ブログトップ

ナイル商会

thenile.exblog.jp

何時も有難うございます!ご訪問頂いたお客様も203,060 人を超え、新たな目標に向かって歩んでいます。身近で出遇った小さな生き物達や植物など、気ままにナイルがご案内しています。 ナイル商会・管理人

こんなモノ見~つけた♪(42) 不機嫌な唇、薄紅筋姫尺

e0064158_028352.jpg
 みなさん、こんにちは、ナイルです。先ほどまで酷く雨が降っていたのですが、今は静かになっています。昨夜は東京地方に雷注意報が出ていたので、仕事を終え大急ぎで帰宅しました。
e0064158_0282724.jpg
 わたしが帰宅するや否や、追っかけて来たように雨が降り出し、あっと言う間に土砂降りになりました。良い間に帰り着けて、ほっとしました。今日もお天気が悪い様ですが、気温は28℃になるとか…?低気圧が運んで来たフェーン現象なのかも知れませんね!?
e0064158_0285582.jpg
 さて、今日の「こんなモノ見~つけた♪」は、わたしのブログでは始めてご紹介する「スミレ」の花です。わたしは野のお花が好きなので、今年も色々な「スミレ」の写真を撮りました。でも、みなさんにご覧頂きたい物が沢山あったり、「スミレ」自体もアメリカからの「帰化スミレ」が増えて、同定が出来ない物などが多くあって、掲載を見合わせていました。スミレ属の植物は日本には、約60種も在るのです。
e0064158_0292874.jpg
 今日の「スミレ」は、近所の公園の林の中で群生していた物です。この「スミレ」は、非常に花が小さいので、見落としてしまう人が多いのですよ。
 この「スミレ」の名前は、スミレ科スミレ属の「ツボスミレ」と言います。別名があって「ニョイスミレ」と呼ばれる事もあります。「ツボスミレ」のツボは坪で、庭を表わしています。同じ坪が付く「タチツボスミレ」は、最も多く見られる「スミレ」です。
e0064158_030055.jpg
 「ツボスミレ」は南千島、北海道~九州、樺太、朝鮮、中国、ウスリー、アムール等に生育する多年草です。湿原の辺や、湿った草原等に生育しています。
 「ツボスミレ」は全体に柔らかくて無毛です。葉の長さが1~3㎝のハート形で、裏面は紫色を帯びています。小さな愛らしい1㎝程の白色の花は、中心部に紫褐色のスジが目立つ模様があります。側弁には僅かに毛があり、とっても短い距があります。
e0064158_030597.jpg
 ハート形の葉と先に記載しましたが、葉の基部広く湾の様な形に引っ込んでいます(湾入)。この湾入は、春には小さいのですが、夏になると広く大きくなります。
 この湾入の程度が大きくなり、葉が三日月形になる物を「アギスミレ」と言います。「アギスミレ」は北海道~東北地方に分布しています。
e0064158_0311666.jpg
 「アギスミレ」の小型の物で、茎が葡萄性の物を「ヒメアギスミレ」と言います。この「ヒメアギスミレ」は近畿地方以西に生育しています。ですから東京に在るとすれば、それは「アギスミレ」と言う事になります。両者の見分け方は、葉の基部の湾入の程度と、葡萄性かどうかです。
e0064158_0313711.jpg
 東京では殆どが「ツボスミレ」ですから、「アギスミレ」との簡単な見分け方は、葉の基部が半月~三日月状に見える物を「アギスミレ」と覚えて置いて下さい。「ツボスミレ」も「アギスミレ」も花期は5~6月です。
 ところで、写真の上から6番目、下から2番目の「ツボスミレ」達は、キスしている様に見えます。距が短いのもお判りになると思います。
e0064158_031578.jpg
 それでは、今日の虫さんをご紹介しましょうね。この子とは「ツボスミレ」を見つけた林の奥で遇いました。一寸見は、への字に結んだ不機嫌そうな唇みたな形をしています。綺麗なベージュ地に紅褐色の1本線が目立つ蛾の仲間です。
 この子の名前は「ウスベニスジヒメシャク=薄紅筋姫尺」さんと言うシャクガ(尺蛾)のお仲間です。この種類には「フトベニスジ(太紅筋)ヒメシャク」さんがいますが、線の形状や大きさ等から(断定は出来ませんが)「ウスベニスジヒメシャク」さんの方だと思います。
e0064158_032105.jpg
 「ウスベニスジヒメシャク」さんは、開張が21~28㎜で、前後ハネとも先端が尖っています。5月~10月頃迄、林縁や湿地で見ることが出来ます。分布は広くて、北海道~九州、対馬、朝鮮、ウスリー、海南島それにアッサムなどに生息しています。
 「シャクガ」の赤ちゃんは、みなさんも良くご存知の「尺取虫」さんです。樹木の小枝そっくりに、ピ~ンと身体を伸ばして、樹にくっ付いている姿を見かけますよね。イギリスではLooper(ループ作りさん)、アメリカではインチワーム(インチを測る虫さん)と呼ばれて親しまれています。小さな緑の虫さんから、大きな茶色の虫さんまで、色んな尺取虫さんがいて、ユーモラスな歩き方は何時まで見ていても飽きません。
 
by brue-nile | 2006-05-20 02:15 | こんなモノ見~つけた♪(54話) | Comments(10)
Commented by junko73oz at 2006-05-20 07:47
毎日お勉強させていただいています。
ナイルさんのブログで覚えたことは散歩に出たとたん、すぐに役立つことがとても多いのです。
一緒に散歩する友人がいる時には、「野草や虫の事をよく知っているね!」と、感心されます。おかげ様で、仲間内では「お散歩名人」といわれております。(笑)
Commented by ravie at 2006-05-20 10:51 x
可憐なすみれ/ とてもポエジーです。今この瞬間をこの時期を一瞬にして物語っています。どうもありがとう。<にほいたつ/すみれのように/夜があけて>ravie
Commented by toka.s.photo at 2006-05-20 12:46
スミレもいろんなのがあるんですね。
勉強になりますφ(..)メモメモ
Commented by brue-nile at 2006-05-20 20:02
* junko73oz*さん、こんばんは!
わぁ~そうなんですか…!わたしのブログは雑学ばかりですが、
お役に立っているなんて、とっても嬉しいですよ…!

「お散歩名人」素敵ですね、正にピッタリの命名ですね。
このところ虫さんばかりで、女性はお嫌いな方が多いので…、
一寸心配していましたが、さすが junko73ozさんと、
感心しております。
Commented by brue-nile at 2006-05-20 20:14
*ravie*こんばんは。
あなたに薔薇をUP…と思っているのですが、
なかなかチャンスがありません。
野草も好きですが、わたしは昆虫が好きなので、
最近はご覧の通りの「虫ブログ」になっています。

虫嫌いな女性が多いので、最近はちょっぴり心配です。
女性には、やっぱりお花が良いですよね~!
Commented by brue-nile at 2006-05-20 20:18
*toka*さん、こんばんは。
折角メモなさっても、メモ用紙が行方不明…、
メモの置き場所がをお忘れないように願います…(笑)

実は毎度やってるナイルです…(涙)
Commented by holyholyholy at 2006-05-21 02:18
スミレって可憐ですね。
スミレは私の母が好きです。誰かにもらったのを植えたのか、庭に出てくるのを大事にしてました。
その当時は、花が小さくて葉っぱばかり、なんて思ってましたけど。。。^^;
Commented by brue-nile at 2006-05-21 02:38
*みかん*さん、こんばんは。
「スミレ」って言う名前だけで、可憐なイメージが湧いて来ますよね。
野草は葉っぱが大きくて、花が小さいですものね…、
小さい子はやっぱり大きな花の「チューリップ」辺りが好きかも知れませんね…!
Commented by ran1005 at 2006-05-22 00:25 x
週末になると急に忙しくなって・・・自分のblogの更新が精一杯です
「白鳥の湖」のバレーを見てきましたと言っても孫たちのバレー発表会でですが・・・
ロシアバレー団との親睦発表会でしたのでなかなか見ごたえありました
最近は日本人も体形が良くなってきましたが矢張りロシアの方々とは比になりません
出発点でハンディーがすでにありますが・・・
美しい音楽と綺麗な動き・ユメのような衣装はある意味では情操教育に役立っていますネ
スミレはトテモ知りたい分野です
白い小さな少し葉が巻いたようなスミレ良く見かけます 
ツボスミレ。ニョイスミレなんですネ 
何時も調べようと思いつつ・・・
わかりやすい解説で良く判りました
どうぞこれからもスミレの案内お願い致します
ウスベニスジヒメシャクガ初めて見ました
綺麗なガですね ナイルさんは興味をもってご覧になるので色んな物がよくみえるのですね 何時も感心して拝見しています
Commented by brue-nile at 2006-05-22 03:09
*ran1005*さん、こんばんは。
お忙しいのに、わざわざ済みません。
ブログを毎日更新するには、本当に大変ですものね…!

わたしの生徒のお孫さんもバレーをやっています。
彼女は未だ小学3年生ですが、わたしの友人(元バレリーナ)たち曰く、
姿勢がバレーにピッタリだとか…!
初舞台はやはり白鳥でしたよ。

スミレですか、時季が既に終わっていてますが、
アメリカの帰化スミレを遣ろうかな~と思っています。
5月22日にアメリカフウロを乗せましたから、
帰化植物も面白いかな~と思っているのです。
でも今は様々な昆虫達がいますから、こっちも遣りたいし…
と色々考えてしまいます。