ブログトップ

ナイル商会

thenile.exblog.jp

何時も有難うございます!ご訪問頂いたお客様も203,060 人を超え、新たな目標に向かって歩んでいます。身近で出遇った小さな生き物達や植物など、気ままにナイルがご案内しています。 ナイル商会・管理人

アダンの木と孤高の日本画家、田中一村     (沖縄にて...№15)

 今日も昨日に引き、沖縄の植物たちを紹介します。沖縄で目立つ大きな樹と言ったら、一昨日紹介したヒカゲへゴとアダン(阿檀)の木でしょう。そうしてアダンの木で、直ぐ連想するのは孤高・異端の日本画家の田中一村です。
 田中一村は50歳と言う年齢で家を売り、自分を支えてくれた姉とも別れ、単身で復帰間もない奄美大島へ移住したのです。昭和28年12月25日、それまでアメリカの占領下に在った、奄美大島が沖縄に先駆けて日本に返還されたのです。
 一村はその5年後の33年12月に奄美に渡り、19年と言う長い日々を極貧の中、アダン、ビロウ、コンロンカ、クワズイモ、ヒカゲへゴ等の植物やイシガケチョウ、ツマベニチョウ、アサギマダラ等の蝶々やアカショウビン、アカヒゲ、トラフズク等の鳥たちを奄美の風景の中に散りばめたのです。
 一村は昭和52年一人夕食の準備をしている時に倒れ、69歳の生涯を閉じたのです。『一切遠慮せず只自分の良心の納得行くまで描いています』手紙の中で語る様に、一村は美の為に殉じたのです。「アダンの木」はそんな一村の大作で、傑作中の傑作なのです。
e0064158_1271417.jpg
          (ヒカゲへゴに絡まるアカネ科の蔓植物シラタマカズラ)
e0064158_23294218.jpg
       (上はアダン{パンダナス科}の果実、下はホテル前庭の熟したアダン)
e0064158_23332923.jpg
e0064158_2336376.jpg
          (上と下、ダツラ{ダチュラ、キダチチョウセンアサガオ}ナス科)
e0064158_23582926.jpg
e0064158_031412.jpg
      (上と下、ターミナリア{和名モモマタナ、別名コバテイシ}シクンシ科)
e0064158_061837.jpg
 ダツラも「ダチュラとアカショウビン」と言うタイトルで、田中一村の作品の中に登場します。皆さんも機会が在ったら田中一村の作品集を、図書館等で是非見て下さい。
☆一番下に「田中一村記念美術館」のサイトへの入り口を、急遽設けました。みなさん、こちらから見に行って下さいね。☆

※アダン(学名Pandanus odoratissimus)パンダナス科(タコノキ科)は南の島の海岸線に、多く自生する高木です。見た目はパイナップルに良く似ていますが、果実は食べられません。この実はヤシガ二が餌にするようです。タコノキに似ていますが、アダンの実は赤く熟し、葉の縁に白っぽい大きな鋸歯が在ります。アダンの葉はとても丈夫なので、乾燥させて民具の材料にするそうです。※

※ターミナリア(学名Terminall catappa)シクンシ科、和名モモマタナ、別名コバテイシ(古葉手樹)は、小笠原、沖縄、アジア、アフリカの海岸線に自生し、約200もの種類が在る植物です。高さは10から15mにもなり、落下した果実は海流に乗って散布されます。種子はアーモンドに似た風味が在り、食べられるそうです。※

田中一村記念美術館  ← 「蝶と山・てくてく写日記」のbanyan10さんに教えて頂きました。こちらからサイトに行って、田中一村の素晴らしい作品を、是非ご鑑賞下さい。(クリックするとサイトに行けますよ。)
by brue-nile | 2005-11-24 02:02 | 沖縄にて…(全21話) | Comments(10)
Commented by ヵヮィィ☆ブログランキング at 2005-11-24 02:27 x
突然のコメント失礼します。
この度、新規にブログの検索&ランキングサイト立ち上げました。
ブログを拝見させていただき、内容もよく、大変よくできているブログであると感じました。
このブログを【bitz】の「恋愛・結婚」カテゴリにも登録して、
もっと多くの人に読んでもらいませんか?
上位のブログにはトップページから直接リンクされるので、
多くのアクセスとSEO効果が期待できます。
宜しくお願い致します。

ヵヮィィ☆ブログランキング【bitz】
http://bitz.tv/brank/

参加をお待ちしています☆
Commented by SDKNZ610 at 2005-11-24 03:38
ダツラ、トランペットにそっくり?だと思いました。兎に角珍しい見たことも無い植物群が次々と登場するので、ワタシの起き抜けの楽しみになっています。目覚まし写真館と呼ぶ事にしますネ♪ナイルさんやっとお休みになっておられると思いますが、ゆっくり、沢山眠って下さい・・・。
Commented by mstgn at 2005-11-24 09:18
おはようございます。

お写真を拝見させていただいていると、
「南国」のにおいや、空気が伝わってくるようです。
(ありがとうございます。)

そろそろ寒くなってきたことだし、
「南国」にでも逃げたいなぁ〜っ!

p.s.お体、くれぐれもご自愛下さいませ!
Commented by banyan10 at 2005-11-24 10:16
僕がよく飲む黒糖焼酎の「里の曙」は田中一村の「ビロウとアカショウビン」が印刷されています。独特の絵の世界は素晴らしいですね。
正直、絵を見ることはあまり多くないのですが、奄美へ行く機会があったら記念館へ行ってみたいと思っています。
下記で作品も見れますね。
http://www.amamipark.com/isson/isson.html
Commented by brue-nile at 2005-11-24 11:46
*ブログランキング*さん、ありがとうございます。検討してみます。
Commented by brue-nile at 2005-11-24 12:00
*sdknz*さん、おはようございます。夕方から重要な仕事があるので、一旦帰宅しました。ダツラの仲間には「エンジェル・トランペット」と言うものが在りますよ。以前バリ島でダツラの大群生を見ました。荘厳な眺めでしたよ。一年草や多年草があり、このキダチチョウセンアサガオは芳香が在って垂れ下がるタイプです。花色が淡黄色~白に変わるコダチチョウセンアサガオ、それからヤエチョウセンアサガオが在ります。東京でも歩いていると見事なダツラに出逢いますよ。「目覚まし写真」頑張らなくては…!
Commented by brue-nile at 2005-11-24 12:04
*mstgn*さん、こんにちは!寒くなって来ましたね。寒さに弱いわたしには、これからが嫌~な季節が本格的に到来します。また暖かい沖縄に行きたいですよ~!mstgnさんも、ご自下さいね。
Commented by brue-nile at 2005-11-24 12:20
*banyan10*さん、こんにちは!田中一村記念美術館のアドレス情報をわざわざお教え下さって、本当にありがとうございます。早速今日のブログの下にリンクを設定しました。これで当ブログに遊びに来て下さる方々も、田中一村の素晴らしい芸術哲学に触れる事ができるでしょう!

わたしの親しい友人が「川崎岡本太郎美術館」の館長&美術評論家の村田慶之輔先生で、田中一村の展覧会のカタログ(ハードカバーの方です)に寄稿され、そんな関係で色々と知るようになりました。何時か奄美に行ってみたいと夢見ています。
Commented by elderman at 2005-11-24 15:34
田中一村画伯の素晴らしい絵画の紹介ありがとうございました。
よい作品を見ないことには自分の世界から脱却できませんものね。
Commented by brue-nile at 2005-11-24 23:03
*elderman*さん、こんばんは!田中一村は不遇の内に亡くなりました。僅かな賃金の染色工として働きましたが、そのお金は生活の為ではなく、日本画の絵の具や絹本等を買う為でした。その絵の具も最高級な物を買っていましたので、彼の作品の色は今でも美しく発色しているのです。日本画の絵の具は、鉱石を砕き乳鉢で錬って作ります。ですから材料のエメラルドやラピスラズリ等は本当に高価なのです。安い合成の物は、退色しますし発色も全然違うのです。日本画の絵の具ほどでは在りませんが、水彩絵の具も結構高価ですよ。