ブログトップ

ナイル商会

thenile.exblog.jp

何時も有難うございます!ご訪問頂いたお客様も203,060 人を超え、新たな目標に向かって歩んでいます。身近で出遇った小さな生き物達や植物など、気ままにナイルがご案内しています。 ナイル商会・管理人

庭の歳時記(夏ー14) 最愛の花、黒い瞳のスーザン

e0064158_0371375.gif みなさん、こんにちは、ナイルです。今日7月2日はわたしには、ちょっぴり特別の日なんです。どう特別かと言いますと、実は…わたしのブログ「ナイル商会」が、何と今日から11ヶ月目に入ったのです。2ヶ月後には、ついに1周年を
       迎えるわけですから、何だか今からそわそわしていますよ。
e0064158_048499.jpg
 そんな訳で、今日はみなさんに屋上のお庭から、わたしの最愛のお花を見て頂こうと思います。このお花がどんな時にも、わたしを勇気付け励ましてくれるのですよ。
e0064158_0482366.jpg
 辛くてポロポロ涙が落ちてくる時は、このお花を見ればその明るさに、痛みを忘れます。
e0064158_0494274.jpg
      素敵な事があった時は、このお花が共に喜びを分かち合ってくれます。
e0064158_050924.jpg
 わたしが世界中で一番大好きなお花、このお花は「ブラックアイド・スーザン」…、日本語にすれば「黒い瞳のスーザン」と言う名前なんです。
e0064158_0513366.jpg
 日本でも園芸店では、似ているお花を売っていますよ。みなさんはきっと、このお花の園芸種をご覧になっていると思いますよ。
e0064158_05205.jpg
 園芸種は「ルドべキア」と言います。大概が鉢植えで、大輪のお花です。真ん中の花芯が大きくて、花弁が幅広く、黄色に赤茶色の斑が入っています。それからお花の大きさに似合わず、背がとっても低いのです。ですから切花には向きません。
e0064158_0522384.jpg
 でもわたしの「ブラックアイド・スーザン」は、背が高くて花びらが細長くて、中央の花芯が小さいのですよ。茎が長いので、切花に最適な丈夫なお花なのです。
e0064158_0524869.jpg
 「ブラックアイド・スーザン」は「ルドべキア」の仲間です。正式名は「Rudbeckia Fulgida var.Sullivantii」と言う難しい名前ですが、俗称で「ゴールド・ストーム=黄金の嵐」と呼ぶ場合もあります。カリフォルニア州を「ゴールデン・ステート」と呼ぶ様なものなのです。
e0064158_0531328.jpg
 でもわたしには、このお花は何時でも「ブラックアイド・スーザン」です。このお花を始めて見た時に、親友ジョアンさんが「このお花は、ブラックアイド・スーザンと言う名前なのよ。」と、嬉しそうに教えてくれたのです。
e0064158_0545951.jpg
 「ブラックアイド・スーザン」の呼び名は、ジョアンさんが子供の頃から呼びなれている名前なんです。子ども達が、「エノコログサ」を「ネコジャラシ」それから「ハルタデ」を「アカマンマ」と呼ぶのと同じなんだと思います。
 アメリカでは黄色で中心が黒っぽいお花を、何でも「ブラックアイド・スーザン」と呼びます。でもヒマワリは「サンフラワー」のまんまです。唯ややっこしいのは、黄色のキク科のお花を「サンフラワー」と呼ぶ場合が在るんです。色々調べてみますと、州によって呼び方が違うようなんですよ…!?
e0064158_274768.jpg
 日本には、北米からの帰化植物の「オオハンゴンソウ」がありますが、これの花芯は薄緑色で、葉や茎は無毛です。葉っぱの形も全く違いますよ。「ブラックアイド・スーザン」には、葉にも茎にも柔らかい毛が生えているので、葉っぱはふかふかしていますよ。
 上の写真は大き目のガラスのコップに、「ブラックアイド・スーザン」と「ルドベキアア・ヒルタ」を生けてみました。
e0064158_0551992.jpg
 一番上の写真は、変わり咲きの「ブラックアイド・スーザン」達です。それから一番下の写真は「ブラックアイド・スーザン」ではなくて「ルドべキア・ヒルタ」と言う、アメリカの園芸種です。お花は巨大輪の種類です。花弁は細い物~幅が広いもの、それから八重のもの迄、沢山のバリエーションがあります。「ルドベキア・ヒルタ」は先にお話しました、日本の園芸種の「ルドベキア」の亜種かも知れません。

※みなさん、一番上と下は拡大して見ると、とっても綺麗ですよ。わたしの写真は、大体どれでも、クリックすると拡大しますので、是非お試し下さいね。
by brue-nile | 2006-07-02 02:49 | 庭の歳時記(夏)全38話 | Comments(12)
Commented by Vegetariank at 2006-07-02 07:18
おはようございます。
色としては黒やベージュが好きなのですが、花は黄色がダントツに好きです。
これからも、色々と楽しませて下さいね。m(_ _)m
Commented by sdknz610 at 2006-07-02 08:05
黄色は好き!太陽は元気の基ですよね。
これヒマワリよりも太陽に似てますよ! これがナイルさんの栄養源って訳ですネ♪
Commented by nemoche at 2006-07-02 11:43
物語やキャラクターを考えたくなる名前の花ですね。
背が高く育ったのは、ナイルさん似?
花びらの表情がすごくイイですね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2006-07-02 15:12
この色は元気を運んでくれますね。
ご自宅に咲くなんて、素敵です。
邪魔者扱いの「オオハンゴンソウ」も好きな花です。
あの黄色が疲れを取ってくれますもの。
Commented by untikusai at 2006-07-02 19:17 x
夏の花ですね~。色が黄色だったのでマリーゴールドと勘違いしました。強烈な素敵な色ですね。
Commented by brue-nile at 2006-07-02 20:38
*Vegetariank*さん、こんばんは。
黒とベージュのお花は、殆ど無いですね。(笑)
わたしが好きな銀色のお花も、絶対に無いですから…??

でも黄色は夏の色なんですよ…本当なんです…、
実は植物も日焼けするので、
メラニン色素が、花色に関係するようですよ。

黄色ならどんなに日差しが強くても、
頑張って咲いていますものね~!
Commented by brue-nile at 2006-07-02 20:44
*sdknz*さん、こんばんは。
黄色系は「トビシマカンゾウ」の色、
sdknzさんの大好きな色ですよね…!

ヒマワリも好きなのですが、栽培に場所を取るんです。
それでミニヒマワリを植えていたのですが、
何時の間にか消滅しました…(涙)

でもスーザンは強いお花なんです、
どんな環境でも綺麗に咲いて、楽しませてくれます。

そうなのですよ、わたしに勇気や元気をくれるのが、
ブラックアイド・スーザンなのです…!!
Commented by brue-nile at 2006-07-02 20:55
*nemoche*さん、こんばんは。
アメリカ東部の野原には、一面のスーザンが咲いていて、
風に揺れると黄金の波のようでした…!

キャラクターならnemocheさんにお任せで、
絶対間違い在りませんよ…!
お話作りは、好きなので、色々出来そうですよ、
共作したら楽しいかも…♪♪

チックシードも丈が高かったのですが、
秋までお休みしてるので、一寸寂しいかも、
でもスーザンが頑張っているので、
こちらの共演はありませんよ…(笑)

スーザンを好きになって下さって、
とっても嬉しいですよ…!!
Commented by brue-nile at 2006-07-02 21:04
*shibata*さん、こんばんは。
本当に元気をくれるお花です。
少し前の初夏に飯田の友人を訪ねました。
中学校の校長先生をしている方なんです。
お嬢さん二人が東京にいて、心配で仕方ないのです。

その飯田で「オオハンゴンソウ」を沢山見かけましたよ。
「キクイモ」も好きですが、
「オオハンゴンソウは」、花芯が盛り上がるのが
「スーザン花」に似ていて、好きなお花の一つなのです。

野辺に咲く「オオハンゴンソウ」は、
風情が在って良いですよね…!
Commented by brue-nile at 2006-07-02 21:08
*untikusai*さん、こんばんは。
「マリーゴールド」の独特な香りが好きですよ。
唯丈が低いのが難点です。

このお花は、素晴らしい香がするのです、
丈夫で長持ち、放っておいても、
毎年律儀にお花を咲かしてくれますよ…!
Commented by ran1005 at 2006-07-02 21:31 x
キクイモ・オオハンゴンソウ・ルドベキア
それも見慣れた花ですから直ぐにわかります
たしかにブラックアイドスーザンとはちがいますネ
花芯が開花していない盛り上がった時期、凄く特徴が出ていますネ
こんなに綺麗な状態で花の中心部分を見たの初めてですヨ
オオハンゴンソウは花芯部分が盛り上がっていますが花が少し下向きで元気がなさそうな印象ですしキクイモは花びらが少し多いイメージですネ
やはりスーザンさんは独特の品種の印象ですネ
Commented by brue-nile at 2006-07-02 22:24
*ran1005*さん、こんばんは。
久し振りに植物にしてみました…!

スーザンと一緒に「ガイラルディア」の大輪が咲きましたが、
普段見慣れているものとは、大分違っていました。
「エキナセア」の蕾が開いて来たので、喜んでいます。
このお花は花芯が盛り上がり、
ローズピンクの花弁が下に回りこむように咲くので、
これも好きなお花なんですよ。

さて、キクイモもオオハンゴンソウも、黄色が青みが在るので
寂しげな印象を与えますが、スーザンはブライト・イエローなので、
たった1輪でも、凄く存在感があるのです。

もし宜しかったら、育ててみられませんか…、
雪が降る中でも元気に咲いているので、寒さや冬の乾燥にも強いんです。
毎年種が沢山採れますので、色々な方に差し上げているんですよ。