ブログトップ

ナイル商会

thenile.exblog.jp

何時も有難うございます!ご訪問頂いたお客様も203,060 人を超え、新たな目標に向かって歩んでいます。身近で出遇った小さな生き物達や植物など、気ままにナイルがご案内しています。 ナイル商会・管理人

庭の歳時記(夏ー3) 続・今年初めて、大透翅蛾

e0064158_1027551.jpg
 みなさん、こんにちは、ナイルです。東京は気温が低めで、街を歩いていても、真夏の格好の女性がいたり、セーターを重ねた女学生がいたりと、季節が判らなくなっています。寒がりのわたしは、勿論厚めのプルオーバーに、ジャケットを着ていましたけれど…!?
e0064158_10281357.jpg
 さて、「こんなモノ見~つけた♪」から、「庭の歳時記」にタイトルを変えました。色々なモノを見つけ過ぎて永遠に終りそうも無く、気がつくと昨日の段階で56回になっていました。
  それで、先日の「可愛いマーヤ」と、昨日の「今年初めて、大透翅蛾」を、急遽新シリーズに変更しました。今は夏が始まったばかりですので、丁度限が良かったと思っています。今度のシリーズは、わたしのお庭で出遭った虫さん達や、わたしが育てているお花などを、みなさんにご紹介して行こうと思います。
e0064158_1030912.jpg
 今日は昨日の続きで、インパクトがあっても可愛い、「オオスカシバ」さんです。この上の写真は、とっても貴重なショットなんです。何故かと言いますと、お花が「シャスタ・デージー」だからです。「オオスカシバ」さんは、長~いお口を伸ばして、筒型のお花の蜜を吸う蛾の仲間なんです
e0064158_10312831.jpg
 筒型やベル型のお花の縁に、前足を掛けて口をストローの様にして、奥の蜜を吸うのです。ところがシャスタ・デージーは、蜜が浅い所にある花ですから、長いストローは必要ないんです。それに上向きの咲いていますから、ホバリング(空中停止)して吸蜜する事が出来ないのです。
e0064158_10333245.jpg
 写真を見ていただけばお判りの様に、お花の上に乗掛って蜜を吸っているのです。それでも翅は始終パタパタさせては居ましたが…!それから、左下に見えるのは、お馴染みの「モンシロチョウ」さんです。
e0064158_10342425.jpg
 先に書きました様に「オオスカシバ=大透翅蛾」さんは、昼間活動する蛾の仲間です。わたしのブログで何度か取り上げた「ホシホウジャク」さんや、前回のシリーズに登場した「エビガラスズメ」さんと同じ「スズメガ」の仲間なんです。 普通の蛾と違っているのは、この子の翅がセミの翅みたいに、透けている事です。翅にリン粉の無い部分があって、透けて見えるので「スカシバ」なんです。
e0064158_10451227.jpg
 「オオスカシバ」さんは、開張50~70㎜とかなり大きめの蛾です。花の周りを飛び回る姿が、大きなハチさんの様に見えるので、ビックリして逃げる人が沢山いますよ。
e0064158_10462337.jpg
 羽化したばかりの「オオスカシバ」さんの成虫の翅は、未だリン粉に覆われていますが、翅を震わしてリン粉を落とし、透き通った翅になるのです。幼虫は市街地のクチナシの葉などを食べますので、ボロボロになったクチナシを探すと、幼虫の姿が在るかもしれませんよ。
e0064158_10465834.jpg
 「オオスカシバ」さんの飛び方は、ビュ~ンビュ~ンと忙しなく、猛スピードで飛び回りますから、追っかけるよりは同じ場所に居た方が、撮影のチャンスがありますよ。
by brue-nile | 2006-06-06 00:47 | 庭の歳時記(夏)全38話 | Comments(9)
Commented by Vegetariank at 2006-06-06 20:43
こんばんは。
私の行動範囲にはどういう訳かオオスカシバは殆ど見かけません。
今日も散歩中に見かけたのはホウジャクの仲間だと思います。
好みの花とかが有るんでしょうね。
Commented by datkun at 2006-06-06 20:50 x
ナイルさん、おヒサです。先日の土日、長久手のtsuka君、個展を終わらせたその足で当地に絵を描きに来ました。
日にはあなたに電話してましたね。つい先ほど新幹線で帰ったようですけど。
Commented by brue-nile at 2006-06-06 22:11
*Vegetariank*さん、こんばんは。
オオスカシバは確かに好きなお花があります。
他のチョウチョさんたちのお口が届かない、
長い筒型や袋型に来てます。

わたしの所に「ムシトリナデシコ」は、
アブ&ハチさん、チョウチョさんは敬遠しています。

今の時期ですと「クサギ」「スイカズラ」…
もう少しすると「ホウセンカ」にやって来ます。
それに「クチナシ」は幼虫の食草なので、
「クチナシ」の所で多く出遭えます。

スズメガの仲間は、口の長さが夫々違っているので、
自分に合ったお花を見つけてやってくるのでしょうね。

「ムシトリナデシコ」の種が採れましたら、お送りしたいと思います。
Commented by brue-nile at 2006-06-06 22:19
*ダット君*こんばんは。
月曜に山ちゃんの高島屋の後、「VOLANTⅡ」に行き、
tsuka君、チカラ虫さん&奥村君達に会って来ました。

tsuka君の和田には行けませんでした、
案内くれないし終った後で電話なんだもの…!

チカラ虫さんは「現場人」を抜けたとか…!?
ネコさんの「時のかたち」は行けるかな~!?
Commented by brue-nile at 2006-06-06 22:37
*Vegetariank*素敵なお写真拝見して来ました。
またまた宣伝して下さって、本当にありがとうございます。
(でも、一寸持ち上げ過ぎでは…)
もう「ヤナギバハナガサ」が咲いているんですね
この子は「ホシヒメホウジャク」さんでしたよ。
この子はお花に前足を掛けますし、
「スカシバホウジャク」さんや「スズメガ」さんのお仲間は、大体脚を掛けてます。
でも「ホシホウジャク」さんが、掛けているのは見た事がありません。
「ヒメホシホウジャク」さんも同様で、掛けていないようです。
Commented by Vegetariank at 2006-06-06 23:14
こんばんは。
ありがとうございます。
早速タイトルを訂正しました。
これからは昆虫達の季節で、また楽しみですね。
Commented by brue-nile at 2006-06-06 23:32
*Vegetariank*さん、わざわざ申し訳在りません。
そうなんです…色々な昆虫さん達が遊んでくれますよね!
野鳥は無理なので、小さな昆虫さん達で、写真のお勉強をしますね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2006-06-07 15:22
すっかり「オオスカシバ」にはまってしまいました。
三毳山の花センターに寄ったのですが、会えませんでした。
帰宅しましたら、この第2段!!
ホバリング状態やら、お口のストローのクルクル・・・・・
会うのが楽しみです!
Commented by brue-nile at 2006-06-08 00:32
*shibata*さん、こんばんは。
それは、それは…大変おめでとうございます。

チョウやスズメガの仲間は、口の長さにあわせて、
好みのお花があるのです。

わたしは彼らの為に、好物を用意して待っているんです。
成虫がやって来るお花だけでなく、幼虫が食べる木や草も
遇えるポイントです。

オオスカシバさんは、クチナシのところが最大のポイントです。