたよ。撫ぜ撫ぜしてあげてたら、おばあちゃんがコミケちゃんのお昼ご飯を持って出て来たのです。それでわたしは、またぶらぶらとお散歩を続ける事にしました。細い小路をしばらく下って行くと、妖精が持つランタンの様な可愛い、赤い花達が沢山咲いていましたよ。それは愛らしいチロリアンランプの花でした。抜けるような青空の下、セイタカアワダチソウの黄色の花の下に、それは鈴なりに咲いていました。それからその根元には、濃いピンクの小さな花が咲いていました。サンローズと言う熱帯産の花でした。
e0064158_2357294.jpg
e0064158_23575554.jpg
e0064158_2358423.jpg
    (上3枚がチロリアンランプ、下がサンローズの写真です)
e0064158_005951.jpg
   
☆アブチロン(チロリアンランプ)はアオイ科でブラジル原産の花木です。6~10月にかけて、いろんな色の花を咲かせます。釣りの浮輪に似ているので、別名を浮釣木{うきつりぼく}と言います。花の形が幅広や傘状の物も在りますが、全部同じアブチロンの仲間です。昔はこの木の繊維を使って、布織物にしたそうです。また家畜の下痢止に効果があるそうです。☆
e0064158_13423644.gif

☆アプテニア(花蔓草)はハマミズナ科(ツルナ科)で別名は(サンローズ、ベビーサンローズ)と言う南アフリカ原産の植物です。耐寒性が在り露地でも日当たりがよければ育ちます。挿し芽でどんどん増やす事ができるそうです。(資料提供はeldermanさんです。ありがとうございました。)☆
by brue-nile | 2005-10-26 01:04 | 秋日和 / 秋の宝石 | Comments(18)
e0064158_13505393.gif
 素敵な秋日和は、お散歩日和…。この道の一寸先を右に曲がると、とっても可愛いコミケちゃんのお家があるのですよ。コミケちゃんのお家の横丁は小さな竹林になっていて、そこはコミケちゃんのお気に入りの遊び場なんです。そろそろお昼だから、コミケちゃんいるかしら?あ!いたいた、この子がコミケちゃんですよ。「コミケちゃ~ん!こんにちは!お天気になって良かったね!寒がりだから日向ぼっこに丁度良い日よね~!」…
e0064158_23481117.jpg
e0064158_23484385.jpg
e0064158_23491667.jpg
e0064158_23493792.jpg
 コミケちゃんは本当は{小三毛ちゃん}なのです。とっても小さい頃このお家に拾われて来て、小さな三毛猫だからおばあちゃんが{小三毛}と呼んだのです。今ではこんなに大きくなりましたが、名前はコミケのまんまです。コミケちゃんはもちろん女の子ですよ。ここは小学校の通学路にもなっていて、コミケちゃんは子供達が大好きです。行きも帰りもみんなが、コミケちゃんと遊んでいきます。さてそろそろおばあちゃんが、コミケちゃんのお昼ご飯を持って出てくる頃です。あ!コミケちゃんがミャーミャーと甘え声で玄関ドアーまで行きましたよ。ほら大好きなおばあちゃんが、ご飯のボウルを持って出て来ましたよ。「バイバイ、コミケちゃんそれじゃあね、ゆっくりお昼ごはん食べてね。」では、わたしはお散歩を続ける事にしましょうか?
e0064158_23495584.jpg
e0064158_13494614.gif

by brue-nile | 2005-10-25 00:29 | 秋日和 / 秋の宝石 | Comments(20)
e0064158_1359578.gif
e0064158_2346257.jpg
e0064158_23475416.jpg
e0064158_23485551.jpg
e0064158_23495964.jpg
e0064158_23512219.jpg


          穏やかな陽気に誘われて、ほんのちょっぴり郊外散歩!

             空は高くて気分も上々…カメラ片手に秋探し!

            ここは知ってる道だけど、とっても綺麗な秋日和、

          季節の魔法で知らない道が、わたしを遠くへ誘います!

        何時とは違った視点で見ると、普通の景色も変わって見えます。

        今日はあんまり空が青いので、わたしは空を見上げて見ました。
      
       そうして空を背景に草木や花を、心のキャンバスに描いてみました。
e0064158_13543390.gif
               ※クリックして拡大すると綺麗に見れます。
by brue-nile | 2005-10-24 00:17 | 秋日和 / 秋の宝石 | Comments(20)