ブログトップ

ナイル商会

thenile.exblog.jp

何時も有難うございます!ご訪問頂いたお客様も203,060 人を超え、新たな目標に向かって歩んでいます。身近で出遇った小さな生き物達や植物など、気ままにナイルがご案内しています。 ナイル商会・管理人

神に捧げる衣…楮

e0064158_23121674.jpg
   風が強いものの、今日はお散歩日和でしたよ。明日からはお天気が悪くなるって言うので、お昼休みを勝手に伸ばして、公園に探検に行って来ました。明日から雨模様の日が続くらしいので、サボる時のお伴(カメラ)の出番もなさそう…それで、探検(本当は探索)に行ったのです。
e0064158_2312318.jpg
e0064158_23124551.jpg
  その成果が今日UPする樹なんですよ。実は先日この樹の野生種を見付けて一寸嬉しくなった物で、両方一度にUPすれば面白いかなって考えたんですよ。何しろこの樹は変異が多いので、比べて見たって言う訳です。この樹ですが、本州以南の人家近くに見られるのですが、地味な花ですから気が付かない方が殆どだと思います。
e0064158_23125811.jpg
e0064158_23255398.jpg
  桜のシリーズの後は、山菜、薬用、有毒植物を選んでUPしていますので、勿論本日もその中からの物です。正体を証す前に、ヒントを一つ…この樹は欧米では“Paper mulberry” と呼ばれています。直訳すると…紙の桑の実…ですから、何となくお判りになるかも…(^_-)-☆
e0064158_2326662.jpg
e0064158_23262141.jpg
  勿体振らないで、そろそろお教えしないとね…この樹はクワ科コウゾ属の楮(コウゾ)です。コウゾには自生している姫楮(ヒメコウゾ)と、紙の原料になる品種があるんですよ。写真のコウゾは、梶の木(カジノキ・雌雄異株)とヒメコウゾ(雌雄同株)との雑種です。しかしややっこしいのは、カジノキに近い種と、ヒメコウゾに近い種があるのです。紙の原料になる方は雌雄異株、カジノキに近い方のコウゾです。
e0064158_23265179.jpg
e0064158_23271791.jpg
  名前の由来は、神に捧げる衣の原料したので、神衣(カミソ)からの転訛と言う説があります。コウゾの樹高は2~5m、樹皮は褐色で、若い枝は生育期に長く伸びます。葉っぱは互生し、先が尖ったタマゴ形等で、長さ5~10㎝で縁には鋸歯がありまが、若木の時は手の平形に深く裂けています。花期は5~6月で、葉の展開と同時に開花します。雌雄異花で、雄花序は枝の基部の方につき、雌花序は上部の葉腋につきます。
e0064158_23273256.jpg
e0064158_23315810.jpg
  果実の写真は昨年6月末に撮ったものですが、球形の集合果は6月頃オレンジ色に熟し、甘味があって美味しいですが、粒々に残った雌しべがかたくて、生で食べるとザラつきますよ。小さなビー玉程の大きさで、木イチゴそっくりな果実は、桑の実と違って熟しても黒くはなりません。食べ方は生食、果実酒、ジャム&ジュースにします。尚ジャムやジュースにする時は、雌しべをこした方が良いですよ。
e0064158_23275896.jpg
e0064158_23281027.jpg
  コウゾはクワに良く似ていますが、冬芽が枝に密着し、春の新葉が赤いので見分けが付き易いです。原産地 は、本州~沖縄、朝鮮、中国南部の各地山地に自生しています。コウゾの皮の繊維を蒸して水にさらし、細かく裂いて作った糸を木綿(ゆう)と言います。柔らかくて強くって光沢があるのが木綿(ゆう)ですが、綿花で作る木綿(もめん)とは別物です。コウゾの繊維は非常に丈夫なので、古くから和紙の原料として利用され、洋紙が普及する以前は壁紙、襖紙、障子紙にする為の木として、大切に栽培されていました。
 尚、最後の3枚の写真は、雌雄同株のヒメコウゾです。果実の写真の前のコウゾは3ヶ所で撮影しましたが、ヒメコウゾに近い種もあって、雌雄同株の物もUPしてあります。しかし、ヒメコウゾと比べると、雌花(赤い糸状の方)が一寸色味が薄くて、それに糸が短いかなって思いますが…如何でしょうか!?
by brue-nile | 2011-05-09 23:56 | 植物 | Comments(6)
Commented by goldpony767 at 2011-05-10 05:39
梶の木がたくさんありますが、オスばかりです。昨年よりメスの木を探していますが、いまだに見つかりません。今オス花が咲いておりまして、メス花がついている株もあるというのですが、そういうことってあるのでしょうか?
Commented by torinara at 2011-05-10 06:30
なかなか複雑なのですね。
本州以南ということはこちらでも何処かにありそうですが、
見かけたことが無いというか気がついていないのかも。
Commented by vegetarian at 2011-05-10 21:04 x
桑の実かと思い、ヨダレが出ました。

もう少しすると、森林公園にある1本だけある山桑の実を食べるのが楽しみです。
でも、なるべく人気の無い時じゃないと…
Commented by brue-nile at 2011-05-11 01:49
*蛙太郎*さん、こんばんは~♪

こちらは、
カジノキを探してみましが、
見付かりませんでした。

雌雄同株のカジノキって言うより、
ヒメコウゾ寄りのコウゾかも…!?

何しろ変種が多くって、
葉っぱだって色々あるので、
何があってもおかしく無いような…(^_^;)
Commented by brue-nile at 2011-05-11 01:53
*照*さん、こんばんは~♪

コウゾは意外と沢山ありますが、
上を見ながら歩かないと、
見付け難いと思います。

果実が熟せは、
探し易いはすですが、
キイチゴ類と間違え易いので、
慣れないと難しいかな…!?
Commented by brue-nile at 2011-05-11 02:05
*vegetarian*さん、こんばんは~♪

公園=果樹園って思えるくらい、
食べられる果実が沢山ありますよ。

桑の実は食べると、
口の回りや指が赤くなるので、
バレバレ…
そこで、こっそり採って来て、
ジャムにするのが一番、
最高に美味しいですよ。

コウゾ、ウグイスカグラ、ヤマモモ、
キイチゴ類、ノイバラ、ヤマボウシ、
グミ等の赤い実は綺麗だし…
それに採り放題、食べ放題…(涎)