ブログトップ

ナイル商会

thenile.exblog.jp

何時も有難うございます!ご訪問頂いたお客様も203,060 人を超え、新たな目標に向かって歩んでいます。身近で出遇った小さな生き物達や植物など、気ままにナイルがご案内しています。 ナイル商会・管理人

こんなモノ見~つけた♪(40) 黒装束の虫さん、羽黒毛蝿 

e0064158_2371328.jpg
 みなさん、こんにちは、ナイルです。このところ東京は、とってもお天気が悪いですよ~!昨日も雨降りで、止んだかな…?と思っていても、また直ぐ降り出すのです。この雨も当分続きそうで、まるで梅雨寒の様な感じがします。4月5月と本来なら、素敵な春を謳歌している筈ですのに…今年の春は何処に行ってしまったのでしょうか?
e0064158_2442853.jpg
 このところ、毎日更新時間が遅いのですが、投稿ボタンを押したら既に午前2時45分を回ってしまいました。明日も忙しいので、今日は簡単な物で済まそうと思います。
e0064158_2464266.jpg
 さて、みなさん、今日の「こんなモノ見~つけた♪」は、この黄色のお花、ラン科キンラン属の「キンラン=金蘭」です。「キンラン」は中国と日本に自生する多年草です。
 「キンラン」は本州~四国、九州に分布し、4~6月に山地や雑木林などに、美しい黄色の花を咲かせる自生ランです。草丈は20~40㎝で、花は径1~1.5㎝で、唇弁が3裂し側裂片が内側に巻き込んでいます。
e0064158_3305.jpg
 「キンラン」は、登山者などに採取され、近年あまり見かけなくなりました。とても愛らしい野生のランですが、ラン菌の力に頼る半腐生の様なランですから、栽培は事実上不可能とされています。
e0064158_374536.jpg
 「キンラン」は、やや薄暗い林下に自生する土生蘭ですが結構大型になり、美しい黄色の花は暗い中に、ポット灯を点したように目立ちます。
e0064158_3121311.jpg
 「キンラン」は、山中よりも人里近くての林道など、あんまり下草が生い茂っていない、開けた場所で見つける事が多く在ります。
e0064158_3154253.jpg
 「キンラン」の葉は、長楕円形の披針形で、厚くて荒いシワがあります。基部は茎を抱き、互生しています。茎の先に長さ15㎜位の花を10個ほど付けます。黄色の花は蕾んだ様なままで、平開しません。「キンラン」の和名は花の色からで、近似種に花色が白色の「ギンラン」があります。
e0064158_323098.jpg
 ところで、みなさんは、この写真の様な全身黒装束の虫さんをご覧になった事がありますか?この黒は艶が無くてマットな黒ですが、細かな軟毛に覆われた翅は、半透明で僅かに褐色を帯びています。わたしが見つけた時は、草の茎にじ~と、しがみ付いていました。
e0064158_32617100.jpg
 この子の正体は「ハエ」の仲間で「ハグロケバエ=羽黒毛蠅」と言う双翅目(ハエ目)ケバエ科の虫さんですよ。この姿からは、一寸ハエさんの仲間には見えませんね。
 「ハグロケバエ」さんの大きさは12~14㎜で、本州~沖縄に分布し、山麓~山中に生息しています。5月頃森林中で発生し、人家近くにも遣って来ます。コナラやカエデの花に止まっている事が多く、ゆっくりと飛びます。幼虫は朽材や落ち葉の中で育ちます。
by brue-nile | 2006-05-18 03:50 | こんなモノ見~つけた♪(54話) | Comments(6)
Commented by sdknz610 at 2006-05-18 04:12
キンラン、見事ですね~。
虜になる人がいそうですね! これ自生ですか? スゴイ!
ハグロケバエ、大きそう!初めて見たという感じですが、何処かで見ているかも
しれないですね。名前がわかったので、次はしっかり見ようと思います。

雨が止んでなくて・・・散歩の時間ですが様子見してます。
イチローは未だ寝ていて、起きて来ないんです♪
分かっているな!
雨の様子は国土交通省のレーダ画像がわかり易いので、
コレで判断するんですよ・・・。あと少しで一時止みそうなんです・・・。
↑へんなのが来てますネー・・・
Commented by brue-nile at 2006-05-18 04:31
*sdknz*さん、こんばんは。ありがとうございます。
これは自生です、というか栽培出来ない蘭なのです。

ハグロケバエは一見ハチの仲間の様に見えますよ。
でも結構面白いお顔をしています。

お散歩は雨だと大変ですね、イチロー君は足が濡れて可哀想だし…
東京は今日も一日雨の様ですが、止んでくれると助かりますがね~!
Commented by kimiko_shibata1 at 2006-05-18 07:38
山で見かけるキンランはこんなに黄色では無かったです。
林の下にひっそりと咲いていました。
「ハグロケバエ」はじめてみるのかしら?
それとも見ているけど見ていない・・・かな?
どうも観察力が足りなくて・・・・


Commented by ran1005 at 2006-05-18 10:55 x
良く金蘭の事観察されてますネ 都会では無理でしょうが自生する場所をご存知なんですネ
八ヶ岳の裾野の林道の淵などで良く見かけますが確かに下草の少ない場所でスックトたっていますから一寸目立ちますネ
銀蘭は我が家でも長い事咲いていました 
株が増える事はありませんでしたが毎年可憐な姿を見せてくれていました
駐車場にした場所でしたから姿の見えないうちにお別れでした
どちらかというと銀蘭は地味でしたので金蘭ほど乱獲はされない気がします
ハグロバエは金襴のファンなんでしょうか
愛しむ様に停まっていますネ
Commented by brue-nile at 2006-05-18 22:07
*shibata*さん、こんばんは。
キンランは山より、低地の林辺りの物が綺麗です。
土生の蘭ですから、養分を土中から採ります。
山より林などの方が、株も大きく花も大きいですよ。

でも以前は花数が多くて、とっても綺麗でしたが、
年々花数が減って、
少ないと2個しか付けていないものもありました。

ハグロケバエはあんまり飛ばないので、
葉や花にとまって、じ~としています、
この時も、低い草にいましたから…

多分大発生でもしない限り、
気付く人もいないでしょう!
Commented by brue-nile at 2006-05-18 22:13
*ran1005*さん、こんばんは。
親戚の一人が山野草栽培の専門家でしたので、
キンランにギンラン、エビネなど様々な野草が
我が家の狭い庭にも在りましたよ。

わたしのところも同様で、事務所に改築したので、
お庭の花も、数がすくなくなってしまいました。

ハグロクロバエが止まっているのは、キンランではなくて、
ノダイコンの茎です、開けて明るい草むらで見つけました。